○過去のかんそーぶん一覧 page.10(2012年11月〜2012年09月)

@ 『新仮面ライダーSPIRITS(7)特装版』:村枝賢一/石ノ森章太郎(ISBN9784063622355)。 月刊少年マガジン連載。 特装版はXライダーエピソード「機鎧の海」のカラーライズド版を収録した 小冊子が付属しています。通常版も同時発売されています。

VS復活組織シリーズ・スーパー1編ついに完結の7巻目。 ややしんどい展開が続いたシリーズでしたが、終わりはスッキリ気持ち良く:D 拳法家として沖一也の姿を大きく彫り込んだお話になりましたねぇ。 ラスボスの反則っぷりも大概でしたが、それをああいう形で下すスーパー1の力もこれ また大概な反則で(笑 ファイブハンドの面目躍如と言えましょう。 あとは今回も義経さんに嫉妬しまくりのハルミちゃんが大変可愛らしくて眼福でありました。

そして物語は東京へ。まずはVSデルザー軍団ですかね。 全員大幹部クラスの改造魔人軍団という設定はやっぱり燃えますわな。 オリジナルシリーズでも続々帰国する先輩ライダー達と共に立ち向かったわけで 今回は待望の再戦と言えます。ストロンガーは元より、集結の10人ライダー達と デルザー軍団との死闘が今から楽しみでなりません。

大首領JUDO周辺の動きも活発化してきて、物語も終盤戦に入って来たことを強く感じますね。 とはいえまだまだお話は続きそうです。次巻も楽しみに待ちたいと思います。

(Permalink)



@ 『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』:鈴木大輔/閏月戈(ISBN9784840136761)読了。 MF文庫J既刊。Kindle版の電子書籍で購入。超ブラコン妹と兄との平穏な同居生活物語始まり始まり…?

放映中のアニメがお気に入り、かつそちらの構成上すっぱりカットされている部分が気になったので 読んでみた次第。認識自体は1巻発表当時からしてたんですが、 ラノベかつ妹モノということでアレと被って敬遠してたんですな。うむ。

1巻では、同居開始からリリアナ学園の始業式までの約2週間の物語。 秋子さんのブラコン…というかアホ可愛さをたっぷりと堪能しつつ、 サブヒロイン陣が秋人くんと続々縁を作っていき…というアニメ版ですっ飛ばした部分を やっと補完できましたという感じですかね。 まあ、飛ばした部分からも細かいエピソードに関してはシチュエーションは変えつつ アニメ版でも思った以上に拾ってたようですが。 やっぱりヒロインをさっさと揃えたかったのと、銀さんの仕掛けが使いづらかった…とかですかね。 秋子さん以外のヒロイン陣… 生徒会長の英雄気質・嵐さん、副会長のアナスタシアさん、そして秋人の親友・銀兵衛さん はそれぞれに強い個性をもったキャラクターでどれもお気に入り度は高いですね。 それぞれ好きのベクトルが違ってて競合しないですし。

秋子さんのアホ可愛さについては書き始めると終わらなくなる(嘘)なので以下略。 性的に猪突猛進しつつ、自制はしっかり効いてるあたりとか、その素直さとか 難しいバランス感覚の上に立ったキャラクターで面白いですね。 下品にならない程度に性的…この抑制っぷりがそそりますな:D___

事前に他のラノベ系感想サイトの記事も読んでたのですが、そこであちこち言及されて いたオチについては確かにそれはどうなの…という気分に。まあ言い切っちゃった以上 はどうしようもないですね。

(Permalink)



@ 『この部室は帰宅しない部が占拠しました。(4)』:おかざき登/ぺこ(ISBN9784840145312)。 MF文庫J既刊。Kindle版の電子書籍で購入。恋子ちゃんにライバル登場? そして恋の進展もな4巻目。

今回は新キャラの沙月さんが巻き起こす騒動を中心に、恋子さんを彫り込みつつ、 ゆすらさんの揺れる想いを描いた感じですかね。 やー、もう恋子さん絡みのラブイベントが目白押しでほくほくでしたよ。 やっぱりヒロイン力は高いですな、恋子さんは。おっぱいが足りないだけで…(鬼 「大好きなお兄ちゃん」の側に居たい。 でも強力過ぎる恋のライバルたちに囲まれいちゃついてる様子には我慢ならない。 そんな実りのない恋心に振り回されて、死霊使いとしても負けたら自分はどうしようもない…。 確かに厳しい状況に追い込まれているので、思い詰める恋子ちゃんの様子もしょうがないかなぁと。

一方、ゆすらさん方向は群れの秩序を乱す形となった恋子の様子を不満に思いつつも 恋子の恋愛感情というものが理解出来ずに混乱。周りの面々から助言を受ける形で 間接的に自分自身の夕也くんへの想いについても考え始めると、こちらも美味しいイベントが多くて 良かったです。こちらは5巻への前フリですかね。

新キャラ沙月ちゃんはライバル宣言しつつも、恋子の才能に憧れを抱く女の子としての 側面が強調されていて、憎めない感じの子でした。恋子と一緒の昼食にドギマギしている様子とか 大変可愛くて良かったですね。彼女についても彼女なりの矜持、追い詰められた状況があって 悪い子じゃないのですよね。そのあたりのさじ加減がこの作者さんの上手いところかなと。

2巻、3巻とやや寄り道感がありましたが、 今回は帰宅しない部のコアメンバー二人に焦点をあてたエピソードで楽しめました。 次はとうとう武装風紀委員との再戦ですかね。恋心に目覚めたゆすらさんにも焦点があたりそうで 楽しみなところです。

(Permalink)



@ 『この部室は帰宅しない部が占拠しました。(5)』:おかざき登/ぺこ(ISBN9784840146425)。 MF文庫J既刊。Kindle版の電子書籍で購入。 ついに帰宅しない部正式認定!?因縁の戦いに決着をなシリーズ5巻目。

生徒会&武装風紀委員との決戦への流れを軸にしつつ、ゆすらさんが自身の夕也くんへの想いに一つの形を与えるお話。

最初から最後まで恋する乙女モードのゆすらさんがともかく可愛くてゴロゴロと。これまでの無防備なスキンシップも魅力的でしたが、恥ずかしさに近づいてもいけない様子もこれはこれでね。各種バイト衣装もラブリーでありました。

1巻以来の真っ向対決となる第二次追い出し作戦はこれまでに築いてきたものの総決算という感じで熱く燃えました。それぞれの奮闘の上で掴む勝利、まさに部活ものの盛り上がりにふさわしいかと。冴え渡る夕也くんの知略はぁはぁ。相変わらずラブラブな恋子と沙月さんも和みましたが、決死の想いで右京さんに挑むゆすらさんの様子も素敵でした。左京さんは…ベタだけど初い剣道娘はドストライクなので以下略。すっかり籠絡されてる様子がたまりませんでした。御子神さんもすっかり帰宅しない部に染まってて頼れる仲間感が良かったなと。

部の正式認定という一つの山を超えて、後はラブコメ的な決着ですかね。もっとこの楽しい面々の様子を眺めていたいのですが、終わりが近そうな印象も。すっぱり爽やかなラストを期待したいところですが…さて。

ところで「エンゼルテイル」のお姉さんたち妙にキャラが立ってる気がしましたが、作者さんの別作品に由来があったりするのでしょうかね?

(Permalink)



@ 『女子高生の腰つき』:音乃夏(ISBN9784864363938)。エロ漫画。 COMICメガミルク誌にて発表された表題連作短編シリーズを中心とした作品集。 放課後の学園で揺れる女子高生たちの淫らな腰つき。 属性的には、学園系、多人数系、部活系、巨乳、ラブエロなどなど。

カバーイラストに惹かれて、中身をパラ見しての購入。 青年系エロでの単行本もある作者さんの通算6冊目の単行本かな。 内容はタイトル通りに学生系中心のエピソード集。メインとなるのは表題作である 連作短編シリーズ「女子高生の腰つき」となります。 こちらはラブエロ+部活女子+複数プレイという縛りを基本にしたとのことで ラブエロ系でありながら、多人数プレイが多いのが注目ポイントですね。 男多人数×ヒロインの乱交プレイという方向ではなく メインとなるヒロインさんと共に周囲の女性たちのエッチが描かれるパターンや 男ひとりにヒロインさんが複数というパターンな方向です。

女性キャラは細めのボディにボリュームたっぷりのおっぱいという大変魅力的な娘さん揃い。 皆さんエッチに興味津々で超積極的なのに処女率高めという大変エロ漫画的なファンタジーに 溢れた設定となっております:D__ ポイントとしてはやっぱり迫力のやわらかおっぱいでしょうかね。 騎乗位や後背位で激しく突かれてぷるぷると揺れる様子は大変見目麗しいです。 体面座位で乳首を吸い上げられて幸せそうな表情を浮かべる様子などもたまりませんね。 水着の隙間から掬い上げるようにして揉みしだく様子などもとても良いものかと。 当然パイズリなども完備されておりますので、ご安心を。 やわらかく形を変えて男性器を包み込む乳房が大変気持ちよさそうに描かれていて素敵でした。

乳房以外にもキュッと引き締まったお尻を可愛らしく持ち上げてのおちんぽおねだりとか、 部活ネタならでわの様々な衣装、小道具を使ってのプレイバリエーションなども豊富で 見所は多めですね。

気に入っているのは「女子高生の腰つき-ビーチバレー部編-」かな。 本作のみ3話の中編ということもありますが、ビキニ姿のスポーツ少女とたっぷり致せるという シチュエーションがしんぼうたまらんものがありますね:D______ 途中から、妹ちゃんも加わっての姉妹どんぶりご奉仕プレイというのもお得感があって良いモノでした。 あとは「女子高生の腰つき-写真部編-」かな。秘めていた一途な想いをぶつけるウェーブヘアのヒロイン 葵ちゃんがとても可愛くて良いです。チア姿での撮影会に目隠しプレイにと見所も多いですしね。 むっちむちのボディを包み込むはち切れそうなチア服姿でポーズを取ってる姿とか お尻付きだしてる姿とかがたまりませぬわ。

エロ中心ながらストーリー面の骨組みもしっかりしていて、シチュエーションを盛り上げてくれます。 登場人物たちの感情も大切にしつつ、エロも手抜かりなしと 楽しく手軽に読めて、かつエロとしても十二分な読後感を得られる そんな手堅い仕上がりの一冊になっていると思います。表紙絵に惹かれたら 中身を確認して損は無いと思いますよ。個人的にはオススメしたい一冊です。

(Permalink)



@ 『ときめき懺悔室』:さきうらら(ISBN9784887744523)。エロ漫画。 COMIC Mujin誌にて発表された中短編集。 女性ばかりのミッションスクールにやってきた美形神父、彼は果たして聖者か破戒者か?

