○過去のかんそーぶん一覧 page.56(2009年03月〜2009年03月)

@ 『Petit-ロイド3(2)』(ISBN4894652730)。 3身合体9変化な、ロリロボっ娘3人を押し付けられた 主人公くんの愛と性欲に爛れた日々漫画(笑の2巻目。阿うん連載中です。 なお、表紙カバーデザインが1巻とか変わっています。 前号の阿うん誌に新デザイン版の 1巻カバーがついてたのはこのせいだったわけですな。

今回もどたばたエッチ三昧なわけですが、 3ロボ娘よりも脇キャラさんたちがかなり出張ってますね、 さすがにいくら9変化でも3人だけではマンネリ感が 否めなかったということでしょうか?(^^; まあ、明るく楽しくお馬鹿でエッチな漫画が読みたい人にはオススメです。 (Permalink)



@ 『ROOM No.1301 #2 -同居人はXXXホリック?-』(ISBN4829162600)。 富士見ミステリー文庫の問題作(当時はね…*1)9ヶ月ぶりの続刊です。 1巻(ISBN4829162244)の感想はこのへん。未読なので詳細は省きますが、かなーーーり待ってましたから楽しみです。

とりあえず、人物紹介のところで爆笑(苦笑 (Permalink)



@ 『鉄腕バーディー(5)』(ISBN4091530753)。 ヤングサンデー誌連載中のリメイクシリーズの第五巻。 作中でも言われてますが、 進展の無いままに状況だけがどんどん混沌としてきてるという状態ですね(^^;;; バーディーの情報を狙って米国ペンタゴンの改造人間がゴリ押しして来るわ 彼女の後任となる連邦捜査官は無茶苦茶するわ、 クリステラ=レビの方もなんか大変なことになってるわと どうにも力押しバーディーの許容範囲を越える事態ばかり…といった風です。 この巻で第一部完ということで一瞬ヒヤっとしましたが ちゃんとそのまま続いてるようでなによりです。 (Permalink)



@ 『こどもの時間(3)』(ISBN487734733X)。 エロ漫画。メガキューブ等で連載されていた長編シリーズの最終巻。 本編に加え番外編2編を収録。

三人の少年による調教を受け続けた女子校生・早紀は 遂に自ら調教を求めるほどに堕ちてしまう。 そんな彼女の痴態を見つめる三人のリーダー格・良一の脳裏に過ぎる 想いとは…。

ということで5年に及んだ「こどもの時間」の物語もとうとう終了です。 今回、エロ的には今までよりも弱めですね。 全体にかなりストーリーの方に寄っています。 で、ストーリーのほうですが、多少好みが分かれそうな感じです。 なんというか感覚が女性作家さんならではというかなんというか。 まぁ、多少ひっかかりは覚えるものの、綺麗に閉まったんではないかと。

エロ。 堕落してしまった早紀が自ら求める姿は非常に淫靡でいいと思いますが 如何せん量が物足りないかなぁ。 調教という意味では前巻の段階で山場は終了という感じみたいですね。 その分は「物語のその後」を描いた番外編でカバーという感じでしょうか。 こちらの方はなかなか良くエロスしてると思います。 ただ、これ先のメガプラス誌に掲載されてまして …どうも作者さんとしても予定外だったようですが… そっちで読んでなければなお良かったんですけどね。 (Permalink)



@ 『Holy Brownie(3)』(ISBN4785924284)。 YKキングダム誌にて連載中…だったかな。 神の使いとして働く妖精・ピオラとフィオのスチャラカ二人組が 現在・過去・未来、果ては宇宙の彼方から次元の狭間まで 様々な場所で人の願いをかなえるて回る、 ごたまぜエログロブラックユーモアファンタジーの3巻目。

今回もドズ黒い話ばっかりですな(笑 童話も神話も死んでしまえと言わんばかりの 六道節大爆発で非常に楽しく読めました。 既存の物語を解体して非常に生っぽく、 かつSF的味付けで再構築し斜に構えて俯瞰する。 そこに見えてくるのは哲学的命題であったり、ささやかな奇跡であったり 人間の愚かさだったり、エロだったり、グロだったりするわけですな。 読んでていい感じに脳みそがシャッフルされますよ。

