○過去のかんそーぶん一覧 page.33(2009年03月〜2009年03月)

@ 『繚蘭学園革命記 百花繚乱っ!』:えむあ(ISBN9784862522405)。エロ漫画。作者コア系3冊目。 COMICメガプラスにて連載された同名長編シリーズをまとめた一冊。 レズお尻レズディルドーお尻レズ乱交お尻レズエロ下着巨根淫乱お尻お尻。

資産家の息女が集う「私立繚蘭学園」。 しかし、平穏で煌びやかに見えるその内実は、 莫大な金と様々な悪習の蔓延る退廃の坩堝であった。 そして学園の生徒会はきわめて高い権力と財源を持ち、 生徒会長の座は富裕層たち垂涎の的なのである。 バスケ部の主将にして、その凛々しさから学園一の人気を誇る遼子は 悪友である清美の策にハマり、意に反して生徒会長の座を手に入れてしまう。 退廃した学園制度に日々不満を抱えていた彼女は 学園の改革に乗り出すが、その行く手には数々の困難が待ち受けているのだった。 …主に性的な意味で。

お尻の穴へのこだわりが強い作者さん、今回も全力全開でお尻分多め。 お尻といっても所謂?きれいなお尻なので、スカ成分は皆無ですので、多い日にも安心かと。 そして舞台が女子高ということもあって、レズレズです。 中盤、涼子の許婚である男性教師がメインで絡んできますのでまったくの竿無しでは ありませんが、レズ耐性ない方は回避したほうが無難です。 ネタ的にはもうちょっとドロドロしそうな話なんですが、 黒さは抑え目で、不必要な男がまったく出てこないので読みやすいです。

絵柄は安定、一応少女マンガ系列に入るのかな? 最新モードではありませんが、特段見劣りするような部分はありません。 繊細なラインで描かれるロケットおっぱいと、ぱっくりと開ききったエゲツないケツ穴、 快楽に蕩けるだらしないアヘ顔が魅力的なのは従来と変わらず。 変態エロ下着も良いのですが、今回はあんまり目立たないかな。

とまあ、いろいろ偏ってますので万人にオススメは出来ませんが、 この華やかさは素敵だと思いますよ。気になったら手にとってみるのも一興かと。 感じやすい淫乱女の子たちが、凶悪極太ディルドーで繋がって喘ぎまくる様を 存分にお楽しみください:D (Permalink)



@ 『マリア様がみてる-薔薇の花かんむり-』:今野緒雪(ISBN9784086010757)。 コバルト文庫新刊。三年生を送る会編。

半日デートで、互いの心を通わせた祐巳と瞳子は、ついに正式な姉妹に。 そして瞳子をくわえた山百合会は、 間近に迫った「三年生を送る会」に向けて慌しく動き始める。 忙しさの中で、新米姉妹としての喜びを噛み締める祐巳だったが、 今度はなにやら祥子様の様子がおかしくて…?

ということで遂に紅薔薇一家の新姉妹成立ですよ。ほんまに長かったなぁ。 まあ、溜めに溜め抜いたぶん、 祐巳さんと瞳子ちゃんのちょっとしたらぶらぶシーンが破壊力満点ですがね。 近巻、貫禄の塊のようになっていた祐巳さんの天然おとぼけっぷりも久しぶりに 遺憾なく発揮されててたのしゅうございました。 メインディッシュは次巻待ちのようですけどね。 立ち位置が変われば見えてくる世界もまた違ったものになるわけですし、 祐巳ちゃん薔薇様編も問題なく続きそうな雰囲気ですな。

いつも良いのですが、今巻の挿絵は本当に素晴らしい。シーンチョイスも選りすぐりですしね。 感極まった乃梨子ちゃん、ノードリル瞳子ちゃんの麗しさは異常。 (Permalink)



@ 『超常機動サイレーン(4)』:井原祐士(ISBN9784840240567)。COMIC電撃大王連載。 悪の組織の幹部と正義の味方の女の子が互いの事情を知らぬままカップルに…な ラブコメディの最終巻。…つーても今回はコメディじゃないけどなorz

エコエコ団の新作戦指揮官としてやってきたのは水凪の元彼女にして、 彼の未来を奪った女・火車だった。 彼女への対抗心などから対サイレーンの強硬作戦を実施した水凪だったが、 作戦中、不慮の事故によりエータが修復不可能な破損を受けてしまう。 大切にしていたエータを失い追い詰められていく水凪、 検証不足でリスキーな新型ψシステムチップを埋め込まれパワーアップしためるな、 ついに道化の仮面を脱ぎ捨て、その本性を現すエコエコ団首領、 様々な思惑が絡み合う中、めるなと水凪が迎える衝撃の結末とは…。

…うーん、いままでもちょくちょく暗い影は覗いていたのでまったく想定していなかった わけではない展開ですが、正直想定の数倍は重たくて参りました。 少々詰め込みすぎ気味ですが、一応作者さんの想定していたラストだそうです。 理性ではこの結末もアリだと思いますが、感情的にちょっと納得しきれません。 あまりにもめるなちゃんが受けた負債が大きすぎます。 彼女は最初から最後まで人々の平和のために戦っていた落ち度がほとんどない子なわけで それがこれってのは…やっぱちょっと辛すぎますわ。

とまぁ、1〜3巻と能天気なラブコメ色が強かった分、やっぱちょっとダメージでかいですね。 もうちょっと二人の初々しい姿を見ていたかったのが正直なところです。 幸せになるべき人がちゃんと幸せになる…私はそういうお話を愛しています。 (Permalink)



@ 『はなまる幼稚園(2)』:勇人(ISBN9784757521247)。 ヤングガンガン連載。超なごみ系幼稚園物語の2巻目。

今日も元気一杯つっちーにアタック中の杏ちゃん。 バレンタインに手作りチョコだったり、おかあさん登場だったり、 つっちーの妹さん登場だったりetcと周りもどんどん賑やかに。 今日も和やかな幼稚園の日々は過ぎていきます。

ともかく山本先生の天使…いや女神っぷりが素敵過ぎます。 お料理上手気配り上手、気立てもよくてぼんきゅっぼんで美人で可愛くて そして自分の恋愛ごとにだけ超絶鈍いて…どんな完璧超人ですか。 ど、どこの幼稚園に行けば会えますか?<……

今回は脇キャラさんとして、園児の皆さんの親族やらが大量に登場。 幼稚園に固定気味だった1巻に比べて話の広がりが出てますね。 キャラが増えすぎることはささか心配ではありますけれど。まあ、杞憂杞憂。 一番印象深いのはやはり杏ちゃんのお母さん・桜さんですね。 杏ちゃんそっくりの天真爛漫で一途でパワフルな素敵な人です。 学生時代に妊娠とか個人的なツボも圧されてしまってかなりクラクラと。 つっちーにとってはあっという間に手の届かないところに行ってしまった憧れの人なんだろうなぁと。 せつねーな、つっちー(つー;

当然園児の皆さんも負けずにらぶりー度120%。 ともかく癒されたい方に強くオススメのシリーズです。 本気で可愛いぞう:D (Permalink)



@ 『ひとつ屋根のラバーズ♥』:邪武丸(ISBN9784871829441)。エロ漫画。よこしま・たけまると読むそうです。初単行本。 主にCOMIC RIN誌にて掲載された短編および短編連作集。 ぷーにぷにのあーまあまのらーぶらぶ:D