作者さん通算15冊目の単行本。Mujin系だと6冊目かな? 今回収録の物語は2シリーズ。どちらもスラリと綺麗な美人系ヒロインさんが今回も大変麗しいです。 どちらもきっちりとエロはこなしつつ、読者側に投げかけるものもあるお話ですね。 整った表情のヒロインたちが、快楽に頬を染め、眉を歪める表情がなんともえっちいです。 瞳の表情の快楽度合によっての変化も大きく、焦点を失っていたり、潤んでいたりと 状況が分かりやすいのも嬉しいところかな。

メインとなるのは中編「神様のいうとおり」。 女の園であるミッションスクールに現れた神父が巻き起こす騒動を描いた軽めなタッチの作品です。ノリは軽いですが込められたものは含蓄深かったりしますけれども。 信仰をを盾に、自らの内にある欲望を抑え込むシスターや 男性不信のスケバンさん、はたまた悪魔憑きの眼鏡さんなどあちらこちらに首を突っ込みつつ 神父は自らの信じる性愛への信仰を提示していきます。 まあ、お説教的なことをしつつ、ご立派過ぎる剛直で徹底的にかき混ぜたり、 後半いくと多人数プレイだったりとやってることだけ見たらただの破戒僧ですけれどね(笑 でも、神父の性を肯定するスタンスは個人的には心地よいものでした。

登場するヒロインさんの中では男性不信なスケバン娘の麻宮さんが一番可愛かったかな。 不良たちに子分の少女たちを人質にとられて、ストリップショーをさせられるわ、 神父には縛り上げられて、子分達の前で、徹底的によがり狂わされて トロトロに蕩ける様が、なんともラブリーでありました。つるりと綺麗なおでこも○。 あとはやっぱりシスターですね。シスター杏奈。修道服に包まれた我が儘ボディを 持て余していたところを、神父の手管であっというまにさらけ出されてしまう様子が素敵でした。

「バースデイ」は父と肉体関係を持つ妹を苦々しく見つめる姉の視点で描かれた、とある一家の物語。 6年前の単行本である「痴女が恋しちゃダメですか」の後日談にあたる物語になっています。 なので、単体で読むと一部の設定に首を捻る感があるかもしれませんが、分からないと 楽しめない作品でもないのでご安心を。 大切な人を失った喪失感の中、それでも生きていく、生きていかなくてはならない、生 きていって貰いたい…そんな複雑な想いの絡み合った作品ですね。 エロ漫画的には近親相姦姉妹どんぶりと大変美味しい仕上がりになっております。 父親の精を口に注がれて恍惚となるお姉ちゃんの姿が大変エロティックで良いモノでした。

なお、あとがきに寄れば、Mujin系では今後「星憑ネオン」名義で活動されるとのこと。 今後もチェックしていきたい作者さんなので記憶しておきたいところです。

(Permalink)



@ 『この部室は帰宅しない部が占拠しました。(3)』:おかざき登/ぺこ(ISBN9784840143011)。 MF文庫J既刊。Kindle版の電子書籍で購入。 仇敵である生徒会に異変発生!?なシリーズ3冊目。

今回は琴音さんと生徒会にスポットを当てつつ、2巻で攻略途中となっていた保健医女さん編の続きを描きつつ、楽しいGWの様子を…という感じですかね。 今回はこう、挿絵がね…挿絵のおっぱいっぷりがね………(鼻血 ブティックの試着室という素敵空間で繰り広げられる魅惑の下着ショーがまたたまりませんでした。カラー口絵のゴスロリ系 恋子さんも大変ラブリーではありましたが、 耶宵ちゃんのおぱーいがおぱーいが……。げふんげふん。

そういう直接的なえろーすも良いモノでしたが、 ますますわんこ化が進行するゆすらさんの夕也くんへの懐きっぷりも癒しポイントでしたね。 恋子さんは今回脇役位置ながら、発生イベントの内容は結構濃いんですよね。 夕也くんとの直接的な絡みも多いですし。 まないた胸も持ちネタとして昇華できてますしね:D

本筋。敵役であると同時にヒロインでもある琴音さんと その側近である志々谷姉妹の関係を掘り下げつつ、 夕也くんに新しいフラグが立った(笑)感じですかね。 琴音さんの夕也くんに対する特別な想いとか、 自らが築いた立場への想いとか、仲間達への想いなど 心根の複雑な部分がしっかり伝わってくる感じだったかなと。 本作においては生徒会と帰宅しない部の敵対のバランスが難しい部分だと 感じていたので、このあたりを丁寧にやってくれたのは好印象かな。

夕也くんは相変わらず大物感とシスコンとヘタレが絶妙なバランスで いい主人公だと想います。

今回は絡め手で暗躍してた耶宵ちゃんは、やってることは黒めですが 悪役にはなりきれてない感じが憎めない印象ですかね。 大好きなお兄ちゃんへの独占欲がいじらしいかなと。

保健医女さん関係はどうも消化不良感が。 結構シビアな背景背負ってる感じなので もうちょっとしっかりスポット当てていっても良かった気がするのですが…。 まあ、ここがスタートと考えるのが妥当でしょうかね。 今後の活躍に期待したいところです。 戦闘要員もこなせる治療要員として能力は優秀ですしね。大きなおぱーいも:D_

次巻はついに恋子さんメインかな? 1巻以後、すっかりなりきれないツンデレポニテさんポジションですが やっと本来の魔法絡みでひと騒動ありそうなので期待したいところです。

(Permalink)



@ 『この部室は帰宅しない部が占拠しました。(2)』:おかざき登/ぺこ(ISBN9784840140003)読了。 MF文庫J既刊。Kindle版の電子書籍で購入。 帰宅なんて必要無い!!個性的な女の子たちに囲まれて夜の学校を楽しもう!!そんな帰宅しない部の 様子を描いたシリーズ2冊目。そして早速帰宅します?

前巻ラストで明らかに普通じゃない雰囲気を醸していた夕也くんの妹・耶宵ちゃんが本格参戦。 並み居る男たちを籠絡する「超妹力」を持つ究極の妹 VS 野生児&ネクロマンサー&おっぱいの戦いは 手におっぱい汗を握る凄まじいものでした。 やー、耶宵ちゃん本当に「いい」性格してますねぇ。琴音さんライクなサドっ気に 強烈な妹オーラを操る天然小悪魔っぷり。そして、なんだかんだいってお兄ちゃん大好きっ子で 独占欲の塊みたいなのがまた憎めない感じで…。 その超妹力の前には振り回されてる男たちも嬉々として従ってしまうのだから恐ろしいところです。

中盤の柊木邸でのうはうはハーレムっぷりは羨ましいというかなんというか。選り取りみどりの 女の子4人と裸のおつき合いとか、なんですかそれもうもげればいいんじゃないかなと…>夕也くん。 懐いちゃってすっかりわんこなゆすらさんや、暴走しまくりの恋子さんが大変可愛かったです。 うん、おっきいのはやっぱり好きだけれど、ちっさいにもそれはそれでね!!<死ね カラー口絵のお尻乱舞おっぱい乱舞はとても素敵で良いモノだったと言えましょう、ええ。 騒動を通して、ゆすらさん、恋子さん、そして琴音さんらヒロインの間にも確固とした繋がりが芽ばえ 、夕也くん抜きでも輪が広がったのは良かったなぁと。

早速帰宅してしまっては立つ瀬がないということか、後半は再び学園を舞台にした大騒動。 バランス的に、もうちょっと耶宵ちゃんに焦点あてて構成した方がよかった気もしますが まあ、しょうがないですね。 夕也くんとの距離を見失って不安に怯えつつも、群れのボスとして健気に頑張ろうとするゆすらさんは やっぱりメインヒロインの貫禄十分だったかと。格好いい女の子はいいですよねー。 夕也くんも決めるところは決めてくれたので、良かったかなと。 しかしまぁ、夕也くんも相当に図太いよねぇ(^^;;;; 幽霊さんは今後また再登場するんですかね? なかなか扱いづらそうな雰囲気でしたが…。

次巻は風紀委員で琴音さんの側近である右京さん左京さんにスポットが当たるのかな? 帰宅しない部の正式設立もまだ見えない状況でどんな波乱が待っているのやら。

(Permalink)



@ 『お姉さんは強いから』:あかうめ(ISBN9784864363716)。エロ漫画。 COMICメガストアH誌にて発表された短編集。 オール姉ショタ。綺麗で強いお姉さんたちにたっぷりと可愛がられて搾り取られるショタっ子たち。 そしてショタっ子たちの顔に見合わぬ巨根にお姉さんたちはメロメロです。 属性的には姉ショタ、女装ショタ、足コキ、ちんこ踏み、放尿などなど。

作者さん初単行本。でありながらもひじょうに作者さんの趣味が現れた作品集となっています。 何せオール姉ショタですしね。ここでいう姉は年上の女性一般という意味合いでとらえ てください。かならずしも血縁関係を指し示しません。

ヒロイン陣は選り取りみどりですが、基本的に豊かで発育したボディの持ち主メイン(一部成育中の方達もいます)。 肉質は柔らかで、ふわりとどこまでも沈み込んでいきそうなボリュームのある乳房やお尻が素敵です。 吸い付かれたもっちりおっぱいが柔らかく変形する様もたまりません。 みなさんたいへん攻めっ気旺盛で、お相手のショタっ子くんたちを手を変え品を変えく わえ込んでは、思うままにこってりと精を搾り取り堪能します。 上のおくちや下のおくちはもちろんのこと、足裏を使っての足コキや、逸物を踏みつけ ての強制射精、尿道責めなど、Mっ気のある向きには大変魅力的なシチュエーションが 揃っています。