萌え的にもピオラは小も大も可愛いですし、 大フィオも中身はともかく外見は大変エロスですのでいい感じです。 今回は眼鏡っ娘メイドバージョンピオラと悪魔っ子フィオが個人的にいい感じですね。

このシリーズは強くオススメしております:D 最近のエクセルサーガに満足できない向きは是非こちらをお試しください。 いや、最近エクセル読んでないんですけど<こらこら (Permalink)



@ 『トンデモ本の世界S』(ISBN4872338480)。 毎度お馴染みと学会によるトンデモ本の世界の最新刊。 ずいぶん久しぶりだなと思いましたが3年ぶりだそうで…。 2冊同時発行されてますがとりあえず一冊のみ。 なんで、「S」と「T」なのか最初わからなくて考えてしまいましたよorz (Permalink)



@ みくろさんの『実録コッコロハウス』。 うわー、いいなぁいいなぁ…。 アレ読んだら行きたくなる人多数だと思う(当然私も行きたくなった)ので 非常に羨ましい。 (Permalink)



@ 『Twinkle Smile』(ISBN4883562581)。エロ漫画。夜魔介氏の単行本2冊目。 前の単行本『Twinkle^2 Little^2』(ISBN4883561038)から続く 長編「Twinkle Littele」シリーズの後半と中編一本を収録。 いやー、前のが出たの2001年末ですからね…待ちましたよ(^^;;;;

「Twinkle Littele」シリーズ。 背のちいちゃ〜い*1あのんちゃんと担任教師のアル先生。 そんな二人の秘密の夫婦関係を描いたシリーズも今巻にて無事に完結。 互いに相手を大事に思い傷つけまいとするが故に 相手を傷つけてしまう。そんな不器用な二人の関係が 相変わらず微笑ましいです。 えっち面でも小さい体で精一杯アル先生を受け入れるあのんちゃんが 大変えっちで可愛らしいです。

「Prism」。対照的な2組の姉x弟関係を描いた中編です。 それぞれの話としてはある意味定型的な展開ですが それらが交錯するのが良いですね。お話としては収束してますが もうちょっと見てみたいかなーという気が、ええ孕(以下検閲削除

総じてラブラブな雰囲気な作品が多いですね。 えっちは濃いめだけどお話も捨てないよというスタンスが好感度高いです。 絵的にはまだ十分に進歩の余地があるとは思いますが むにっとした柔らかそうな身体は魅力的です。 ともかくわりとオススメの作家さんですよ。 (Permalink)



@ 『少女少年VII』(ISBN4091493874)。 女装した男の子が女の子として芸能界で活躍するという基本ラインに沿って 続いてきたシリーズもこの巻にて終了とのこと。 小学生向きの学年別月刊雑誌に掲載されていたこともあり、 1年毎に仕切りなおしが入るため、お話としては1巻ごとに完結しています。 今回はいつもと多少毛色が違う「アイドル声優」になってしまうというお話です。

帰り道の電車内で読んでたのですが、 毎度のことながら顔がにやけるのを我慢するのに必死(苦笑 今回の主人公の太一くんもまた可愛らしいですし、 ヒロイン二人も同様です。 お話も毎度のことながら ほどよくラブラブしててほどよくどんでん返しがあって 綺麗にまとまってますので読んでいて楽しいです。 女装少年モノということで敬遠する人もあるかもしれませんが やぶうち先生の絵柄ですからまあぶっちゃけ男の子でも十分に可愛らしいですし 性別による分化がギリギリ微妙な時期の子たちのお話なので 読んでみれば抵抗感は薄いと思います。ということで強めにオススメ。

ああそれにしても可愛い、めちゃくちゃに可愛い。 オタとしての私の第一義は「可愛い絵柄」ですから このシリーズは毎回のようにのたうち回りますよ。 なお、本シリーズに続いてのやぶうち先生の連載は 第二次性長期モノとのことで… 本巻巻末に収録されている予告を見るだけでは…鼻血が…。 (Permalink)