彼氏さんへのご奉仕方法を模索中のちっちゃ可愛い女の子。 でも彼女ちょっと発想が変なんです…「直球オンナノコ」。 よっぱらった勢いで大好きな弟くんを犯し抜いちゃったおねーちゃん。 どうにか弁明しようとするも、自慰行為真っ盛りの弟くんに遭遇して…「おねえちゃんのスイッチ」。 ふんわり眼鏡っ娘お姉ちゃんと、優しいけどかなりいぢわるな弟くんとのラブラブ相姦関係。 いぢわるな弟くんなんて嫌い、でも体は正直なの。お尻を開発されたり、ソフトSMだったり、風邪引きプレイだったり…「お姉ちゃんといっしょ♥」シリーズ3本+α。 美人だけど無表情で陰気なお姉ちゃんが大好きな弟くん。お姉ちゃんの下着で自慰してるところをお姉ちゃんに見つかって…「おねえちゃんとぼく」。 息子のオナホール(使用済み)を発見してしまったお母さん(息子と姦通済み♥)。 怒って問い詰めモードに入るも、ホールいっぱいに吐き出された息子の残滓にスイッチが入っちゃって…「こどもとおもちゃ」。 匂いフェチな妹に困惑中のお兄さん。でも可愛い妹の誘惑には当然勝てなくて…「特製♥おにいちゃんアロマ」。 お家賃の催促にやってきた可愛いショタっ子にスイッチオーンなお姉さん。当然いただいちゃいます…「Pretty Visitor」。 今年も発情中のねこみみお姉ちゃんをたっぷり堪能する弟くん…「春が来ちゃった♥」。

可愛らしいキャラクター達がおりなす、エロエロコメディ集。 おっきな瞳とメリハリしっかりの やわらかしなやかぼんきゅボディが魅力的な女の子(とショタっ子)が満載の一冊。 あたたかみのある優しい絵柄が大好きです。 薄胸さんも巨乳さんもしっかり描ける方ですが、今回は薄胸さんは1人だけ。 近親ネタは多いですが、背徳感は無し。登場人物は男女共に眼鏡着用率高し。 なおショタっ子ちんちんはちゃんとショタちんちんなのもポイント高め:D ストーリーはコメディ色が強いですが、 短いページで一気にキャラ立てしてくれるので、エロス分をより高めてくれます。 お汁まみれで蕩けちゃってる表情が特に好きですねぇ。

どれも好きなのでお気に入りを選ぶのも難義なんですが 読み応え的には「おねえちゃんといっしょ♥」シリーズかな。 いぢわるな弟くんにメロメロなお姉ちゃんと、いぢわるだけど優しくて、実はお姉ちゃんにメロメロな 弟くんの関係が良いですね。 あとは脳みそかっとびっぷりとちまちま感がらぶりーな「直球オンナノコ」、 オナホールで創作活動しちゃたり、正座して問い詰めちゃったりなお母さんがアグレッシブ可愛い「こどもとおもちゃ」あたりでしょうか。

ともかく可愛くてらぶらぶでエッチなコメディが読みたい方には強くオススメの一冊。 デビュー作からの単行本ですので、多少絵柄ぶれはありますが、 基本ラインはほぼ確立されてる方なので、大きく気になるようなことは無いかと。 やー、やっぱりあまあまはいいなぁ:D (Permalink)



@ 『もっけ(7)』:熊倉隆敏(ISBN9784063144680)。月刊アフタヌーン連載。 妖を視る力を持った姉妹が彼らとの関わり方を学びながら生きてゆく物語7巻目。 TVアニメも放映間近ですね。

進学し、離ればなれになっても変わらない二人がいいなぁ。 変わらないというのは御幣があるけれども。二人ともずいぶんと「強く」なったのが 感じられるのが嬉しいですね。静流ちゃんは事件に首突っ込みすぎ感がなんとも危ういですが(^^;; 怪異との係わり合いも難しいものですが、下手をすれば人との係わり合いはより難しい …そんなエピソードがちょっと多めだったかな。 安定して読めるシリーズです。

お地蔵さんのお話が心に残るなぁ。路傍の石の意識か。 (Permalink)



@ 『いいなり委員長』:佐波サトル(ISBN9784870766808)。エロ漫画。 作者3冊目。純愛果実誌等にて発表された短編集。 ハリがあって柔らかそうな女の子達が ドロドロ濃度のお汁まみれであなたのモノに♥ 学生さん主体。 和姦系ですが、エッチシーンはハードです。1本ふたなりレズものアリ。

可愛げがないとクラスで敬遠され気味の委員長。 でもそんな彼女の身体は既に全部ボクのモノ。 今日も抵抗してみせる彼女の身体を思う存分味わおう…「委員長業務日誌」。 我侭放題の彼女さんに誠心誠意尽くしまくりの彼氏さん。 ある日彼女の気まぐれで一日なんでも言うことを聞くという約束を取り付ける。 とりえあずメイド服でご奉仕三昧ね…「一日尽くし」。 デートで会ってもエッチなことばかりで終わってしまう彼氏さんにご不満の彼女さん。 そんな不満をぶちまけるも、とっくに完全開発済みの身体はエッチな行為を待ち望んでいて …「いいなりデート」。 付き合いだしてからエッチ三昧で成績がガタ落ちしてしまった三つ編み眼鏡の秀才彼女と その彼氏さん。エッチを我慢して成績を立て直し、教室で濃厚なご褒美を …「学なりがたし」。 片思い中の幼なじみ君に元気が無いのが気になる女の子。 友人達の無責任なアドバイスに従って彼を元気付けに赴くけれど。 ブルマ姿であなたの女にしてください…「天気いっぱい」。 素直クールなクラスメートの女の子に唐突に告白されて戸惑いまくりの男の子。 歯に衣着せぬ物言いに我慢しきれずスク水エッチに雪崩れ込み…「嘘つきなホンネ」。 昔からの気のおけない親友の股間にある日突然男性器が。 それから毎朝手で処理してあげるも、男性器はどんどん成長していき 行為も次第にエスカレート。遂にはアソコも使って…「byTwo」。 他2本。

ぷにゅぷにゅと形を変える乳房や、ボリューム満点で柔らかそうな性器、 そしてなんと言っても濃度満点質量満点のお汁描写が魅力的な作品集。 汁気を生かしたお口奉仕や、べろちゅー描写も大変扇情的です。 基本的に和姦モノですが、男の子達がやや鬼畜な種馬さん寄りなので 嫌がる女の子もぐちょぐちょに犯し抜かれてメロメロにされちゃいます。 こういう展開大好きなのできわめて満足度高め。

なお、従来単行本ではほとんどスライム状の固形物だったお汁描写は より一般的な描写法に変化してます。さすがに従来のは行き過ぎ感が あったので今回の方が間口は広くなってるかなと。

お気に入りは表紙&表題の元になってる巻頭の「委員長業務日誌」ですね。 太眉も凛々しい厳しめな学級委員長さんは、裏では彼氏さんにたっぷりエッチで メロメロに籠絡されてしまっていましたというお話。 「う…上手く…っ…なる…まで…させ…たの、あなたでしょ」。 「あ…あのね…体はあなたのものかもしれないけれど、 こっ…心まで好きにできると思ったら…だめ…だよっ…もう」。 とまあ、内実完全に堕ちちゃってるにも関わらず必死に抵抗してみせるも やっぱり全然ダメな委員長さんがなんともキュートなのですよ:D