一方、男の子たちは皆、線の細い可愛らしい子ばかり。 ふわっとしたベタトーン抜きのショートカット も愛らしく、どの子も女装がとっても似合う感じですね。実際何本かの作品では セーラー服に身を包んだりと可愛い女装姿を披露してくれます。 そしてそんな可愛らしい顔に見合わぬ凶悪な逸物の持ち主揃いなのも特徴的です。 細い腰や足をピンとつっぱって、お姉さんたちの身体に沈み込むように一生懸命 腰を振る様子は大変ラブリーで良いですな:D____ お姉さんに散々嬲られつつも、その懸命な奉仕と立派なモノに 次第にお姉さんもメロメロに籠絡されていくのもまた良いところです。 まあ、この辺は真性Mの向きには微妙かもしれませんが、個人的にはこのへんのバランスが好きですね。

気に入ってるのはダメお姉さんの独占欲が爆発する「ふたりのひとり」「ひとりのふた り」シリーズかな。連れてこられた彼女さんの前で、禁断の関係を見せつけるような お姉ちゃんの挑発的なラブエロが破壊力ありました。これに対抗する彼女さんの責めも 抜群の破壊力で:D____ 可愛いダブルヒロインにこってり搾られるシチュは素敵ですね。 あとは「先生のお好み」かな。セーラー服姿のショタっ子くんがともかくラブリーでた まりません。眼鏡先生にいぢめられつつたっぷりと搾られる様子。互いに貪るような 濃密なセックスが素敵でした。

以上のように、作風ついてもキャラクターについても極めて独自性の強い作品集となっています。 可愛いショタっ子とお姉さんという取り合わせが好きならば、手に取って損はないと思いますよ。

(Permalink)



@ 『この部室は帰宅しない部が占拠しました。』:おかざき登/ぺこ(ISBN9784840139243)読了。 MF文庫J既刊。Kindle版の電子書籍で購入。 ゲーム版の情報で気になっていたので、Kindleのお試しとして購入してみました。

MF文庫Jの女の子いっぱいのハーレム系部活ラブコメの系譜に連なる作品ですね。 その中でも異彩を放つこと間違い無しの「帰宅しない部」という設定がまた面白いですね。 帰宅部があるなら逆があってもいいじゃないかということかもしれませんが(笑 どういう経緯でそのような部活が成立するのかと思っていたのですが、読んでみれば 思った以上に綺麗な流れでの設立でした。無理だけれど無理がないというか。

主人公の夕也くんはドの付くシスコンぶりが残念感溢れるものの、 知略系家事技能系でかなりハイスペックな男の子。勇気も思い切りもあって好感のもてる主人公くんでした。 シスコンではあるものの、別に他の女の子に興味がないわけでもなく、 寝顔にドギマギしたりと反応が可愛らしいのも好きですね。 シスコンが高じて製菓技能が高いのも良いポイントでした。

メインヒロインのゆすらさんは野生児系のガウガウちびっこ少女。 ちびっこ黒髪美人さんはポイント高いですね。 おおかみさんリュックを背負った姿が大変ラブリーで良いものでした。 懐くまでは野生動物の凶暴さを遺憾なく発揮してくれますが いったん懐けば見事なまでのマスコット小動物っぷり。「がう」台詞も可愛いですね。 幼馴染み系自称ネクロマンサーの恋子さん。 ネクロマンサーってどんなやと思ったらまんまとか……。 その少女漫画脳っぷりとないぺたを気にする様子がラブリーでしたね。 一応ツンデレを張ってる感じでしたが、全然ツン成立してないよそれ的な。 腹黒生徒会長にして敵役の秋月琴音さんはドSっぷりと素直になれないっぷりがなかな か美味しい感じで、これはこれで良いのではーという感じで。 まあ、みんな可愛かったよとね。

部活での合宿の夜がずっと続くような、そんな学生的な楽しさがつまった作品でした。 サクサク読めて楽しいのはやっぱり良いですよね。続刊も買ってみたいと思います。

(Permalink)



@ 『あそびにいくヨ!(16)-あなたもここにいてほしー-』:神野オキナ/西E田(ISBN9784840148177)読了。 MF文庫J新刊。お気楽極楽猫耳宇宙人とのファーストコンタクトシリーズ第16巻。 悩み惑う少女に差し伸べられる暖かな手、そして新たな激動の予兆。

15巻から僅か半年での16巻。 ここ最近は最低1年は空くような状態が続いていたので早めの新作は嬉しいところです。

今回は、悩める真奈美さんの様子を主軸として、ドタバタだったり、新たなる悪意の顔 見せだったり、別れの予感だったりと盛りだくさんの内容で読み応えがありました。 引き続き大きく成長した姿を見せてくれる騎央くんは大変頼もしくて良いですな。 今回メインの真奈美ちゃん。これまでは騎央たちを見守る立ち位置に徹してきたわけで すが、その心の内側にあるものがやっとはっきりと。 大ざっぱそうに見えて、繊細な様子がラブリーではありますな。 読者的にはもうずいぶんと前の出来事ですが、作中ではまだ1年。割り切れない思いに 邪魔されて、どうしても騎央くんたちに対して一歩引いてしまっていた真奈美さんの 心を解きほぐす様子はとても暖かで良いモノでした。 強く「別れ」を意識させられたことで、ほんわり日常にもどこか寂しさを覚えるのも事 実。良い刺激とも言えますが、多少しんどい面もありますかね。

今後の敵方の姿もずいぶんとはっきりと。 ただ、「キャットテイルアウトプット!」の方でも現役で登場してる面々なので こちらではどのような決着がつくのやら。 今回もキャットテイルの前日譚的な側面は多め。オルティオート教授の公開授業 の様子は次巻描かれたりするのでしょうか…?

西E田さんの挿絵はまいど良い仕事で素敵ですね。 カラー口絵でががーんと水着祭りと大変お得度が高めでした。 モノクロでも、痴女艦長…げふんげふん…クーネ艦長の迫力紐水着姿の破壊力が凶悪でした。 真奈美さんとアオイさんのSPスーツ姿とかも凛々しくて美人度高くてよかったです。

メインの4人の関係が大きく進展したことで、ここから先そちらの方はどうなるのか 色々な意味でドキドキですね。特に今回は大変な発言が飛び出したわけで…(ゴクリ 男冥利に尽きるねぇ、騎央くん。 まあ、これまで数々の試練の末につかみ取ってきた状況ですから棚ぼたとは言いますまいて。 次巻も出来れば半年以内くらいで出てくれると嬉しいところですが、疾走れ!撃てと キャットテイルアウトプット!の後となるとまた1年後かなぁ…。

(Permalink)



@ 『しとやかな劣情』:タマイシキネ(ISBN9784864161503)。エロ漫画。 美少女革命 極、及び後継誌の美少女革命 極 Road誌にて発表された短編集。 鼻筋のスッと通った目元涼やかな美少女達が織りなす淫らな物語集。 属性的には、ツリ目、眼鏡、長身、学生服、学生水着、パジャマ、黒髪などなど。

作者さん初単行本。雑誌の方で読んでいて注目してたので迷い無く購入。 絵柄の特徴としては、スラッと筋の通った目鼻立ちと頭身の高さでしょうかね。 ツリ目のヒロインさんが多いこともあって、全体的に凜とした美人ヒロインさんが多いです。 切れ長な印象ではなく瞳は大きめに描かれているので、キツさは感じないですね。 サラサラとした黒髪をたなびかせながら、颯爽とした印象の綺麗系ヒロインさんが ベッドの上では千々に乱れて、浅ましくも淫らに求めてくれる…そんなシチュエーションの破壊力は抜群です。

前述の通り、基本の頭身が高めなこともあって、ボディラインも均整の取れたものです。 スラッとした四肢と小ぶりでキュッとしたお尻が綺麗で良いですね。 おっぱいのサイズは手のひらから、たっぷりの巨乳さんまでですが、基本巨乳さんと考えてOK。 エロシーンは口奉仕が目立つ感じがあります。口に含んだり、肉厚の舌で舐め上げたりと 頬ずりせんばかりに実に愛おしげに男の逸物を愛してくれている様子は征服感と満足感があって素敵です。 キュッと抱き合って舌を絡め合わせるようなキスも愛情の深さが伝わってきて素敵です。 綺麗系の子がうっすらと涙を溜めつつ快楽に身を委ねる様子はたまりませんね。 後ろから力強く突き上げられて、前後不覚に陥る様子もまたいいものです。

お気に入りのエピソードは「エア♥ハラ」のシリーズかな。 ショートカット、ツンクール、眼鏡、日焼け後、長身と作者さんの趣味を目一杯詰め込んだという ヒロインの嵐子さんがとても素敵なのですよ。ボーイッシュな女の子が恋に身を焦がして 女性として華開く様子はやっぱり破壊力高いですよねーと。日焼け後も眩しい水着姿や セーラー服と衣装も多めでたまりません。 あとは「insomnia-インソムニア-」かな。優しげなお姉さんとちょっと反抗期でツッパリ気味の弟くんとの 歪んだ恋物語。夜な夜な弟くんの布団に潜り込んでくるくせに、昼間はごく普通に、弟と彼女の仲を 応援するようなことを口走る…そんな何を考えているのかわからないお姉ちゃん…。 そんなお姉ちゃんに振り回されつつも、否応なく想いを深めていく弟くん…そんな展開がグッと来ますね。 弟君のことを思うとついエッチしちゃう美人で可愛いお姉ちゃんが嫌いな弟くんなんて居ません(断言)

初単行本ですので多少不安定感を感じる部分もありますが、 あえて言えば程度ですので、大きく気になるものではないかと思います。 画面密度も高めでしっかりと丁寧な仕事が感じられるのも好印象。今後が楽しみな作者さんだと思います。 ツリ目スキー眼鏡スキーを公言されていることもあり、そのあたりの属性があって かつ美人さんとのラブエロがお好みであればチェックして損は無いと思いますよ。 オススメです。

(Permalink)



@ 『俺のツマ×ヨメ』:胡桃屋ましみん(ISBN9784799501597)。エロ漫画。 ペンギンセレブ誌にて連載された表題長編をまるっと収録した一冊。 妻を娶ったら嫁も出来た? 魅惑の姉妹W婚物語。 属性的には姉妹どんぶり3P,4P,近親相姦,乳吸い,ボテ腹などなど