@ 『おな★チャン-雄名川チャンネル製作株式会社-』(ISBN4575829781)。 メンズヤングで連載された同名長編に前後編の短編を加えたものです。 成人マークはありませんが中身はえっちっちです。

テレビ業界への就職を夢見る主人公の滋ちゃん(地味な外見のめがねっ娘)だったが 内定を取った先が就職前に倒産。 当然、既に他の就職口も無く路頭に迷ってしまう。 で、なんやかんやあってやっとこしがみ付いた先が CS系アダルト番組制作会社だったというのが基本ストーリー。 後はなんかAD仕事だけじゃなく番組にも バンバン出演してえっちな肢体を晒してしまうわけですな。

毎回のことながら矢凪氏の女性は感じてしまって ボーっとしてる表情が非常にエロいです。 成年マーク無しですがエロさは結構なもの。 シチュもなかなか凝ってます。 滋ちゃんのキャラクターがまたいいんですよね。 普通だったら完全に脇役の顔なんですが そんな彼女が体張って頑張ってる様が萌えですよ萌え。 こういう子がメインに配置された場合よく途中で「化けて」しまうのですが 彼女の場合はそれが無いのがまたいいです(笑

ただ、全体のストーリーは ほとんどたいした盛り上がりもなく唐突気味に終了してます。 なんか連載も途中半年くらい空いてたりするようで何かあったんでしょうかね? フォーマットとしてはいくらでも続けられる、 またいつでも終われるタイプだったので、 そういう意味での中途半端さは無いのですが 正直言って読み足りないですね。 もっと滋ちゃんの活躍が読みたかったです、ハイ。 (Permalink)



@ 『エマ(4)』(ISBN475771887X)。 コミックビーム誌にて好評連載中のヴィクトリアン朝メイドラブストーリーの4巻目。 ビーム5月号(要するに先月発売分)まで収録。 互いを失った悲しみを胸に秘め、心を軋ませながらも、 それぞれの生活を送り始めたエマとウィリアム。 しかし運命は再び二人をひきあわせるのだった。

いやもう何と言いますか…前半はウィリアムに思いを寄せるエレノアさんが 恋に恋する乙女モード発動しまくりで酷く可愛らしかったりとか 中盤はドロテア奥様魅惑のボディラインでヘロヘロになったりとか 着せ替えモード奥様フフフとかかなり見所が多かったのですが、 もう後半!。後半の展開とコマ運びとエマの表情のその描写。最高です。 もうこのためだけにシリーズ読んでない人は全部買って読めと言いたいくらい。 久しぶりに何度も何度も読み返してしまいましたよ。 連載時にちょっと話題になってたので気にはしてたのですが、 納得ですね。ということで正調ラブロマンスとして強くオススメします。

しかし毎回ながら美味しいあとがきだなぁ(笑 (Permalink)



@ 『あそびにいくヨ!(3)-たのしいねこのつかいかた-』(ISBN4840110905)。 読了。ぽややん暢気で水密桃な猫娘型宇宙人エリスと周辺の人々が 巻き起こすドタバタ喜劇でラブコメな3巻目。 今回は再び舞台を沖縄に戻して、海だ水着だ部活の合宿だというお話。 あとがきで筆者も述べてますがストーリーとしてはほとんど動いてませんが 全体ににぎやかで楽しいドタバタ話でした。 あとラブコメ的にも仕込み完全終了で次からが楽しみですよ:D 仕込まれたオタネタは今回も程よく擽ってくれていい感じだと思います。 とりあえず陽気でどこかのー天気なお話が読みたい方にオススメです。 でもちゃんとSFしてますよ(笑

それにしても次の巻はあれですかね…ブラック魔王が星の屑成就?(意味不明

余談;某チームの皆さんについては 個人的にはこういうクロスオーバーは大好きなんですが 嫌がる人もいそうだなーとかは思ったりとかーとかー。 (Permalink)