一水社系単行本の常でページ数的にやや薄めなのが残念ですが、総合的な出来はかなり良いと思います。 表紙絵が気に入ったなら特攻推奨。オススメです。

(Permalink)



@ 『ふぁみこん。』:前田千石(ISBN9784896444193)。エロ漫画成年マーク無し。 マガジン・ウォー・ウルフにて連載された近親相姦を主題にしたシリーズ2本を収録。 隣の若妻(乳飲み子持ち)、いとこのお姉さん、実母、妹の同級生、妹、保健の先生などなど。

学園を卒業し、久しぶりに母の待つ実家へと戻ってきた息子。 昔から変わらぬ実母への抑えきれない恋心を抱いたままで。 隣の奥さんや初体験の相手であるいとこに焚き付けられて、ついに。 そして一方の母も…「母コン」シリーズ。 ちっちゃ可愛いお兄ちゃんに片思い中の高身長モデル体型の妹さん。 お兄ちゃんの童貞を狙う悪友達に対抗する形でお兄ちゃんと♥ でもお兄ちゃんに言い寄る女どもは後を絶たず…「○○妹」シリーズ。

たゆんたゆんのおっぱいとむちむちボディの魅力がたまらない女性陣が満載の一冊。 「母コン」は禁断の関係の背徳感を内包しつつも、過度に重くならず 盛り上がりのためのエッセンスとして昇華してるのが良いです。 成就した後のこってりした関係を描いてくれるサービス精神も◎。 「○○妹」シリーズはややコメディ寄りの展開。 ちっちゃ可愛いお兄ちゃんのために奮闘する妹さんが可愛いです:D どちらも気軽に読めてエッチ分も申し分無しの佳作。 マーク無しなんで消しについてはお察しくださいなデカさですが 個人的にはあまり気にならず。お姉さんスキー、近親スキーにオススメ。 (Permalink)



@ 『仮面ライダーSPIRITS(13)』:村枝賢一(ISBN9784063493092)。 マガジンZ連載。10人の仮面ライダーたちと人類が最凶の敵バダンに立ち向かう バトルストーリーの13巻目。

V3、ZX、ライダーマン…3人ライダーVS デストロン軍団の 月面四国における死闘は最終局面を迎える。 封印を突き破り、現世へと姿を現す大首領を止めるため V3がその命を懸けて放つ最大最期の大必殺技を見よ!! そしてついに仇敵・大首領JUDOと直接対面を果たしたZX・村雨良を待ち受ける 大首領脅威の超進化とは。

ということでちょっと長い目だった月面四国編もひと段落。 V3の格好良さはやはりずば抜けてますな。 ですが今回の見所はやはり中盤〜後半の大首領 VS ZXでしょう。 よもやこういう形で「登場できるはずのないキャラクター」を出してくるとは さすがファンのツボを良くわかっていらっしゃる。 ノリノリで遊びまくりの大首領のお茶目っぷりがなんとも:D 物語はまだ続きそうですから、ラストバトルではないでしょうけれど 久々に見ごたえのあるバトルに満足です。 (Permalink)



@ 『新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん(1)初回限定特装版』:氷川へきる(ISBN9784757520424)。 Gファンタジー連載。「ぱにぽに」でおなじみのベホイミちゃんを主人公に据えたスピンオフ企画。

地球は狙われている…! 地球侵略を狙う凶悪宇宙人達に対抗するため 地球観測員の宇宙人(毎度の連中)が白羽の矢を立てたのは我らがベホイミちゃん。 彼らの超科学力によって「魔法少女」となったベホイミちゃんの戦いが始ま…ってるよね?

ドクロ仮面さんがかなり素敵なんですが<第一声がそれか。 つーこって「まろまゆ」に続くスピンオフ第二弾はベホイミちゃん。 よもやこんな形で宇宙人たちの伏線?が生かされることになろうとは。 ぱにぽにの緩さは残しつつ、それなりに熱血ストーリーしてるのがいいですな。 まあ、基本的にぱにぽになんですけどね。 苦節ン年、ついに輝くときが来たベホイミちゃんの活躍にご期待ください。

つーか、やっぱり麻生先生は可愛いなぁ、もう。 (Permalink)



@ 『セカ×セカっ(1)』:幸田朋弘(ISBN9784894653719)。エロ漫画。 コミック阿ウン誌にて連載中の表題シリーズの第一巻目。 エロ助くんと、彼に恋するとある秘密を抱えた女の子、 そしてその周辺の人々が繰り広げるエロエロドタバタ物語。

女の子大好き、エッチなことで頭が一杯な少年・遠間龍二。ナンパに精を出すものの いつも良いところで災難が降り注ぐ女運の悪さが悩み所なお年頃。 ある日、毎度のように海辺でナンパして窮地に陥ったところを可愛らしい女の子に救われ 求められるままに彼女の処女を奪ってしまう。 ひと夏の思い出を胸に母親が経営する下宿兼自宅に戻った龍二をまっていたのは、 輝雲真澄…さっき致したばかりの女の子だった。 とある秘密を抱える真澄を救うため、龍二の親公認エロエロ同棲生活が幕を開ける…

「Petit-ろいど3」以来ひさびさの長編シリーズ以下続刊です。 とある理由で発情しまくる真澄ちゃんとの場所を選らばぬガッツリSEXが主体で、 付け合せ的に龍二に万年片思い中のデコっ娘の妄想オナニーだったり、 龍二のねーちゃんと彼氏さんとのとろとろセックスだったり、 コスプレメイド管理人の妄想ショタSEXだったりという感じ。 元気いっぱいで可愛らしい真澄ちゃんが涙ながらに積極的に求めてくる様がまず心に来ますし 本番もむっちりおっぱいとやわらかそうな秘所をがっつり使っての激しい交わりが良いです。 まあ、ノリはどっちかというと青年誌系(非成年エロ漫画)に近しいので エロも欲しいがコメディ的要素も欲しいという向きかなと。 キャラに魅力を感じられるかどうかが鍵かなぁ。

ただ、前作長編などを見る限りストーリーの集約力に少々難がある作者さんで、 今回も既にちょっと物語が発散気味なのが気になるところです。 最新号の雑誌掲載分まで収録されているため、今後どうなるかはまだ未知数ですし、 次巻発売はしばらく先になると思いますがながーい目で追いかけていきたいかと。 とりあえず早急なる多人数プレイの導入を強く求む!<…… (Permalink)



@ 『ダブルリップ』:鰻丸(ISBN9784862522429)。エロ漫画。 COMICメガストアH誌にて発表された短編及び短編連作集。作者初単行本。 張りのあるおっぱいとおしりをラブラブ和姦とガッツリFUCKでたっぷりと召し上がれ。 学生さん主体。基本ぼんきゅぼーん。ないぺたーんは極一部。フルカラー書き下ろしあり。