同名義では5冊目の単行本かな? 前々からほぼ購入してる 人妻系のお話の多い作者さんですが 今回は初の長編シリーズ1本での単行本となります。

表題作となる長編「俺のツマ×ヨメ」は 共に年上の美人姉妹を同時に娶った青年の濃密な新婚生活を描いた作品です。 もともとは読み切り短編からスタートしたとのことで、最初からクライマックス状態。 ねっとりとした3P初夜から始まって、 こってりとした種付けセックスが描かれていきます。 序盤から、主人公である泰人の実母も参戦し、 3人の関係を、時にはちょっかい出しつつも暖かく見守っていきます。

もとより姉妹のたっての希望での妻×嫁関係ということで、 姉妹同士での軋轢なども無く、大好きな夫のものを姉妹が仲良く愛し合う様子は 多幸感たっぷりで素晴らしいですね。 どちらも揃って肉厚ボディな姉妹を相手取ってのプレイの内容はと言えば 安産型のお尻を重ねての後背位、夫の剛直を愛おしそうに舐め立てて汁を吸い上げるW フェラ、たわわな乳房を寄せ集めてのW乳首吸いなど3Pならではの お肉に溺れるような様子が伝わってくるものが揃っています。 また花嫁相手のセックスですので、当然種付け前提での濃厚中出し揃いです:D____

姉であり、「妻」である蒔絵さんやウェーブヘアの優しげな印象のお姉さん。 主人公より5つ年上ということで、包容力のある印象ですね。 主人公を膝枕しつつ、授乳プレイなどがいいですね。 「嫁」である桜さんはやや快活系の印象のお姉さん。主人公より2つ上とのこと。 ベランダで洗濯物干し中に発情した主人公にいたずらされる様子がツボだったかな。 主人公の実母。短髪眼鏡の熟女枠。奔放豪快大人の女性という感じで 息子相手にも余裕のある態度でのわりきった関係がなかなか。 キャラの立ち具合では妻嫁姉妹を上回る感も(^^;;;;;

中盤以降、姉妹の過去に秘められた凄惨な事実が明らかになり、その「過去」に関連した人 物の登場で不穏な空気が流れますが、「現在」の関係に割り込むことはありませんの でご安心を。 どうしてもこのあたりは好みはわかれるところでしょうけれど、 救済の物語ですので個人的にはスッキリと読めました。 本編ラストエピソードが個人的に大変ツボなのも含めて、 お気に入り度は高めの一冊です。

(Permalink)



@ 『とらんす・とらんす』:龍炎狼牙(ISBN9784785939458)。 少年画報社のTSアンソロジー「チェンジH」誌などにて連載された表題長編の単行本化。 単巻完結。ネットゲームを通じて通じ合う少年少女の運命。

ショタネタやTSネタには定評のある るーえん先生が新たに描くのはネトゲを舞台にした恋物語。 ままならない現実に背を向け、ゲームの中に理想を求めた二人が出会い、 そして一歩ずつ関係を築いていく。そんな優しい印象のお話でした。 まあ、展開はそう優しいばっかりでもないですが。

るーえん先生の描く柔らかですべやかなボディラインは今回も健在。 トーンワークで表現された肢体の凹凸が素敵ですね。 しかしまぁ、先生の描く女の子みたいな線の細い男の子は本当に可愛くてたまらんですねー。 アキトくんが理想として描いたシズクちゃんも元気系ちんまいヒロインという感じで 可愛らしいのですが、アキトくんそれそのものが既に可愛いというか 細い腰回りとかハァハァ<……… 胸ぐら掴まれてはだけた胸元から見えた乳首が美味しそうでねぇ…<だから男キャラだと

一方のキミカさんも最初は嫌な女という感じですか、 その分、中盤以降の展開の中では可愛らしさが倍増しですね。 おでこ出した髪型も似合っていていいですな。中盤以降キャミ姿で ベッドの上でうだついている様子が可愛くて良いものでした。

中盤〜後半の怒涛の展開は やや突飛な印象はやはりあるのですが サプライズという意味では楽しかったですね。 二人の気持ちを丁寧に描いたラブストーリーで楽しい一冊でした。 るーえん先生の描く可愛い男の子や格好いい女の子が好きなら 手にとって損はありません。

なお、オパーイはあるけど濡れ場はないよ!! 絶対ヤッてると思うけどね!!:D___<下世話

(Permalink)



@ 『JK図姦』:舞原マツゲ(ISBN9784873064482)。エロ漫画。エンジェル倶楽部誌にて発表された 短編集。制服姿の巨乳少女たちの淫らな日常。

作者さん、エンジェル出版からは3冊目の単行本。 どーんと迫力いっぱいに自己主張する巨乳を持った制服ヒロインさんが満載の一冊。 純愛系は少なめで、全体的に強要系が多い印象ですが、凌辱色は薄めかな。 登場するヒロインさんたちの性格は様々ですが、総じて一癖あるのが印象的かな。 追い込まれた状況を上手く利用しようと計算して行動したり、 ただただ流されて犯されて…というのもエロ漫画的にはいいのですが こういうのも歯ごたえがあっていいですよね:D___

エロシーンは比較的濃いめ。 片手では掴みきれないような迫力ある乳房を強引に揉みしだかれては 陰毛に覆われた秘所はトロトロに蕩けて、大きく花開き、男の剛直からはき出される白 濁を浅ましく飲み込んでいく…そんな濃厚な行為がたっぷりです。 小道具でもアダルトグッズなども頻繁に登場しますし、 ロープによる緊縛(あくまでも簡易なものですが)や首輪などが利用されます。

今回の短編集はタイトル通りに学生系がメイン。制服(セーラー&ブレザー)を基本ラインとして ジャージやブルマ、スク水など主立った衣装は一通り揃っています。 そんな制服を淫らに仕立てる肉感的なボディはまさに迫力満点。 服の上からでも分かるその見事なボディをグチョグチョになるまで堪能する様子は たいへん眼福度の高いモノです。

一番気に入ってるのは、罠に嵌められて学校の悪童グループの言いなりになることを 強要された少女が体験する、修学旅行での一夜「修姦旅行」かな。 自分勝手な男たちによる凌辱の中に沈められ、諦めの中にいた少女が、 次第に華開いていく様子が淫らでした。禁欲的なジャージ姿ではまったく隠せてない 迫力ボディに黒髪ロングという取り合わせも◎。 家庭教師の先生を誘惑し続けるうちにどんどんエスカレートしてしまって…な「突進彼 女」もいいですね。なかなか反応してくれない先生をどうにか誘惑しようと エスカレートし過ぎて戻れなくなる様子が良かったです。シチュも多めですしね。 あとは「噂のあの娘」がいいかなぁ。ポニテorツインテの高身長娘と これが私のご主人様系のエロメイド服という組み合わせもいいですし、 調教されて次第にその心を蕩けさせていく様子も良いモノでした。

絵柄で多少好き嫌いはあるかと思いますが、 カバーイラストが気に入ったならば手にとっても良いと思います。 ちゃんとカバーを飾っているヒロイン陣は全員本編にも登場していますしね。 おっぱいさんと制服の組み合わせに目がないならば、是非。

なお、エンジェル出版系からはこれが最後の単行本とのことです。 他はコアマガジン系とオークス系だったと記憶してますが、 今後はどちらをメインに活動されるんでしょうかね?

(Permalink)



@ 『あなたの街の都市伝鬼!(3)』:聴猫芝居/うらび(ISBN9784048869997)読了。電撃文庫新刊。 人々のあいだで囁かれる数多の「都市伝説」や「妖怪」たち。そんな近くて遠い隣人たちのために 彼らの物語と綴ることを誓った少年と、そんな彼を取り巻く都市伝鬼や妖怪たちの物語。

シリーズ三巻目。今回は都市伝鬼たちや妖怪たちと連れだっての温泉旅行編。 前半はドタバタしつつも楽しげな旅行の様子が描かれて読んでてニヨニヨと。 特に、初の遠出にテンション上がって、あらゆるものに興味津々のサキさんが やたらに可愛くて堪りませんでした。普段とは違う活動的な衣装もラブリーでしたしね。 そして、温泉旅館ですから、当然お風呂場でのアレやコレという展開もばっちり完備で…。 やっぱりサキさんの正ヒロイン度が半端ありません。こんだけ尽くしてくれて 不満のある男がいるだろうか、いや居まい。というか寧ろ居たら殴る勢いで。 酔っ払って膝上だっこをねだるとか、甘え倒しとか、どこまで男心を擽るんですかね、この子は!!

それにしても 要所は抑えてる舞佳さんに比べて、美雪さんとかナニソレ状態なんですが…。 まあ、しょうがないですね:D

後半部分は、物語が続けばそのうちに出てくるだろうと予想されていた要素が顔見せを。 とはいえ、思っていたのとはだいぶ違う形ででしたが。 編纂者と、被編纂者という枠を超えてた二人の関係のひとつの答えがここに提示されたわけですが 変に重たくならなさそうでひと安心かなぁと。 寧ろ良いもの見せて貰えたかなぁと。らぶらぶご夫婦は見ててホッとしますよね。

今回は純粋なバトルシーンはゼロでしたが、個人的にはこちらの方が歓迎かな。 盛り上げどころ用意するのが大変になるから難しいところでしょうけれどね。 上手いことバランスを取りながらやってくれると個人的には嬉しいです。

今回もやや扱いが不憫なベト子さんに乾杯。でもだいぶ頑張ってたよね、今回は。 イラストの格下げモードも可愛くて良かったです。 コトリちゃんはしっかりマスコットキャラの立ち位置を確立してるので問題無し。 ゲスト伝鬼や妖怪さんたちもそれぞれ良い味だしてて楽しかったです。 次巻にも期待したいところです。

(Permalink)



@ 『あなたの街の都市伝鬼!(3)』:聴猫芝居/うらび(ISBN9784048869997)読了。電撃文庫新刊。 人々のあいだで囁かれる数多の「都市伝説」や「妖怪」たち。そんな近くて遠い隣人たちのために 彼らの物語と綴ることを誓った少年と、そんな彼を取り巻く都市伝鬼や妖怪たちの物語。

シリーズ三巻目。今回は都市伝鬼たちや妖怪たちと連れだっての温泉旅行編。 前半はドタバタしつつも楽しげな旅行の様子が描かれて読んでてニヨニヨと。 特に、初の遠出にテンション上がって、あらゆるものに興味津々のサキさんが やたらに可愛くて堪りませんでした。普段とは違う活動的な衣装もラブリーでしたしね。 そして、温泉旅館ですから、当然お風呂場でのアレやコレという展開もばっちり完備で…。 やっぱりサキさんの正ヒロイン度が半端ありません。こんだけ尽くしてくれて 不満のある男がいるだろうか、いや居まい。というか寧ろ居たら殴る勢いで。 酔っ払って膝上だっこをねだるとか、甘え倒しとか、どこまで男心を擽るんですかね、この子は!!