@ 『ぱにぽに(5)初回特装版』(ISBN4757512023)。 Gファンタジー連載中の学園不条理ギャグ漫画の5巻目。 特装版では、ガンガン系作家陣による 「見せましょう ○○先生のぱにぽに」(違)を集めた小冊子が付いてきます。 内容についてはまあいつも通りですね。 ギャグとしてオチてるのかどうかすらも分からないのに なんか面白いという非常に難儀な作品です。 たまにストーリー入ったり深いこと言ったりしつつやっぱり不条理だったりするし。 絵はもう完全にこなれきって、女性陣の体の独特の色気がたまりませんね。 隙間万歳、ベッキー万歳!

それはそーと、金田一蓮十郎氏の姫子ちゃんは ウェダかハレにしか見えませんな(^-^; (Permalink)



@ 『女子大生家庭教師 濱中アイ(1)』(ISBN4063633780)。 「妹は思春期」でお馴染みの氏家ト全氏がおくる 週刊少年マガジン連載中のストーリーギャグ漫画…でいいのかしら。 今時あり得ないほど純情な女子大生の濱中アイさんが バイトで中学生の男の子の家庭教師を始めることになったものの、 悪い先輩に「若い男=エロス」と教え込まれてしまったために 微妙にズレた騒動を巻き起こす…という話で始まってます。

が、問題の男の子はとっとと状況に順応してしまい どちらかというとその男の子に淡い思いを寄せる幼なじみの少女が 男の子とアイさんの関係について在らぬ誤解をして振り回され、 そこにくだんの悪い先輩やらその教え子で男の子たちのクラスメートの天然少女やらが 状況を引っ掻き回す感じになってきてますね。

やってることは「妹は思春期」に近いのですが 異常な人ばっかりのアレよりはは常識人が多いためか わりと普通なラブコメ漫画の様相を呈してきてる気も…。 とりあえず「妹は…」では既に失われてしまった萌え視点で読める漫画ですね。 個人的には好きです。 (Permalink)



@魔が堕ちる夜2-デーモニックスレイブ-』(ISBN486032093X)。 二次元ドリームノベルス新刊。 前巻にて仇の魔神の虜となってしまった両翼の魔姫シェリスに 更なる淫蕩な責めが加えられます。 自身の体を掛けたオークションでの公前触手責め、そして徹底的な肛虐。 舞台を移しての3Pレズプレイ&触手責め、 ふたなり化させられた魔姫の下僕である退魔士の少女との激しい交合。 そしてついにシェリスは…。

という感じで、結構期待しての2巻目でしたが、 概ね期待以上の出来で満足でした。ハイ。直接の続刊だけあって 全編に渡って徹底的にシェリスが責められます。 基本的に気が強く魔界の姫としてプライドも高い姫君が その身に加えられる快楽に狂い悶え喘ぎ、最後には自らと それだけ書くと定番ですが、かなりかっちりとした出来です。 基本的な筆力は十分ですし、内容的にもあまり偏りは無い(<ほんまか?)ので こっち系のノベルを読みたい人にはわりとオススメ出来るかと。 今回の展開だとさらに続刊もあり得ると思いますのでちょっとだけ期待かな。 (Permalink)



@ 『格闘新世紀 GO BOUT!(1)』(ISBN4253204015)。 週刊少年チャンピオンにて連載中のパンチラ格闘マンガ。 父の死をきっかけに謎の失踪を遂げた 兄の手がかりを求めて 合豪流空手の使い手・合家豪は 東京都が主催する公営ギャンブル 格闘大会「東京新宿コロシアム」通称S.J.C.へと参戦する…という話。 作者の松本レオ氏はPNを変えての初の少年誌登場です。

連載当初は正直地味な印象で、無理矢理絵柄を変えていたせいか 絵柄もぎこちなくどうなることかと思っていましたが、 絵的な堅さも抜けてきてここ最近は調子を上げてきてますね。 画力的な部分で文句は在りません。 人体にしろ格闘部分にしろ非常にかっちりとした仕上がりです。 女性陣は少ないですが、 ほぼ毎回パンチラを披露してくれるヒロインで 豪くんの幼なじみの少女あかりちゃんや、 SJCの美人ディレクター・レディ・ローズは可愛くて良いです:) 連載の方ではお話もボチボチ盛り上がってきています。