憧れの男の子が教室に忘れていった体操服を思わず着込んでしまった眼鏡っ娘。 そんな現場を当の本人に目撃されてしまい…「彼女が体操服に着替えたら」。 突然押しかけてきたクラスメートの女の子二人組。 彼女達はデリヘルのバイト中で、訪問する部屋を間違えたのだという。 そのまま流れでお仕事してもらうことに…「同級生のお仕事」。 お金にお困り気味のお姉ちゃん。 弟くんの自慰シーンを目撃したことから 取引することを思いつき…「お姉ちゃん♥姉貴♥姉さん」。 強大な権力を振るい学園内で恐れられている女生徒会長に見初められた青年。 学費免除を餌に肉体関係を強要されるが、 行為の最中に生徒会長のとある秘密が判明して…。 サド/マゾ自在なラブコメディ…「不動帝学園物語」#1〜3。 他書き下ろし1本含む4本。

張りのあるむちむちボディな女の子が魅力的な1冊。 そんな積極的な女性陣によるサービス精神満点のご奉仕描写が満載です。 特に口内奉仕が見所かな。ご立派過ぎの剛直をたっぷりとほうばる様が非常に扇情的です。 そのあたりが遺憾なく発揮された「同級生のお仕事」が一番お気に入りかな。 タイプの違う二人の女の子にお尻の穴まで攻められたり、両側からお口でお掃除されたり。 あとは弟くんのショタちんこをぐりぐりと開発していくうちに自分が酔いしれてしまう おねーちゃんがエロカワイイ「お姉ちゃん♥姉貴♥姉さん」も良いです。 …どっちも金目当ての女の子かよ!!というツッコミは無しの方向で。

初単行本ですが、同人暦も長いことからクオリティはほぼ一定しています。 表紙絵が気に入ったなら手にとって損は無し。強くオススメの一冊です。 (Permalink)



@ 『パンプキン・シザーズ(8)』:岩永亮太郎(ISBN9784063723540)。 月刊少年マガジン連載。 戦災復興部隊 陸軍情報三課パンプキン・シザーズの戦いを描く物語の8巻目。

装甲列車に守られた国境の町カルッセル。 恐怖に支配された住民達により絶体絶命の危機に陥った アリス少尉たち。そして次第に明らかになってゆく街の裏の姿とは。 監視下に置かれ身動きの取れない三課メンバーに 孤立したアリス達を救う手立てはあるのか? 緊迫の「カルッセル編」中編。

いちいちエロスが漂うのが素敵だなぁと<第一声がそれか。 前巻から引き続いてのカルッセル編、 陰謀と戦災と軍と市民と、それぞれの立場が複雑に絡み合って かなりヒネリの効いたエピソードになっていて読み応えがあります。 やっと逆転の芽が出たところで、解決は次巻に持ち越しなので 続きが楽しみです。

今回の見所はアリス少尉の私服姿での大立ち回り、 そして「冷淡なヴィッター」が見せる人としての顔ですかね。 アリス少尉が素敵なのは今更いうまでもないのですが、今回もいろいろと魅せてくれます。 大見得切ってのあの台詞は吹かざるを得ません。

それにしても通信士は美人女性限定という制限でもあるのだろうか(苦笑 (Permalink)



@ 『こどものじかん(4)特別限定版』:私屋カヲル(ISBN9784575833836)。 コミックハイ!連載。複雑な問題を抱えたおませな小悪魔小学生りんと 彼女に愛され、徹底的に振り回される新任教諭青木先生、そしてその周囲の人々の物語4巻目。

4年生に進級したりんは、自ら学級委員長に立候補。 先生に刃向かう「児童達のヒーロー」であるりんによりクラスはまとめられ、安定してゆく。 その様子に安堵する担任・青木も教師としての成長をみせていく。 大好きな人のために無理をおして頑張りすぎている…そんなりんの真実に気づくことなく…。

サイドエピソード中心に、今後のメインラインへの種まきといった感じでした。 一見平和に見えつつ、そのすぐ裏側でじわじわと歪みが広がっているのがありありと分かるので ただ微笑ましく読み進めることも出来ず、なんとも微妙な気分ですね。 あっさりぶっ壊れた側面をさらけ出したレイジと、 今巻最終ページの衝撃描写の複合のダメージはかなーりデカイです。うう、次が怖い。

と、重苦しさが先行するメインラインはおいといて。 童貞いぢりに目覚めちゃった発情気味の宝院先生の健康的お色気分もたまりませんが 鬱屈した過去と現在に苦悩する白井先生もたまりませんなぁ:D 白井先生はあんま他人の気がしないのがアレでソレですが。 学生時代に新任時代にと心の鎧が形成される前の姿がたいへん見目麗しくてGood。 黒ちゃんに懐かれて右往左往する様も良いです。

…とりあえずおっぱいちゅーちゅーシーンは反則だと思うんだ(滅 (Permalink)



@ 『こどものじかん(4)特別限定版』:私屋カヲル(ISBN9784575833836)。 コミックハイ!連載。 かなりおませな小悪魔小学生りんと、彼女の猛烈アタックに振り回される青木先生を中心とした イマドキ?小学校物語の4巻目。 10月よりTVアニメの放映も決定。限定版には OVAこどものじかん やすみじかん「〜あなたがわたしにくれたもの〜」のDVDが付属しています。 これは今のところこれでしか見られないエピソードとのこと。 以下、OVAの感想。

エピソードは原作でもあったりんちゃんのお家へみんなでお泊りするお話。 揃っての入浴シーンなどがあるのでおそらくTV放映に適さないと判断されたんでしょうね。 正直、気にしすぎだと思いますけど。それとも「おとなー」がダメだったのだろうか(爆 しょっぱなから白いクリーム舐めだったり、 白濁液(牛乳)で全身ぐっちょりだったりもギリギリ感ありますが、気のせいです。 パンチラシーンとかめくって見せるシーンとかはさらっと流してはっきり映さずと TV的に気を使ってるように感じられたのですが 後半のお風呂シーンとかお尻中心にモロなので線引きがよくわかりませんでした。 …それがOVA行きになった理由か?

作画はなかなか良い感じで、原作絵の雰囲気をきっちり残している点に好感が持てます。 宝院先生はちょっと微妙な感じでしたが。 動いてみると黒ちゃんがかなり可愛いですねーネコ口に妄想癖にと八面六臂の大活躍です、 りんちゃんも八重歯がたまりません。美々ちゃんは…やっぱりおっぱいですか(汗

CV。喜多村英梨さんは演技幅広いですねぇ。 とても明乃@瀬戸の花嫁と同じとは思えません。 全体的に特に印象違い的なものを感じることはありませんでした。

OPやEDもおそらくTV版の完成形での収録。OPは映像もほどよく動いてて悪くない出来。 ED映像は原作のカラーイラストを組み合わせたもの。それはいいのか?という絵もあるんで TVでそのまま流されるかは微妙な気もします(苦笑

お値段は単行本の特典という意味ではかなーり高めですが、 22分のOVA一本ついてくると考えればまあ、許容範囲かなと。 いち早く「こどものじかん」を体験してみたい人は要チェックです。 ただ、りんちゃんの家庭環境とか、レイジの掘り下げとか そこそこ重要なエピソードだと思うんで、 こういう形でのみの公開になってしまったのは少々残念です。 (Permalink)



@ 『ですぱれーど☆サマー-召喚教師リアルバウトハイスクールEX-5-』:雑賀礼史/いのうえ空(ISBN9784829119549)。富士見ファンタジア文庫8月の新刊。ファンタジアバトルロイヤル誌に掲載された連作短編シリーズに書き下ろし完結編を加えた番外編シリーズ5巻目。