それにしても 要所は抑えてる舞佳さんに比べて、美雪さんとかナニソレ状態なんですが…。 まあ、しょうがないですね:D

後半部分は、物語が続けばそのうちに出てくるだろうと予想されていた要素が顔見せを。 とはいえ、思っていたのとはだいぶ違う形ででしたが。 編纂者と、被編纂者という枠を超えてた二人の関係のひとつの答えがここに提示されたわけですが 変に重たくならなさそうでひと安心かなぁと。 寧ろ良いもの見せて貰えたかなぁと。らぶらぶご夫婦は見ててホッとしますよね。

今回は純粋なバトルシーンはゼロでしたが、個人的にはこちらの方が歓迎かな。 盛り上げどころ用意するのが大変になるから難しいところでしょうけれどね。 上手いことバランスを取りながらやってくれると個人的には嬉しいです。

今回もやや扱いが不憫なベト子さんに乾杯。でもだいぶ頑張ってたよね、今回は。 イラストの格下げモードも可愛くて良かったです。 コトリちゃんはしっかりマスコットキャラの立ち位置を確立してるので問題無し。 ゲスト伝鬼や妖怪さんたちもそれぞれ良い味だしてて楽しかったです。 次巻にも期待したいところです。

(Permalink)



@ 『ぱいまんだら』:舞浜楓(ISBN9784887744509)。エロ漫画。COMIC Mujin誌にて発表された短編集。 Jカップオーバー爆乳奥様ズとショタ系少年たちのミルクまみれのボテ腹遊戯が満載の一冊。 属性的には、爆乳、母乳、初乳、乳汁、ニプルファック、巨乳輪、ち○ぽ乳首、陥没乳首、ボテ腹、腹ズリなどなど。

実に5年ぶりとなる単行本第二弾。前単行本でも顕著だったたわわなおっぱいへのこだわりはより顕著になっており、 掴み上げられるほどの巨乳輪とそそり立って自己主張しまくりの乳首、そしてそこからたっぷりと吹き上がる 母乳などを駆使した濃密なミルク臭の漂う濃厚エロスがたっぷりと楽しめる一冊となっています。 収録本数は少なく思えますが、その分1編1編が40ページ前後と読み応えのあるページ数になってますので ご安心を。

ヒロイン陣は面長フェイスにぽってりした唇がイヤらしい成熟した美人さん揃い。 総じてやや垂れ気味ながらボリュームたっぷりの爆乳の持ち主ばかりです。 そんな乳房の上に、さらに1段盛り上がるかたちで自己主張する、まるで小さな乳房のような巨乳輪と その上に堂々とそそり立つご立派な乳首も迫力満点ですね。 妊婦、経産婦の方々の場合はさらにそこからたっぷりの母乳を吹き出すというおまけ付き。 そして先鋭化したおっぱい派の行き着く先でもあるニプルファックや、陥没乳首も完備。 オビにもあるとおり、勃起乳首と陥没乳首でひとりニプルファックという大技まで飛び出し まさにおっぱいの満漢全席と言える豪華さとなっています。

当然、そんなおっぱいを駆使したエロシーンもたっぷりで、舐める吸う扱くは元より おっぱいに擦りつけての射精や、パイズリ、乳首ズリなどもたっぷりと収録。 まあ、おっぱい大きすぎて、乳房全体を揉みしだくというよりは乳輪から上をいぢってる感が強かったりはしますけれどね(^^;;;;

ボテ腹属性の方も濃度は濃いですね。爆乳と同じレベルで大きく膨らんだお腹をスク水に包んでみたり、 珍しいところでは、出産後のまだ縮みきっていないだぶついたお腹を使ってのボテ腹ズリなども描写されています。 大きなお腹を抱えながら、ショタっ子の上に乗って淫らに腰をグラインドさせる様子など 大変見応えのあるものと言えます。

お話的には全体的に明るめでエロ重視の展開。豊満ボディを持て余し気味の爆乳お姉様ズと ショタっ子、チビっ子との筆下ろし展開がメインかな。一部輪姦展開もありますが、 そちらもお話としての重たさは軽いです。 エロいお姉さんからガンガンと求めてきたり、戸惑いつつも性に興味津々のお姉さんが後押しされて高まっていったりと 難しいことは考えずにエロに集中できるお話作りといったところです。

気に入ってるのはショタパティシエ志望くんと3人の母乳ママさんによる筆下ろしを描いた「Nip Lip Whip」かな。 4Pで母乳、乳汁、初乳と3種類のミルクを同時に味わえ、さらにボテ腹属性まで完備するという、もうゲップものの ボリュームたっぷりの一作です。さすがにこれだけ母乳飲んだらお腹壊しそうだなぁとか要らない心配をですね…(苦笑 ママさんズもそれぞれタイプの違う美人さん揃いでお得感が強いです。 息子と深く繋がりたくてたまらないイケナイママさんと、その関係に苦悩するショタっ子くんを描いた「ままならないすわっぷ」 は、甘えきった蕩けた表情のママさんが大変可愛らしくて◎。展開は多少好みがわかれるでしょうが、個人的には オチが良ければ全て良しなんではないかなと。 収録作ではもっとも凌辱色の強い「ぬかるみのふくらみ」は妊娠中の人妻でありながら、生徒との肉体関係を謳歌する 女教師の堕落が描かれます。この色っぽい先生の堕落っぷりがまたらまんのですね。ボリューム感満載のボテ腹を 晒してのスク水エッチが迫力満点でした。

ほぼ年に1作という多作とは言えない状態のようで、 単行本派ではなかなか新作にお目にかかれそうもないのが 残念なところですが、趣味が合うなら強力な破壊力を持つ一冊だと思います。 特に母乳属性、ボテ腹属性の向きはその強いこだわりが嬉しいところですので、 好みの問題はあれど、とりあえず中身をチェックして損は無いと思います。 個人的にはオススメですね:D____

(Permalink)



@ 『当主な俺と×××な彼女』:高崎たけまる(ISBN9784864363914)。エロ漫画。 COMICメガミルク及び漫画ばんがいちにて掲載された中短編集。 変態エッチ純愛系の作者さんが贈る一冊。 属性的にはアナル調教、浣腸、淫具、ドM、ショタなどなど。

スリムなボディにボリューム感たっぷりの胸と腰と、特徴的な絵柄が印象的な作者さんの三冊目のコミックス。 決して骨張っているわけではなく、ただ全体的に細い印象を受ける絵柄でありながらも、ムッチリ感は出ているという 作者さんの作風は、ちょっと他には無い印象ですねぇ。トーンワークで演出された艶やかで美味しそうなお肉感も見逃せません。 おっぱいは大変豊かからぺったんこまで選り取りみどり。抱きしめたら折れちゃいそうな細くしなやかな腰周りのラインも 魅力的ですね。

エピソードがわりとラブラブよりなのに対して エロシーンは全体的にややマニアック傾向強め。 アダルトグッズなんかも活用されまくりますし、衣装やら緊縛やらアナルやらと濃厚なエロシーンが展開されます。 一種エロゲー的とも言えるかもしれませんね。快楽に崩れる女性陣の表情や、ぱっくりと広げられた秘所やアナル、 汁気の多さや、フェラシーンでの舌使いなども見所かと。 まあ、痛かったり、スカトロだったりと、そういうディープなのはありませんので、苦手な向きはご安心を。

メインとなるのは表題作でもある中編『当主な俺と×××な彼女』。 お話は定番の座敷童モノですが、既に福を呼ぶ力は失っており、それでも大切に敬ってくれた一族に報いるために その身体を性欲処理のために自ら提供し続け、完全に色に染まってしまった元・座敷童さんと、 新たに一族の当主となった青年の純愛モノと、結構捻った感のお話になっています。 元・座敷童の鈴理様は、カバーイラストにもなっている華やかな和装美人さん。 何も出来ない自分はせめて性奴隷として恩義に報いるしかないと心の底から思っていて、ただその使命感のために その身体を捧げ続けてきたという健気な人ですね。まあ、その考え方自体の歪みが問題の核なわけですが。 すっかりエロエロに調教されきっているので、暇があればおねだりしてくるそのエロっぷりがたまりませんな:D____ 着崩れ和服や乳首や秘所へのピアスや、陰毛のてーもー痕などマニア心を擽る要素もたっぷりで破壊力満点です。 そんな彼女が、少しずつ恋に目覚めてゆく様子が可愛くていいですね。 対する主人公を含む男性陣らも、みーんな鈴理様のことが大好きで、なんとか幸せにしてあげたいと思ってるのが また微笑ましいところです。 ラストも私好みで大変ようございました。でも3回だとちょっと物足りないかなぁ。 もっとラブラブな所とえっちシーン見たかった気もします。

短編の方では万引き黒ギャルさんを強請って性奴隷にな「黒尻。」がお気に入りかな。 こちらも導入だけを見れば定番ネタですが、うん、いきなりそこで極太浣腸でケツ穴調教には行かないわ(笑 黒ギャルさんがケツ穴アクメに夢中になっていく様子が大変エロチックでありました。 ドM男に監禁されて女王様になってと懇願されて…な「Caged Queen」は、確かにこうダメな部分をまるっと受け入れてくれる 女の子との出会いという一部の男性の欲望にばっちりフィットな展開が素敵ですね。 黒髪ロングに猫耳にマイクロビキニにタイハイストッキングに手錠というマニアックな格好もまた扇情的で…ハァハァ。 それ以外の短編についてもどれも可愛いヒロインさん揃いで眼福でした。

これまでの作品集ではやや画面が込み入って状況把握がし辛い面があったように思いますが、 そのあたりはだいぶ緩和されてきているかなと。 独自の可愛らしさのある絵柄、華やかでストレスを感じない物語と、ややマニアック要素のある濃い目のエッチが 揃っており、ちょっと濃いエロが見たいけれどガチの調教モノとかはちょっと…という向きには 大変良い物件だと思いますよ。

余談。ガオレンジャーかな?