ただまあ、連載分はともかくとしてもこの1巻収録分では どうしても地味な印象が拭えません。 巻末のほのかさん登場あたりまで 来ると結構良い感じになってくるのですが…。 オススメかと問われると難しいところですが、 安心して読める作品ではあります。 (Permalink)



@ 『放課後、教室で。』(ISBN4877347240)。 エロ漫画。コミックメガストアHを筆頭にコアマガジン系の雑誌で 掲載された短編集。 作家の木谷さい氏は 同人でも肛虐ネタを良くやられてる方ですが、 当然のように今回の単行本でもそっち方面のネタが多いです。 雑誌の方でだいたい読んでるとは思うのですが、 まだ単行本にまともに目が通せてないので仔細はまたの機会に。 (Permalink)



@魔が堕ちる夜-デモーニックプリンセス-』(ISBN4860320581)。 二次元ドリームノベルスの既刊です。 ゴスロリの魔界の姫君が罠に堕ちて陵辱される話かな。 購入動機については、『魔が堕ちる夜2-デモーニックスレイブ-』(ISBN486032093X)の紹介内容抜粋をお読みください:D (Permalink)



@ 『お汁娘缶(1)-多汁至上主義アンソロジー-』(ISBN4871826627)。 茜新社の新アンソロジー本。 同社の「ひな缶Hi!」作家陣が執筆してるようだったので購入してみました。 で、タイトルから分かるとおり縛りは「多汁」なはずなんですが…。 個々の作品そのもので見れば、まあ並〜上くらいの出来だと思うのですが 至上じゃないじゃん、リスベクトしてないじゃんと叫びたくなるくらいに どうも縛りに対する意気込みを感じませんよ?(汗 猫玄氏の「ホワイトパレスにようこそ」シリーズ新作とか例外もありますが 全体的にわざわざ「多汁」と銘打つにはあまりにも弱すぎます。 ということでソコに価値を見出した場合かなり微妙なアンソロ本だと思います。 ただし、作家陣はかなり手堅い実力派が揃ってますので そういう線で購入するならアリかと。 (Permalink)



@ 『よつばと!(2)』(ISBN4840226741)。 電撃大王連載中のよつばちゃんの日常漫画。 1巻と多少コンセプトが変わった感じがしますね、 オチと展開がより分かりやすくなって一般向けになったというか…。 あとは、なんだかんだ言って守られているよつばちゃんに対して 現実を突きつけるような話(絵へたじゃん!といちごもーらいっ)が 混じるようになってきていて そのへんが面白くもありますが少々痛かったりもします(^-^;

新キャラも登場してますが、やはり風香ちゃんが可愛いですね。 お肉の余ったところがマニアックでいいのですよ<ぺしっ (Permalink)



@ 『美少女革命』(ISBN4861051193)。エロ漫画。 鈴木美蘭さんの新刊短編集です。 なお、今回から商業PNはひらがな表記の「すずきみら」に変更ということだそうです。 表紙の絵もいつもの感じと少し違うので、店頭で危うく見落とすところでした(^^;; 裏表紙絵なら一発なんですが。 多少古めの作品群とのことですが、絵柄については比較的安定しています。 お得意の女性らしい心理描写や、ディフォルメが効いて丸くてやわらかそうな 女の子が満載です。基本的にはらぶらぶ和姦寄りですね。 硬軟色々と書き分け出来る上に、エロくて読める作品が書ける方なので 個人的にオススメの一冊です。 (Permalink)



@ 『よつばと!(1)』(ISBN4840224668)。 電撃大王にて連載中。既刊です。現在2巻まで発売中。 発売時はあまり興味を惹かれず、スルー掛けてたんですが 最近の評価の盛り上がりを受けて興味がわいてきたので 遅ればせながら購入してみました。 レジで店員さんに「1巻ですがよろしいですか?」と聞かれたのが 人気のほどを伺わせますね:)