最強教師・南雲先生が担任を務める大門高校2年B組にも夏休みが到来。 一度しかない高2の夏休みを満喫するのは、 モテナいバカ、オタクバカ、格闘バカの3バカ男子と エロテロリストデコメガネ風紀委員、はすっぱ遊び人、占いロリ、謎女の4女子の7人組。 彼らが紡ぐ、エロスと甘酸っぱい恋でいっぱいの男女7人夏物語を 色んな意味…主に悪党の血とか汚物とか断末魔の悲鳴とか…で彩る 謎の「お面男」の活躍をとくと御覧あれ。

これまでも、そしてこれからも 本編では特に活躍することもないであろう新設定された脇キャラ7名を主人公に据えた 男女7人夏物語という仕立ての本作、なかなかにたのしゅうございました。 こいつらの夏休み満喫っぷりをみるとともかく羨ましい(^^;;; 夏のマジック様様だよなぁ。 最近ちとシリアス気味の本筋からみると能天気なまでにアホを晒す今回のは 久々に肩の力を抜いて読める娯楽作品でした。 メインキャラがいつものメンツと違うので雰囲気も違いますしね、 あとは久々に出ずっぱりの「謎のお面男」の暴虐っぷりも素敵。 正義ではなく、あくまでも自分の気に入ったようにやるだけ…な南雲先生の吹き起こす バイオレンスの嵐は必見です。やっぱり最強はド○えもんだよな。 ○次郎もポイント高かったですが。

そして本作を語る上で外せないのはエロテロリスト・清花さんですね。 デコ眼鏡、元ぽっちゃりさん、風紀委員、そしてエロテロリストという 超スペックのお方です。彼女の吹き荒らすエロスの嵐も必見です:D 割礼!割礼! 最終話で登場する「師匠」も可憐で可愛いかったので是非再登場願いたいのだけど…ダメかなぁ。 (Permalink)



@ 『READ ME!』:ひねもすのたり(ISBN9784871829403)。エロ漫画。 約2年ぶり久々の単行本。COMIC POT、COMIC RIN、ふたなりっ娘LOVERS等に掲載された短編集。 収録12本中8本がふたなり漫画、女装ネタとか巫女さんとかスク水とか成分もあり。 登場する女性陣の年代は学生さん〜お姉さん。オール和姦。

女装行為を余り話したことの無いクラスメートの女の子に目撃されてしまった少年。 彼女に呼び出され戦々恐々とするが、告げられたのは意外な彼女の秘密だった…「Secret of your heart」。 学園内で睦みあっていたところを新任の女保険医に見られてしまった二人。 保健室に呼び出されて…続編「Secret of your hearts」。 歳の離れた幼なじみである青年と少女。青年に好意を向けるが、妹同然の扱いが不満な少女は…「窓」。 ふたなり転換手術を受け術後入院中の女性。移植された男性器が疼き、自慰行為に浸っているところを看護婦に目撃され…「ふたなりクリニック」。 性的感覚を共有してしまう双子の少年少女。年頃ですぐ自慰行為に走る少年に不満いっぱいの少女だが、 その気持ちよさに我慢が利かず、互いに慰めあうことに…「ジェミニ」。 エロ本を買おうとした所を女生徒に押さえられてしまった男性教師。彼女の呼び出しで図書室に向かうと、そこで待っていたのは別の女の子で…「READ ME!」。 セフレの少年からプレゼントは大量の大人のおもちゃ。呆れながらもおもちゃの魅力に取り付かれていく少女…「プレゼント」。 他6編。

最新モードからするとやや古いめのアニメ系絵柄。野暮ったく無くした電脳コイルというのが一番近いかな? ほぼ完成された絵柄ですので全編を通してぶれはありません。 女性の体つきは過剰さの無いすっきりとしたラインで、かつ出るところは出ているのが好きですね。 トーンに頼ることなく、線描とベタとで表現されるくっきりとした画面に独特の味があります。 毎度オチ処理に師匠のあさりよしとお色がチラつくのは好みの分かれるところかもしれません。

前述したようにふたなり率のきわめて高い短編集です。 私自身の感覚では可愛い女の子にひっついた時点でそれは愛でるべきモノなので抵抗感ゼロですが:D それなりにグロテスクなイチモツですので、苦手な人にはちょっと辛いかもしれません。 可愛い女の子がおちんちんの疼きに悶えながら右往左往するのが良いのですよ(<……) 女装ネタも少しありますが、スレンダーで女顔の男の子なのでこちらも違和感は薄いかと。 …とまあ、やや倒錯的な作品が多いので広くオススメするのは難しいですが お話的にもエロス的も水準以上でまとまった安定感のある一冊です。 絵柄的にも受ける抵抗感はかなり少ない部類だと思いますので、そういうネタへの入門編として いかがでしょうか? ショートカット、めがねっ娘率の高さも見逃せないですよ:D (Permalink)



@ 『つみはは-罪母-』:唄飛鳥(ISBN9784861054716)。エロ漫画。 COMIC XOに連載中の表題作の#1〜#7、同作品の外伝を2編、短編を2編収録した単行本。 ハードな人妻調教モノ。丸々一冊ほぼ「和姦って何?」状態なので、和姦スキーは回れ右。 既存単行本では結構あったスカとかは連載雑誌の傾向上無いのでご安心:D 間口広くオススメ出来る一冊です。

とあるマンション。夫と息子との3人で平和な生活を営む美しい主婦・涼子(33)。 しかし、そんな日々は隣室の少年・夕の手によって打ち砕かれる。 少年の手で強姦され、肉の快楽を植えつけられた涼子は身も心も堕落してゆく。 そしてついにその胎内に新たな命が…「罪母-つみはは-」。 教師に犯され続ける女生徒。嫌がる心と従順になる体の剥離に戸惑う少女。 教師の悪意は彼女の恋人にまで及び…「剥離」。 マンションの管理人によって監禁調教されている女。誰も頼るもののいない都会の片隅で繰り広げられる惨劇を窓の外から眺め続ける仔猫が見届ける結末とは…「仔猫」。

表題作「つみはは-罪母-」は作者さん初の長編シリーズ。 人妻・熟女調教モノの王道を目指すがコンセプトとのことですが、 まさしくその通りの内容ですね。 我が子と同い年の少年によって眠っていた「女」の性を目覚めさせられ ジワジワと心と体を屈服させられる清楚な人妻をじっくりと描いています。 この年上の女性を屈服させる感がもうたまらんです(<……)。 プレイはどれも濃厚でエロス度はきわめて高いですね。 縛り、エロ下着と軽SM、大人のおもちゃなどなど。 舞台もマンション自室、屋外、アダルトショップ、息子達の通う学校と多彩。 以下続刊な点のみ注意。まだ連載が終了していませんので結末がどうなるのか楽しみです。

書き下ろしの外伝2編は涼子さんと夕それぞれの過去編。 涼子さん編は夫との出会いと最初の肉体関係を、 夕については、その後の彼の行動指針となる家族の中で起きた淫靡で凄惨な事件が描かれています。 夕の話は本来本編側に含まれそうな内容なのですが、 こういう形で語られるということは本筋では救いなさそうですねぇ。