(Permalink)



@ 『寝取れ!隣の牝尻妻』:安原司(ISBN9784887744479)。エロ漫画。 COMIC MILF及びCOMIC Mujinにて掲載された人妻寝取り系長編+読み切り短編を収録した一冊。 隣の奥さんの巨桃尻にあなたも釘付け♥

MILF本誌で読んだ「桃夭」が気に入っていたので購入。 黒髪も麗しい、地味目だけれど美人の年上のお姉さんor人妻さんが満載の一冊。 ボリューム感たっぷりのおっぱいと、超安産型な桃尻の魅力がたまらんですな。 もっさりとした陰毛を掻き分けた先にあるトロトロに蕩けた秘所を 激しく突き上げられて快楽に悶えるヒロインさんたちの痴態は魅力十分です。 とくに人妻キャラのみなさんは清楚ながらも生活臭のある姿と えっちシーンでの激しい乱れっぷりのギャップが、そのエロティックさを強調してくれています。

表題の元となるのは長編「桃夭」。読み切りからアンケート人気を受けて連載化したとのこと。 ともかく、このヒロインの百佳さんの欲求不満人妻っぷりがたまらんです。 仕事優先で出張続きの夫を脇目に、隣に住む若い大学生をこれ見よがしに誘惑してねんごろに…と。 ある意味大変男性的に都合の良い展開ではあるのですが、やー、冷静に見ると百佳さんの くせ者っぷりが半端ありませんな。 一見、気立ても良く、優しい美人の奥さんですが、そのあくまでも男の方から手を出させる 策士っぷりといい、夫との関係は保ったままでの終盤の大暴走といい…「悪女」だよなぁと(苦笑 まあ、間男の立場に立つなら、これ以上都合の良い隣人も居ないですから万々歳でしょうけれどね。 エプロン姿で台所に立つその後ろから、そのボリュームたっぷりのお尻を揉みし抱き 中出し三昧。ただただその美味しい部分だけを味わえる…そんな立場がひたすらに羨ましい作品でした。

展開的にはテンプレート気味な面もありつつも、キャラクターの心情などを大事に描写する 作風は好感の持てるものです。可愛い美人のお姉さんをたっぷりと楽しみたい向きには 良い一冊だと思います。

(Permalink)



@ 『碧海のAiON(11)』:影崎由那(ISBN9784047128316)。ドラゴンエイジ連載。 現代ダークファンタジー、シリーズ最終巻。 ついに終焉を迎える魔女と少年の物語、その結末とは。

復讐に生きた魔女の最高の笑顔に祝福を。 星音さんと達哉くんの関係に絞り込んでの綺麗なラストでした。 星音さんの最後のひと言に物語の全てが集約されているので、 正直これ以上語ることもありません。 復讐のために300年以上の時を過ごした魔女の行き着いた先にあるもの をお楽しみに:D

物語の謎的な積み残しは結構あるかなーという気はするのですが、 そこが物語の主眼ではなくなっているのが明白なので無い物ねだりですかね。 決戦前の、かつて共に過ごした学園の教室での達哉と星音さんのいちゃこらな やり取りが大変眼福でございましたよ、ええ。成長した達哉くんの包容力っぷりにも驚 きですが、それに包まれてすっかり中身デレデレな星音さんの照れ表情がたまらんです。

ともかく4年に渡る連載お疲れ様でした。>影崎先生 平行して連載が進んでるシリーズもあり、次回作というのもちょっと違いますが 新シリーズも楽しみにしています。

(Permalink)



@ 『バカとテストと召喚獣10.5』:井上堅二/葉賀ユイ(ISBN9784047283510)読了。 ファミ通文庫新刊。短編シリーズ第五弾。 愛すべきバカ野郎たちの大騒ぎな日常は過去も未来も巻き込んで…。

今回もいつものようにドタバタ騒ぎな短編集。 読んでて楽しかったのは、騒ぎの大きさ的にも「僕と雄二と危ない黒魔術」がダントツですかね。 重度の美波スキー清水さんと、重度のアキちゃんスキーの玉野さんという 出会ってはいけない感じの二人がタッグを組んでの大暴走が大変楽しかったです。 特に、美波さんにスポット強めだったのが個人的に良し。 姫路さんボディを手に入れてウキウキしてる様子が貧乳可愛いなぁと:D____ 挿絵的に美波さんが優遇されてて、破壊力高かったのもポイント高め。 嗚呼、競泳水着、嗚呼。たまらんですな:D______

「僕と兄さんと謎の抱き枕」。何時もの面々を第三者視点で眺めるというのが新鮮だったお話。これまでも色々と被害報告だけがされていた久保くんの弟くんの視点で語られる文月学園2年生の様子が興味深かったですな。でも君のお兄さんはもう手遅れだから…残念。 というかムッツリーニ妹の陽向ちゃんが可愛すぎて何これ状態で。 ふたりで良い具合にラブコメしてて微笑ましかったですよ。

「僕と未来と召喚獣」は、何時もの面々の成長のIFが垣間見えて楽しかったですね。 雄二はまあ、酷い有様でしたが…、幸せの形ってそれぞれだよね!!ということで。 妖艶妊婦霧島さんハァハァハァハァ<……… 挿絵が…全身挿絵が欲しかった…。 ある意味で期待を裏切らない美波さんの胸いぢりに泣いた。 そして成長ムッツリーニの写真をみた工藤さんは果たしてどういう反応を示したのか…。 というか女子陣の中では既に工藤×ムッツカップルで定着してんじゃね、アレ。

書き下ろしは、本編でもずっと匂わされてきた、明久と姫路さんの出会いのお話。 姫路さんのトレードマークであるうさぎの髪飾りに込められた意味が 思った以上に重ための展開の先にあって、胸にグッと来ますね。 というか明久が出来る子過ぎてどうしたのこの子、 頭打ったの状態ですがね。 なんというか玲さんの呪い教育が結構洒落になってないんじゃ ないかという疑惑が……。 当時の姫路さんの自己評価の低さの方向性がちょっと意外な感じでした。 単なる自己嫌悪的なものなのか、実際成長して転嫁したのかあたりがね。

あとがきには本編は次でラストエピソードとあり、ついに…という感じです。 残念ではありますが、どのような決着を見せるのか楽しみに待ちたいと思います。

(Permalink)



@ 『紫乃-退魔剣士のしつけ方-』:NO.ゴメス(ISBN9784799203149)。エロ漫画。 二次元ドリームマガジンにて連載された長編「紫乃-退魔剣士-」に描き下ろし外伝、ほか短編1編を収録した一冊。 愛しい人を護るため、淫魔にその身を捧げることを選択した、未だ幼さを残す退魔剣士の運命。 属性的にはふんどし、普乳、爆乳、放尿、母乳、産卵、肉便器、触手などなど。

作者さん3冊目の単行本とのこと。購入は初かな。 二次元ドリームマガジンでの連載で気に入ってたので購入しました。 カバーイラストからも分かる通りに、キュート度高めの幼めの顔立ちと むっちりとした柔らかお肉なボディのヒロインさんが満載です。 モノクロページの方は、勢い重視の線描が特徴ですかね。 細かい部分でやや荒さを感じるのは否定できませんが、大きな破綻は感じません。 悪霊など、人外の存在の描写部分にはそのダイナミックさがプラスに働いている面もあります。

エロシーン。 ダイナミックな構図で描かれる やわらかボディな女の子たちの痴態はとても魅力的です。 爆乳枠のヒロインさんたちでは、そのやわらかおっぱいは枠線からはみ出す勢い。 そんなおっぱいを使ってのパイズリも、肉に埋もれる感じが大変良いものかと。 おっぱいが控えめなヒロインさんでも、特に下半身の柔らかさ、柔軟さの描写がよく 股をめいっぱいに広げての、はしたないおねだりや、剛直を突き入れられて形を変える秘所など とてもエロチックですね。 あとは、アヘ顔ですか。可愛さの枠にぎりぎり収まる感じのだらしのないアヘ顔が征服欲をそそります。 特に肉厚の舌の描写が印象的で、とても美味しそうだなぁと:D___ 快楽に脳の随まで犯され尽くして、言葉にならない言葉を発しながらもさらなる快楽を求める…。 そんな性の前に堕落しきったヒロインさんたちはなんともたまらない魅力がありますねぇ。

メインとなるのは表題作「紫乃-退魔剣士-」シリーズ。 ヒロインとして登場するのは単行本のカバーイラストも飾っている二人。 黒髪の退魔剣士・紫乃さんと、学園のアイドルな爆乳いいんちょさん。 登場当初は性とは無縁だった二人が、淫魔の卑劣な罠によって白濁に染め上げられて行くお話となります。 紫乃さんは一見クールな無表情ちんまいヒロイン枠ですが、それは修行の結果で得たものであって 内面的には幼馴染みへの初恋を大事にしている可愛らしい女の子ですね。 そんな彼女が、幼馴染みの命を守るために仕方なくではありますが、無数の男たちの慰み者として過ごす 羽目になる様子が、軽いNTR感もありーので、破壊力高めです。 全身を開発され尽くして、クールな仮面も剥がされて、淫らにおねだりをする様子にグッと来ます。 デフォルトふんどし+サラシ着用なのもいいですね。 一方のいいんちょさんは、淫乱爆乳枠として大活躍。犯され抜いて心を壊され、マイクロビキニで その豊満な肉体を強調しながら、男の精を貪欲にすする様子はたまらんですな:D___