結論から言えば、大変楽しく読めました。 これならこの売れ行きも納得です。

お話の方はなんというか…ともかく何気ない日常を ちょっと変わった女の子よつばちゃんが子供らしい 驚きの目をもって見ていく感じでしょうか? 大仰なリアクションが突飛ではあるものの、 あくまでも子供らしさの範疇を超えない (無茶ではありますが)のも良いと思います。 また、よつばちゃんの周辺の大人達 (よつばとーちゃん、ジャンボさん、 お隣のフーカちゃん始めとする3姉妹+かーちゃん) も、よつばを子供として見ながらも、 ちゃんと個として対等に扱っているのも気持ちよいですね。

萌え方向で読めば、やはり風香ちゃんが非常に可愛いですね。 面倒見のよいしっかりした子は大変に好みですよ:D (Permalink)



@ 『護くんに女神の祝福を!(3)』(ISBN4840226857)読了。 電撃文庫の誇る激ピュアラブコメ小説第3弾。 波乱の文化祭も無事に終了し、一段落ついた生徒会の面々は クリスマスに併せて、生徒会長の別荘へ慰安旅行へ行くことに。 護くんと絢子さんのうぶうぶアツアツカップルにとっては 初の大イベントなわけで、二人ともウキウキソワソワ。 さあ、山だスキーだ温泉だ! …しかし、そんな事情とは全く別に遥か西方から ちょっぴりヌケたメッセンジャーが訪れて。

ということで待望の第3巻でしたが、 期待通りのらぶらぶっぷりで読んでてもう悶えるやらなにやら(^-^;;;; まー、言ってしまえば毎回同じようなことやってるとも言えるのですが そう見えて、 ちゃんとゆっくり着実に二人の関係が進んでるのがまた良いのですよ:D 今回も絢子さんの照れ倒しは満載で、可愛くてしょうがありません。 普段はキリっとし、超然とした美少女である絢子さんが護のことになると 一気に蕩けてしまうのがいいんですよねん。 特に今回は、後半の大絶叫大会がバカというか愛らしいというかで 楽しかったです。 あと新キャラさんも結構美味しい子なので注目かな。オススメです。

挿絵は今回かなり頑張ってますねぇ。毎回確実にレベルアップしてます。 特に今回はこうアレでナニなイベントが目白押しですので 大変よろしゅうございました:D (Permalink)



@ 『欲情姫-姫とゆかいな性具(なかま)たち-』(ISBN481281054X)。 エロ漫画。この作者さんの単行本は初購入ですね。 名前はなぜか認識してましたが…。 表題作を含む短編集です。 ジャンル傾向としては らぶらぶモノから凌辱モノまで幅広くという感じですが、ノリは軽いですね。 基本的におバカ色が強いですがナンセンス系ではありません。 女性陣がみんなちょっとぽっちゃりというかふくよかな感じで やわらかそうな温かみがあっていいですね。 こういうタイプも最近はいいなーと感じるようになってきてるので なかなか楽しめました。 絵柄はかなり安定感のあるすっきりしたものです。 特徴は力強い眉毛と前述のぽっちゃり体型ですかね。 快楽に眉をしかめながら、瞳を細め喘いでいる絵が大変にえっちくて良いです。 表紙が目にとまったら中を確認してみることをオススメします。 (Permalink)



@ 『並木橋通りアオバ自転車店(11)』(ISBN4785924217)。 ヤングキング誌にて連載中の自転車と人との関わりを描いたシリーズの11巻目。 今回も様々な自転車とそれに関わる人が登場します。 今回はわりと「変り種」的な自転車は少なめですね。 でも安定して面白いですし、安心して読めます。 今回の見所は私立探偵の黒さんの過去話と、 毎度のアオバ自転車店過去編でしょうか。 どちらもちょっとじんとくるお話でした。オススメのシリーズです。 (Permalink)



@ 『仮面ライダーSPIRIT(6)』(ISBN4063491684)。 マガジンZ連載中。ZXまでの8つの「仮面ライダー」シリーズを 下敷きにしつつ新たな視点で描かれる仮面ライダーサーガ。

バダンの刺客ジゴクロイドを辛くも退けたゼクロス・村雨良だったが 傷を癒す間もなく、新たな刺客カマキロイド・カニロイドが挑戦してくる。 周辺の人間を人質に捕られ、不利な戦いを強いられるゼクロスの運命は?