ぷりぷりと弾力豊かでかつ張りのある女体と艶のある表情が見所の作者さん。 綺麗な艶ベタの黒髪も個人的に評価高いです。 個人的に応援してる作者さんなので、ネタ的に惹かれる方には 是非手にとっていただきたい一冊ですね。オススメです。 雑誌公式BLOGではより詳細な紹介(本編画像スキャン付)が公開されていますので チェックしてみてください。 (Permalink)



@ 『ハーレム×ハーレム』:ZUKI樹(ISBN9784887742321)。エロ漫画。 作者2冊目の単行本。主にCOMIC Mujin誌にて掲載された中短編集。 オール学生さん。強要系シーンもありますが基本は和姦系。ボテ腹えっちアリ:D 初単行本の感想はこちら

男女比1:9…共学化したばかりのお嬢様学校に入学した優男・木下。 偶然知り合った理事長の娘・城島ソフィアに誘われるまま吹奏楽部に唯一の男子生徒として入部。 男手としてこき使われる日々を送っていたが、ある日を境に部の女子全員と肉体関係を持つことになり めくるめくハーレム生活を体験することになって…「マーチングラブフェスタ」シリーズ4編。 イジワルな彼氏の手で日々おもちゃで調教されている女の子。そんな二人の津々浦々…「イジワルな彼氏」。 エッチすぎる彼氏に御不満の俺っ娘。そんな非難の言葉を彼氏に聞かれてしまい、とりなそうとするが…「イヤよイヤよは好きのうち」。 老人・サラリーマン・若者、3人の痴漢達と毎朝痴漢プレイに興じる女子校生。そんな彼らの事情…「優しい痴漢たち」前後編。

等身高めでかっちりとしたラインで描写される 萌え系ラインとは一味違った可愛らしさを秘めた女の子達が満載の一冊。 絵柄は安定していた初単行本よりもさらに安定して、かつこなれてきた印象ですね。

今回のメインは中編の「マーチングラブフェスタ」シリーズ。 夢のような環境で繰り広げられる言葉通りのハーレム物語です。 女の子並べて秘蜜の味当てだったり、当然の乱交だったりと基本は押さえつつ ラストはきっちり複数の女の子を妊娠させてくれるという私好みの作品でした。 ただ、純粋にハーレムものとしてみた場合は少々消化不良感があります。 キャラ数に対して尺が足りてないのと、最後に別の男の子を混ぜちゃったことがマイナスですね。 ハーレムの主だったはずの木下君の存在感の薄れっぷりもちょっと酷いですし(苦笑 実際の主体が女の子達にあるからある程度しょうがないとは思いますが、 ちょっとストーリーに傾き過ぎたかなと。 もっとねっとりとこのシチュエーションを読みたかったというのが本音です。

黒髪ストロングな俺っ娘を後ろから突いてたっぷり 鳴かせちゃうのが大変良い「イヤよイヤよは好きのうち」。 ストーリーとエロシーンの密度が極めて高く、 これが描きたくて漫画家になったというだけの思い入れが感じられる「三人の優しい痴漢たち」と 他の短編も良い出来のものが揃っています。 絵柄が気に入れば挑戦して損無しの作者さんかと。今後が楽しみです。 (Permalink)



@ 『職業・殺し屋。』(10):西川秀明(ISBN9784592144601)。 ヤングアニマル嵐及びアニマル本誌にてたまに出張連載中の 卑しい殺し屋達が繰り広げるエログロバイオレンス漫画の10巻目。 オビによるとコミック累計100万部突破とのこと。ああ…なんて卑しいんだ。 なお、表紙は死織さんですが、今回は一コマも出番無いので注意。

今巻には前巻から引き続いての「妖剣士」編と「異色コンビ」編が収録。 久しぶりにキリがいい形で終わってますね。 「妖剣士」の方はまた救いがあるような無いような悲惨な話でしたが、 絶対的な危機に陥った志賀を見つめる「蟷螂」の女としての顔が重要でしょうな。 それ以後の彼女なりのケジメも、複雑な「蟷螂」の心情がよく出ていていい感じでした。 そして仇敵「御犬番」の犬飼警視も志賀に本格的に惚れちゃったようで、 いやもう怖い女の人にばかり好かれる志賀が羨ましいやらなんとやら(苦笑

「異色コンビ」編は、お馴染みの謎の殺し屋Mr.AAと、 新参(初登場じゃないけど)の「数学大好き」一二三先生が 組んで仕事をする羽目に…というタイトルどおりのお話。 殺しのスタイルからなにから正反対のように見えつつも、どこか似通った感のある 二人のドタバタが楽しいですなー。 ゲスト女性陣も活発っ娘さんとクラブの妖艶なママさんと、互いに違った魅力のある お二人の痴態がたっぷりで見ごたえアリ。 …それにしてもさっくりゴールインしちゃった一二三先生の今後が心配です。 (Permalink)



@ 『くすりゆびハニー』:井ノ本リカ子(ISBN9784903491387)。エロ漫画。 ポプリクラブにて掲載された表題中編と短編を収録した作品集。 特濃のトロ甘ラブエロを召し上がれ。 行動だけ切り出すと大胆極まりないけど、 どこまでもおずおずとした控えめ地味っ娘… なんだろうこの高威力っぷりは。

両親の都合で突然「婚約者」の家に居候することになった少年・匠。 紹介された婚約者は同じ学校に通う眼鏡の地味っ娘・晃。 婚約者の存在自体が寝耳に水だった匠は困惑するが、 最初の夜、匠の部屋を訪れた晃の素顔はとても可愛くて…「くすりゆびハニー」。 本ばかり読んでいた…そんな印象の従姉のお姉ちゃん。 久しぶりに再会した彼女はとても綺麗で…「僕のお姉ちゃん」。 ほか短編3編。

今巻は表題の「くすりゆびハニー」の破壊力の高さに尽きるでしょう。 地味っ娘婚約者が、地味っ娘のまま、 おずおずと、でもとても積極的に心行くまで御奉仕してくれるという たいへんドリーミングな設定。不必要な第三者は一切登場せず 「婚約者」という形から入った二人が本当の意味での「恋人」になるまでを 濃厚なえっちしーんと共にお送りするラブストーリー。 晃ちゃんの心情描写はかなり抑え目で、 彼女が本当は何を考えてそういう行動を取っているのかは 最後まではっきりとは描写されません。このへんはちょっと読者側に投げすぎかな と思わなくもないですが、補って余りある甘ったるさは見逃せません。

えっちしーんは相変わらず…というかさらにしまりの無くなった(良い意味で)もっちりボディが たいへんに美味しそう。ぐちゅぐちゅに掻き混ぜられて、 快楽で顔を歪め、涎と涙を留めなく流す女の子達の表情は必見です。 たぷんたぷんのおっぱいに包まれたり、さきっぽを心行くまで吸い尽くしたい …そういう願望充足にはおあつらえ向きの一冊かと:D 絵柄のクセは強いので多少ハードルはあるでしょうが、 強くオススメの一冊です。 (Permalink)



@ 『憧れの女-あこがれのひと-』:藤原俊一(ISBN9784894217515)。エロ漫画。 表題の長編をまとめたもの。 ラブストーリーではありますが、NTR要素アリなので注意。