物語のラストはクセのあるものですが、ニジマガ読者的にはニヤリとさせられるものですかね。 まあ、幸せそうだしね。 エロシーンのバリエーションやシチュエーションも定番を押さえつつ凝っており、 ヒロインも二人に絞って、彼女らを徹底的に白濁に沈める展開ですので 読み応えは十分かと。 寧ろもっと読みたい感すらあるのが、個人的には嬉しいかなと:D 恋に生きる健気な紫乃たんの運命をどうぞご覧あれ。

(Permalink)



@ 『モンスター娘のいる日常(1)』:オカヤド(ISBN9784199503061)。コミックリュウ連載。 人外娘たちと青年のドキドキたっぷりちょっぴりエッチな同棲生活物語の1巻目。

数年前にネット上で話題となったWeb漫画「○○のいる日常」シリーズの作者さんが送る 亜人種少女と人間の日々を綴ったラブコメ作品です。 大本のシリーズが彼女らとの「夜の生活」部分をクローズアップした作品だったこともあってか 今回のこちらも、ややお色気成分が高めですね。まあ、ご立派なオパーイ止まりといえば止まりですが:D__ とはいえ、あくまでもラブコメ作品ですので、そちら方面は賑やかしと捉えるのが正解です。 基本的には亜人種少女たちが引き起こす様々なトラブルに振り回される主人公くんの受難と、ご褒美の繰り返しですね。

今巻で登場する亜人種ヒロインさんは3人。 ラミア族のミーアさんと、ハーピー族のパピ、ケンタウロス族のセレアさん。 それぞれこれでもかと言わんばかりに種族的特徴を有した人外さんばかりですが 美少女揃いなのは疑いようもありません。熱烈愛情型&嫉妬担当のミーアさん、無邪気系トリ頭ロリっ娘枠のパピ、 そして爆乳系生真面目お姉さん目ポニーテール種のセレアさんと、一通りは押さえてるといったところでしょうか。 特殊な技術で人間化!!とかそういう半端なことは一切無く、徹頭徹尾、亜種族としての 特徴を有したままのヒロインさんたちは多少ハードルがあるところかもしれませんが、 どの子もきっちり可愛らしいですので、まあオタクだったら問題無いよね!! 人外過ぎてヘビーそうなのは回避されてるしね:D____

気に入ってるのはやっぱりミーアさんかな。その一途っぷりには敵いません。お布団の 中に潜り込んできたり、お風呂に入ってきたりとアグレッシブなところもまた素敵です ね。 次点でセレアさん。後半怒濤の追い上げっぷりはさすが馬…げふんげふん。 生真面目さんだけに、デレ入った後の反応がたいへん可愛くて良いです。爆乳も気持ち よさそうだしね!!<………

偏見に晒されることもあったりと、なかなかに一筋縄では行かず、かつ手を出すことも許されないと 良い具合に抑圧された状況で展開しますが、今巻ラストで大きな転換が掛かるため、 ラブコメハーレム系としてはここからがスタートかなと。いや、続刊も愉しみなところです。

とりあえず無性にセレアさんのオパーイに顔を埋めたいんですが……あれ、ダメ?

(Permalink)



@ 『となりの柏木さん(5)』:霜月絹鯊(ISBN9784832241916)。まんがタイムきららフォワード連載。 お絵描きSNSから始まる恋があってもいいじゃない…なオタク系ラブコメ5冊目はおともだちーずのお話。 そして桜庭くんの心境にも変化が…?

シリーズ5冊目。今回は以前からちらちらと匂わされていた和樹くんと福田さんのお話がメインとして進行。 これまで兎も角柏木さん命で、近づいてくる馬の骨は悪即斬という雰囲気を印象づけてきている福田さんが、 和樹くんの一途な恋心に触れて、次第に絆されていく様子がこれまたニヤニヤ度高くてとても楽しかったです。 和樹くんへの警戒心は残しつつも、ほんの少しずつ心の内へと入ることを許して行っている感じがねー、たまりませんよねー。 柏木さんに進捗を問い詰められて、別に…と言いつつ頬を染めるとか何この可愛い生き物状態ですよ。 牛歩気味な桜庭くんと柏木さんの関係とは違い、こちらのふたりの関係は密度高めに、軽快なテンポで進みますから 本筋を食い過ぎることなく、ほどよいバランスで盛られている印象です。

親友たちの様子にアテられてか、桜庭くんの柏木さんへの想いも、これまでの憧れの心よりもっと恋愛感情に近いモノへと 昇華されつつあるようで、桜庭くんビューから観る柏木さんの魅力がドーンとアップしててこっちも死にそうです。 破壊力が高すぎます。恋愛のドギマギ感っていいよねーと思わず遠い目に。相変わらずのキモイ生物っぷりは残念ですがね!! 一方の柏木さんは、親友の恋路に興味引っ張られまくりで、今回のカバーイラストの情景そのままという感じですね。 珍しくむすーっとした表情とか、可愛らしさは従来通りで:D でもバレンタインのくだりでの一刀両断っぷりに泣いた。 和樹くんは…今回はともかくわんこ可愛いというか。ご主人様(福田さん)を信じてじゃれてじゃれてじゃれついて てな様子がたいへん微笑ましく、この子はこの子で良い子なのだなぁとしみじみと。

緊迫のヒキで次巻へ…ですが、まあシビアな展開は想像も出来ず、収まるところに収まるのだろうと 安心して見てられますね:D きっと和樹くんが福田さんに入れ込む理由がキーなのでしょうが その内容が気になるところです。今回もふんわりラブリーに楽しめたラブコメ作品でした。 シリーズ通してオススメです。

(Permalink)



@ 『つぐもも(9)』:浜田よしかづ(ISBN9784575841275)。 Webコミックハイ!連載。亡き母の形見の帯が変化した美少女付喪神と共に、 母の後を継ぐことを決意した少年の戦いは続く…な9巻目。

今回は前巻から引き続いての性転換エピソードの終盤と番外編、 そして再登場のすなおさんの復帰エピソードを収録。久々に次巻へ引きではなく、 きりの良いところで終わってるのが嬉しいところですね。

性転換エピソードは、バトルシーンの熱さがともかく良かったです。 かずみちゃんと桐雄くんの組み合わせもですが、特に友人ズのこれまでのエピソードを踏まえた形での戦いは 連係プレーとしても完成度が高くてもりあがりました。謎の助っ人さんの活躍も面白い方式でしたしね。 女性主人公だとほら、こうやってエロピンチが演出できて美味しいですよねー(ぉぃ

恒例のエロ方面はシリアスムードの反動か盛りだくさん。 男性キャラになるとこんなただのエロいチャラにーちゃんになるのかと 衝撃的な桐葉さんのご無体が炸裂しまくり。おまわりさんこいつです。 まるまる一話使って、桐雄くんのセクハラエピソードとかどんだけ…。いいぞもっと以下略。 まあ、かずみちゃん可愛いよね。うん…。

久々登場のすなおさんエピソードは、前回登場時の積み残し消化しつつ、立ち位置の再構築という感じですかね。 これでやっとレギュラーキャラ化してくれそうで嬉しい限りです。サイドエピソードでの、男の子ふたりによる 全身洗浄プレイシーンがともかくこうえっちくていいですな(鼻血 意識はしっかりありつつも、弛緩して身動きが取れない状態で、男の子達に全身奉仕されるとかなにそのエロ(略

とまあ、今回もバトルにコメディにお色気にと楽しい要素がこれでもかと詰め込まれた一冊でした。 作画面でも見応えがあり、見逃すには惜しいシリーズだと思います。気になったら是非シリーズ1冊目からどうぞ:D

(Permalink)



@ 『なでしこ♥すいむ』:東雲龍(ISBN9784785939182)。青年向け。 ヤングコミックにて発表された表題長編+読み切り短編1編を収録。 スイミングスクールは誘惑がいっぱい、競泳水着のおねえさんたちの誘惑の中で、初恋を貫けるか?

成年、青年、一般と精力的に活動を続ける作者さんの新刊。 少年画報社からは初の単行本とのこと。 今回は以前成年コミックの方でもあった「競泳水着」に焦点を当てたオフィスラブものとなります。 作者さんの描くもっちりとボリュームたっぷりの女体と、キュッと密着しつつ包み込む競泳水着の相性は抜群で たいへん眼福度が高いです。本番シーンでも半脱ぎ基本なので、その筋の方も安心:D__ ずらされた水着からまろびでるまるまるとした乳房や、大ぶりのお尻なども魅力的なのですが、 水着の上から乳房をもみ上げるシーンなどの水着の捩れの描写なども、特有の質感が表現されていて 素敵だなぁと思います。

物語は基本ラインはオーソドックスに。メインヒロインのすず音さんをターゲットにしつつも 次々と登場するサブヒロイン陣と逢瀬を繰り返していく形。ただし、あくまでも紀土くんの思いにブレは無く 周りの誘惑が激しすぎるだけなので、浮気者とは思いつつも、嫌な感じは無いですね。 すず音さんの方も、気持ちにブレが無いので、比較的純愛系のテイストでまとまっています。 合間に挟まる学生時代の思い出なども、青春の甘酸っぱさがいっぱいでいいなぁと。 特にすず音さんの学生時代は、今とイメージが違う感じでまとめられていておいしさ二倍的な:D___ 結果として、ふたりのあいだの絆の強さがしっかりとうちだせていて、心にすっと入ってくるお話に仕上がっています。

一番のお気に入りはやっぱり、すず音さん。 屈託のない笑顔とか、一途な想いとか、ちょっとドジな所とか、メインヒロインの貫禄十分の戦闘能力っぷり。 泣き顔もやたらに可愛らしいので、思わずいぢめたくなる感じもまた良いですな:D サブヒロイン陣ではちっちゃい言うなな桃山さんが可愛くていいかなー。お当番も多めですしね。

エロシチュも更衣室、プールサイド、ベッドの上、プールの中などなど取り揃えられており、 場所を選ばず競泳水着エッチ度合いも高いので競泳水着スキーは見逃せないと思いますよ。 とはいえ、エロ的な意味でのフェチ度は青年誌掲載ということもあって低めですので、そのあたりはご留意を。

(Permalink)



@ 『オカルトリック02』:大間九郎/葛西心(ISBN9784800200822)。 このライトノベルがすごい!文庫新刊。 元狐憑きの少年と、少年の姉である美貌の引きこもり安楽椅子探偵、 そして少年に想いを寄せる最凶メンヘラ少女、三人の描くいびつな三角関係が紡ぐ終焉とは。 「ぼくとねえさんのハッピーハッピー・トラッシュショー」めでたしめでたし?