大学のオタク系サークルで高校時代に憧れていた先輩・さおりと再会した圭。 偶然の再会に想いを抑えきれずに襲い掛かり、初体験。晴れて付き合うことに。 それから二人の秘密のラブエロライフが始まるが、 サークルの女先輩や、さおりの友人の大手女同人作家なども絡んできて…。

本当はエロいげんしけん的なお話。 まあ、サークルは場としての装置としてしか機能してませんけど。 さっくりと美人でエロい恋人をゲットしておきながら、 次から次へと寄ってくる女の子を喰っちゃう主人公に微妙な殺意を感じざるをえませんね:D 後半は悪意の第三者の介入で一気に重めに。 友人に主人公を取られまいという対抗心からねっちょり開発されて、 その痴態を主人公の目の前で晒してしまうさおりさんがディモールトエロいです。 NTRスキーには涎モノのシチュなのではないかと。 あまりNTRは好きではありませんが、独特の滲むエロさは捨てがたしで 痛し痒しですね。

たっぷりとした肉付きのボディや、女性の表情のエロさ、掴みがいのありそうなお尻などが お気に入りの作者さんです。ストーリーは構成面で少々難アリという印象ですが シチュエーションとエロスを求める向きにはオススメです。 (Permalink)



『壁の中の天使(上)』。二次元ドリームマガジン誌にて連載された表題の学園退魔シリーズをまとめたもの。 連載終了してずいぶんたちますがやっと発売ということでひと安心。実質的なデビュー作品で、 以前発売されたコアマガジンの単行本よりも以前からの原稿ですのでその点のみご留意を。



@ 『ギリギリ♥Sisters』:如月群真(ISBN9784862522283)。エロ漫画。 主にCOMICメガストア、COMICメガストアHに掲載された中短編集。 なお1短編のみペンギンクラブ掲載分です。 可愛らしくてイヤラシい女の子達とのタナボタ式エロス満載の一冊。

両親の再婚で同じ学校に通う美人姉妹と同居することになった冴えない男の子。 開放的で積極的な義妹のアプローチに理性なぞ何の役に立つわけも無く。 そして姉や片思いのクラスメートも交えてのセックス三昧の日々が始まった …「ギリギリ☆Sisters」シリーズ。 恋愛に興味深々で、お付の侍女と共に共学校に転校してきた超お嬢様。 偶然の出会いから、保健室で繰り広げられる彼女達とのはじめてえっち…「咲良前線上昇中!」。 超人気グラビアアイドルを姉に持つ弟くん。 姉のグラビアで自慰行為に浸っているところを本人に見られてしまうが、 姉は自ら性欲処理を申し出て…「HINA Project」。 恋人の男性教師との情事を他の教師に目撃されてしまった保険医、 それをネタに肉体関係を強要され、次第にその快楽に溺れてゆき…「保健室で…。」。 他2編。

深く考えるな、現状をただ受け入れるんだ的なタナボタ式エロスが満載の一冊。 メインは表題の中編「ギリギリ☆Sisters」ですね。 積極的な義妹・琴音、気になる男の子と 突然家族になってしまい素直になれないその姉・美音の美人姉妹と一気に懇ろになるだけでも 羨ましいのに、さらに片思いしていたクラスメートの美少女・梓まで巻き込んで 学校や家でヤリまくり、みんな積極的に搾り取ってくれますというきわめて御都合的な ストーリーが素敵です。女の子同士が互いに嫉妬して行為をエスカレートさせていく というのもアクセントが効いてて良。 お尻並べてよりどりみどりなど夢のシチュエーションも完備で ハーレムネタ好きは読んでおいて損はありません。 あとは「HINA Project」の 僕だけ巨乳のグラビアアイドルは実の姉という童貞浪漫っぷりもなかなか素晴らしいと思います:D__

絵柄的にはほぼ高値安定。 画面的に少々荒い印象を受けるかもしれませんが作風です。 個人的にはもうちょっと髪ベタを綺麗にしていただけるとうれしいところですが。 表紙絵と中身の差異はほとんどありませんので購入時は 表紙を参考に。基本的にむっちりボディの学生さん主体なので、 ローだったりハイだったりがご希望の向きにはやや注意。 (Permalink)



@ 『あい・らぶ・ねぇ』:音音(おとね)(ISBN9784873062709)。エロ漫画。初単行本とのこと。 オール姉萌え大行進な中短編集。むちむちお姉ちゃんと貧弱おとうとくん満載の一冊。

両親の不在。長女と弟が交わっているのを目撃してしまった次女。行為を咎めるものの二人は悪びれる風もない上に次女まで関係に巻き込んで…「姉と姉弟の時間」シリーズ3編。 厳格な生徒会長として学園生活を送る姉。その弟はいつもいじめられては泣いているひ弱な少年だった。ある日、弟と保険医のキスシーンを目撃してしまった姉は大好きな弟を取られまいと弟に身体を許し…「Core-すれ違う姉弟-」シリーズ3編。 他3短編。

ちょっぴり素直になれないムチプリお姉ちゃん達が繰り広げる大好きな弟くん達との津々浦々。 ストーリー的は味付け程度でエロ重視の内容です。 弟を受け入れて乱れに乱れるお姉ちゃん達の痴態はなんとも眼福。 「姉と姉弟の時間」のネコミミチックショートカットな次女さんや 「Core」のポニテの生徒会長姉がなかなか可愛いのですよ。 素直じゃない系を籠絡するのはほんにええのぅ:D

表紙絵のキャッチーさはなかなかのものだと思いますが 中身はやや落ちるかなという印象。 人物主体の絵は概ね安定してるんですが、 背景を含む引いた構図になるととたんに怪しくなる所がマイナス。 まあ、エロシーン的には問題ないんですが、こういうコマが頻繁に混じるので 全体の印象が悪くなってます。 あとはトーンが少々うるさ過ぎるかな。 どこの聖衣だよという光沢を女体が放ってたりするのが好みの分かれるところかなと。 このへんは是非改善していってほしいです。

初単行本ということもあり、ストーリー面でも作画面でも粗は目立ちますが 先が楽しみな姉萌え作家がまた一人ということで心にとどめておきたいと思います。 (Permalink)



@ 『誘惑の花園』:はんざきじろう(ISBN9784894217461)。エロ漫画。 作者2冊目の単行本。 「花園」「MAN研」の連作短編シリーズを中心にした一冊。 オール和姦ながらくんずほぐれつのハーレムエッチ満載。 ハイティーンの学生さんが主体。

美しく従順な妻、スレンダーで寡黙な義妹、 豊満で奔放な義母…それぞれと秘密の性的な関係を持ちながら同居生活を送る男。 爛れた関係はじょじょにエスカレートし…「花園」シリーズ3編+番外編1。 「花園」シリーズの義妹が参加する部活動で日々繰り広げられる乱れた性の狂演。同級の女生徒二人による後輩の童貞少年いぢり…「MAN研」シリーズ4編。 他短編2編を収録。

前単行本が高評価で、今回から作者買い。 今回のメインである「花園」及び「MAN研」シリーズも 雑誌型総集編で読んで楽しみにしてました。 エロ特化で、難しいことは一切抜きのハーレムストーリー。 精神的葛藤のようなものもなく、ただ性欲に流されるままに状況を受け入れる もしくは自ら突き進む女の子ばかり。 むっちりメリハリボディと厚めに描かれたくちびるが印象的。 エロ下着と半脱ぎにも気を払っている所がうれしいですね。

今回のメインである「花園」シリーズと「MAN研」シリーズ、登場人物は一部というか一名被っているのですが、お話としてはほぼ独立の存在。でも交互に展開されるというちょっと変わった構成。「MAN研」は一向に処女を散らしてくれない義兄への不満を抱えつつ、友人達の狂態に加わる義妹さんがなかなか可愛いのです。 「花園」はともかく夢のハーレムですな。美人母娘を美味しく頂いく婿の好色一代ストーリー。番外編では部下のOLさんまで喰っちゃったりとなかなかのヤリ手さん。奥さんのキャラが他二人に押され気味で少々弱かったりしますが、自分色に染まっちゃった才女という設定はなかなか。義母の奔放っぷりも楽しいです。

前巻から正統進化という感じで濃度アップ。 こういう多人数系ハーレム系は大好物ですので、手放しでオススメ。 多少絵柄に好き嫌いが出るとは思うので、表紙にて絵柄確認推奨。 (Permalink)



@ 『おともだち』:春籠漸(ISBN9784894653665)。エロ漫画。ヒット出版系の雑誌に掲載された短編集。淫らな少女達が繰り広げる濃密な乱れた交わり。

好奇心からクラスメートの少年たちと性的な関係を結んだ少女2人。放課後の教室で日々繰り広げられる乱交、そして…「秘めゴト」シリーズ2編。 性欲旺盛な男の子三人が下校中に出会ったのは、一糸纏わぬ姿で道路に立ち尽くす少女だった。露出が好きという少女の言葉に奮い立った少年達は…「裸のお姫様」。 父親と愛し合う少女。父親に連れられて向かった先では、クラスメートの少女達とその父親たちが待っていて…「「娘」特区」前後編。 憎からず思っていた幼なじみの少女に他の女の子を紹介されてしまった少年。鎌かけのつもりでその子と付き合うことにした少年だったが、行く先々に幼なじみがついてきて…「お世話様っ!!」。 彼女をゲットするため、意中の女の子達や友人達と温泉旅行にやってきた少年。しかし行く先々で友人と女の子達の濃厚な交わりを目撃する羽目に陥り、遂には安パイだと思っていた幼なじみの少女まで見知らぬ男達と交わっている様を見せつけられ…「秘湯-乱れの宿-」。

久しぶりの単行本。今回も密度の高い乱交プレイが満載。 お話の筋立てもしっかりこなしつつ、エロシーンにも手を抜かない&ひたすらに乱交プレイな所が高評価な作者さん。今回も安定の出来上がり。 今回収録の作品で特筆すべきはやはり「秘湯-乱れの宿-」ですかね。 擬似的な寝取られモノですが、それが畳み掛けるように続く上に、乱交への参加まで拒絶されてしまうという主人公くんが徹底的に悲惨な話(^-^;;;;; 泣いてもいい。君は泣いてもいいんだ…。

まあ、これは例外的で、他のお話は棚ボタ的に繰り広げられる汁気たっぷりのぐちょぐちょ乱交です。様々なシチュエーションでうれしげにモノを咥えこむ少女の痴態がたっぷり。表情バリエーションも増えて、エロさも順当にアップ中。 おめめぱっちりな少々古めのアニメ絵に抵抗がなく、かつ乱交スキーなら マストバイな一冊。個人的にはオススメです。 (Permalink)



@ 『とらドラ5!』:竹宮ゆゆこ/ヤス(ISBN9784840239325)読了。 電撃文庫新刊。龍虎逢い食むハイテンションドタバタラブコメの5巻目。 以下ネタバレ注意。

季節は秋。竜児達のクラスも文化祭を控えて大騒ぎ。 そんな喧騒の中、突然大河の父親が現れ、大河との関係を修復したいと申し出る。 渋る大河をなだめすかして父親の元へと向かわせた竜児だったが…。

ははは、反吐が出ますね、悪い意味で(-_-;;;;; 文化祭関係の話はバカバカしくも、若さに任せた青春爆発って感じで 非常に愉快なのですが、ともかく大河父絡みの話の胸くそ悪さは異常。 徹底的に拒絶しつつも父親を心の どこかで信じている大河がいじましくてしょうがないですよ。 そこらへんじゅうに落とし穴が配置されてるのが見て取れる中を 踊り楽しんでいるのを延々とみ続ける感じでなんとも。

中盤のみのりんの行動がさすがにちょっと理不尽過ぎると感じてたのですが そのへんはしっかり回収されていたので一安心。 今回わりと行動が怪しいのだけれど、やっぱり意識し始めてるってことなのかなぁ。 それにしてもあのみのりんの挿絵は酷いと思った。いい意味で。

ばかちーも要所でツボを押さえて来てて楽しいですな。 とりあえず本シリーズ最大の疑問点の1つが解消され、 ありそうな終了展開の一つが完全に消滅したわけで まだしばらくはこのバカ騒ぎを楽しめるかなと:D オススメです。



@ 『トリプルプレイ助悪郎』:西尾維新(ISBN9784061825383)読了。 JDCトリビュートシリーズの第二弾。 月刊少年シリウス誌にて連載されたものをまとめたもの。

稀代の天才推理小説家にして5年前に失踪した男・髑髏畑百足。 その娘・一葉の下に届いた一枚の予告状には、かつて世間を騒がせた 怪盗-三重殺のスケアクロウ-刑部山茶花の名前があった。 百足最後の原稿を巡り山奥の屋敷「裏腹亭」に集う関係者達を待ち受ける事件とは。

いや、ものの見事に引っ掛けられましたわ(^-^;;; 結構注意して読んでいたつもりだったのですが、 西尾氏らしい言葉遊びにいいように転がされた気分です。 そりゃないよなという部分も含めて楽しめたもの勝ちかなぁ。 掲載誌の関係もあってか、分量も少ないですし、全体的に読みやすい内容なので 最初物足りなさを感じるかもしれませんが、一気にラストまで読むも良し。 挑戦状に素直に従って熟考するも良し…という感じでしょうかね。



@ 『かみさまのいうとおり!(4)』:湖西晶(ISBN9784832276413)。 まんがタイムきらら及びキャラット連載。 総合宗教学園(女子校)に通う仲良し4人組が繰り広げるほのぼのと下ネタと鼻血な日々の4巻目。

今回は、まりあの身の上に重大な変化が発生です…が基本的にはいつも通りな感じで。 わりと なむ ちゃんにスポットライトが当たってたかなぁ。 とらえどころの無い子っていう印象だったのが、一連の初恋話とかでグッと普通の女の子的な 感じに変わりました。…まあ魂頻繁に抜けるし、身体も文字通り溶けるけど:D しかし、初恋の相手がよりによってあの人というのは…憧れの延長とはいえまた難儀な。 おかーさんネタが現実化する可能性はどのくらいあるのだろうか。 下ネタは延々とひっぱった花粉症ネタが一番楽しかったかな。 あとは黒井先生が大変に可愛らしくて良いです。エイプリルフールネタは転がれます。 書き下ろしのキャラ紹介のすぱいだー服も極めてエロス。

あ…袈裟バッグに気づいてませんでしたorz





Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
◆ここは
ここは東雲さんの崩壊日記改から「かんそーぶん」を切り出したページです。。 18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上お読みください。
★HOME
東雲さんの崩壊日記改
読書感想
Comics
Novels