シリーズ2冊目にして、完結巻かな。 今回も登場人物が全員信用ならないという部分はそのままに、 より観念的な方向へシフトしたというか 玉藻の内面世界描写が大きな割合を占める形になっています。 このため、起きた事件そのものはほとんど切っ掛けとして物語駆動装置に過ぎず、 焦点となるのは玉藻の過去と 玉藻、葛乃葉ねえさん、イソラたんの三角関係の行き先となります。

イソラさんは相変わらずキレッキレのヤンデレっぷりを発揮しており、 ノーマルな意味での思考回路トレースがまったく役に立ちません。 言われて初めて、ああそういう考え方もあるのかーと妙に納得させられる感じですかね。 もの凄い斜め上感はいっそ清々しさすらあります。 葛乃葉ねえさんに真っ向対抗しようとするその気概だけは買いたいところです。 玉藻くんは…今回は本当に踊らされてただけな感じが。まあ、至るべきところへは至れたようなので よかったんでしょうけれどね。

ラスト。 過去に犯した罪の記憶から罰を望んで生き続ける玉藻と、 そんな彼を優しく見守りながらも、そうであるが故に真実を伝えられない葛乃葉ねえさん、 そしてそんな二人の間に割って入る、愛に生きすぎるイソラたん。 彼らがいったい何を見て、何を選択し、何を失い、何を得るのか。 それは読んでのお楽しみ。

今回で、お話のコアの部分が丸く収まってしまったので続きはちょっと望めないかなぁ。 正直もうちょっとオカルト探偵的な素っ頓狂なエピソードを色々と読みたかっただけに 残念です。イソラたんの毒が強すぎたのかもしれません…。

なお、購入者特典として期間限定公開されている 後日談「オカルトリック02スピンオフ メンヘラバーズ2」は 重ためな本作の解毒剤として、程よい内容で大変楽しかったです。 本巻読了後は是非読むことをオススメします。

(Permalink)



@ 『ミダラナシセン』:いのまる(ISBN9784887744455)。エロ漫画。COMIC Mujin誌にて発表された中長編集。 突如ストリップ劇場のオーナー兼踊り子をやる羽目になった少女の奮闘記、 欲求不満を抱えた男子校保健医の淫らな日常。

カバーイラストがグッと目を惹いたのでパラ見して購入。 スッキリとした美人系の面持ちと、引き締まって均整の取れたボディラインのヒロインさんたちが 特徴的な作者さん通算7冊目の単行本です。 今回は前述の通り続き物2シリーズを全編収録。 どちらも凌辱色は薄めで、ややコメディチックな演出が目立つ物語となっています。

見事なまでにたわわに育った乳房と、筋肉質で引き締まった胴、そしてどっしりとしたボリューム感抜群のお尻と太股が 描き出すラインはとても素敵で、たまりませんね。ハイレグTバックのショーツや、マイクロビキニなどが花を添えてくれます。 切れ長の瞳を潤ませ、眉を困らせながら、恥辱に頬を赤らめるヒロインさんたちの表情もとても良いなぁと。 このあたり、従来よりも堅さ的なものが取れ、より自然に生き生きとした印象が強くなっているように感じました。 特に今回はストリップものという題材もあって、美しい肢体も、羞恥の表情もより輝いていたように思います。

メインとなるのは長編「セーラー服とストリップ」。 なかば流される形でストリップ劇場のオーナーとなってしまった女子校生さんが体験する未体験ゾーンという感じの奮戦記です。 セーラー服でのストリップ、年上の踊り子とのレズビアンショー、複数の客を相手にの生板、ポールダンスなどなどのシチュが楽しめます。 ストリップ劇場は話には聞きますので、仕組みや用語とかは分かるのですが、さすがに実際に行ったことは無いので そういう意味でも興味深く楽しめました。…いや、現実にはまな板ショーとか既に壊滅なのはわかってますけれどね。

単行本カバーを飾っているのがメインヒロインの伊織さん。艶やかな黒髪がとっても素敵な女の子です。 やや推しに弱く、周囲に流されるままに、オーナー稼業だけでなく、踊り子さんとしても活動させられる羽目となり、 舞台の上で処女喪失させられるわと結構散々な目にあっていますが、憧れの先輩のためという自身の目標や 次第に芽ばえた場への想いから、前向きに頑張っていく姿は頼もしくていいなぁと:D 衆人観衆の中でのまな板ショーなどを繰り返す中で、視られることの喜びを覚えていくのもいいですな。 あとはやっぱりセーラー服でストリップというのが男心を擽りますね。 お気に入りは伊織さんのクラスメートであり友人である陽子さんかな。(ヤ)さんの娘さんで、男勝りな気っぷの良さが 魅力的な子ですが、ひょんなことからストリップの喜びに目覚め、トロトロに蕩けた表情を魅せてくれるのが なんとも男心を擽ってくれます。ぷりぷりした乳首を自ら舐めしゃぶる様子もエロくて素敵でした。

ただ残念ながら、終盤は明らかにエピソードが短縮されており、伏線などについても 最終話で無理矢理まとめて終了という形で幕引きされています。 そのため、どうしても消化不良感が否めません。キャラもシチュも良かっただけに無念の一言です。

もう一つの中編「欲求不満の保健の先生」。タイトル通り、欲求不満を抱えた保健の先生が性に目覚めて 男子生徒たちを中心に性を謳歌するエピソードです。他とちょっと違うのはヒロインのいちか先生の趣味が デフォルメした○○○○の絵を描くことというあたりでしょうか(笑 手足がはえてたり、顔が付いてたりと妙にコミカルで可愛らしいイラストなので そのあたり、普段の強面っぷりとのギャップがまた可愛らしいですね。 気弱そうな困り顔が程よく嗜虐心を誘ってくれます。 お預けされておねだりしたり、複数の男性器に囲まれて恍惚としたりと、その積極性もえっちで素敵でした。 第二話で、とある場所から食い入るように男性器を覗き見る姿がまたなんとも間抜けでありつつも 愛すべき感じでお気に入りです。

と、これまで以上にヒロインさんの魅力が際立っており、そのあたり十分に楽しめた作品集でした。 であるが故に、「セーラー服とストリップ」が残念でなりません。 連載中のアンケートなどいろいろと要因はあるのでしょうから、仕方はないのでしょうけれど 正直もっと読みたかったです……orz

(Permalink)



@ 『彼女たちのメシがマズい100の理由』:高野小鹿/たいしょう田中(ISBN9784041004975)。 角川スニーカー文庫新刊。第17回スニーカー大賞優秀賞受賞作品。 メシマズヒロイン達に振り回される少年の受難の日々。

「だから、さ。そろそろ、おいしいって言ってもいいんだよ」

タイトルで興味を持って、カラー口絵でトドメを刺されて購入してみました。 世に数多存在するヒロイン陣の結構な数が所有する毒料理スキルは先鋭化と記号化の 結果として、紫色だったり、ふつふつと泡だったり、嫌な煙を吐いたりと、もはや食べ 物ではない次元へと昇華されていますが、本作はその部分を再解体し、 「現実に再現可能なレベルでリアリティのある毒料理」へと回帰させるという、 誰得だよという展開に挑戦した意欲作となっています。

登場するヒロインは3人。 ほぼ万能ぽややん幼馴染みの紅緒さん。 従妹の金髪英国美少女リリィ・アップルガースさん そしてクラスメートのクール系美少女花菱カロンさんとなります。 そしてそのそれぞれが、独自のメシマズスキルを保有するという嬉しいんだか嬉しくな いんだかという状況。 アレンジャー、味覚音痴、英国etc.など文字通りメシマズの理由が付与されており 実際に作れそうなだけにリアルな嫌さがあります。

ヒロイン陣のなかではリリィさんがやっぱり癒やし度は高いですね。 生活力皆無っぽいのがいかんともし難いですが。

紅緒さんは見事なパーフェクト幼なじみ(料理除く)で、 甲斐甲斐しいお世話の様子はただただ羨ましいばかり。 でも料理だけは…。 彼女の保有スキルを鑑みると、 メシマズ改善の余地がないのが悲惨です。 周りの反応から自分の料理がダメなことは理解していても、 極度の味音痴のため自分自身では分からないという状況ですからね。 葉介に美味しいと言って欲しくて頑張ってるけど、 それが全部逆効果というのはかなり可哀想であります。 それでもメゲない強さが魅力ではありますけどね。 地獄への道は善意で舗装されてるものなのが悲しいことですが。

カロンさんはツン成分というか、それ辛み成分だよね的な(巧いこと言った感) そんなヒロインさん。デレ分は少なめですが、地味にサービスシーン担当だったりと 存在感はあります。てっきり長門かと思ったらそっちなんだ…。

主人公の葉介くん。ややひねくれた子ですが、矜持はもってるのでそれはそれかな。 どんなアレな料理でも作ってくれた以上は食べると、そのあたりはいいですね。 彼が一人暮らしを始めた直後のお金の減り方エピソードが 生々し過ぎて泣いた。すごい身につまされましたよ。

文章面、よくラノベを研究してるんだなーという感じがしますね。 ただラノベらしくしようと言い回しを重ねる部分がぎこちないとか パロディ系がやや上滑り感があるのが今後の課題かと。 あとは全体的にお約束に対する逆張りに腐心していて、 そこが面白みのある部分ではあるものの、 やや、やり過ぎの感も。 このあたりはうまいことバランスをとって貰いたいところです。

途中からあれっと思ったのですが、次巻へと続いています。 日常系のエピソードなので明確な区切りがそもそも付かない作品ではありますが 一度終わらせてしまっても良かったように思います。 まあ、詮無いことですね。 はたしてメシマズ改善が先か、葉介くんの舌が調教されるのが先か… やっぱり調教されるしか手がない気がします。

(Permalink)





Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
◆ここは
ここは東雲さんの崩壊日記改から「かんそーぶん」を切り出したページです。。 18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上お読みください。
★HOME
東雲さんの崩壊日記改
読書感想
Comics
Novels