第二部ZX編に入って、 第一部歴代ライダー編のような1回1回のインパクトは弱まりましたが お話としては普通に面白いと思います。 戦闘シーンも原作の見せ場や設定を 如何にけれん味たっぷりに格好良く描くかに重点が置かれてますから 歴代ライダーで最も内蔵ギミックの多いゼクロスは映えます。 特に今回はゼクロスの体に秘められた秘密もじょじょに明らかになってきますし お話的にも大きく動き始めるところなので要チェックでしょう。

それにしても今回もルミちゃんが無茶苦茶に可愛いですなぁ:D (Permalink)



@ ちなみに前期のクリック数統計*1のTOP10は下記のような感じです。

  1. ことみ大事典:ことみようじ(ISBN4835215672)
  2. みなごろしの学園-デビル17(1)-:豪屋大介(ISBN482911584X)
  3. 超変身コス∞プレイヤー コンプリートDVD(1)(Amazon)
  4. 妃蜜の穴園:TYPE90(ISBN4877347054)
  5. 変態生理ゼミナール:TAGRO(ISBN488653807X)
  6. まま姦(1)(ISBN487182635X)
  7. 悪魔の課外授業:富求乱児(ISBN4896371011)
  8. お、(オコンマ):いえーい富井(ISBN4765907287)
  9. ANZU-記憶の薄片-:霧風(ISBN4829678704)
  10. ぺとぺとさん:木村航(ISBN4757717474)

わーい、エロエロ(笑 非エロが2つしかありません。 「デビル17(1)」が案の定というか強かったですねぇ。 あんだけしつこく煽れば当然という気もしますが(苦笑 「ことみ大辞典」は予想外の検討ですね。 「超変身コス∞プレイヤー コンプリートDVD(1)」については 書き方が大きく影響した好例かなと。

(Permalink)



@ ちなみに前期のクリック数統計*1のTOP10は下記のような感じです。

  1. ことみ大事典:ことみようじ(ISBN4835215672)
  2. みなごろしの学園-デビル17(1)-:豪屋大介(ISBN482911584X)
  3. 超変身コス∞プレイヤー コンプリートDVD(1)(Amazon)
  4. 妃蜜の穴園:TYPE90(ISBN4877347054)
  5. 変態生理ゼミナール:TAGRO(ISBN488653807X)
  6. まま姦(1)(ISBN487182635X)
  7. 悪魔の課外授業:富求乱児(ISBN4896371011)
  8. お、(オコンマ):いえーい富井(ISBN4765907287)
  9. ANZU-記憶の薄片-:霧風(ISBN4829678704)
  10. ぺとぺとさん:木村航(ISBN4757717474)

わーい、エロエロ(笑 非エロが2つしかありません。 「デビル17(1)」が案の定というか強かったですねぇ。 あんだけしつこく煽れば当然という気もしますが(苦笑 「ことみ大辞典」は予想外の検討ですね。 「超変身コス∞プレイヤー コンプリートDVD(1)」については 書き方が大きく影響した好例かなと。

(Permalink)



@ ちなみに前期のクリック数統計*1のTOP10は下記のような感じです。

  1. ことみ大事典:ことみようじ(ISBN4835215672)
  2. みなごろしの学園-デビル17(1)-:豪屋大介(ISBN482911584X)
  3. 超変身コス∞プレイヤー コンプリートDVD(1)(Amazon)
  4. 妃蜜の穴園:TYPE90(ISBN4877347054)
  5. 変態生理ゼミナール:TAGRO(ISBN488653807X)
  6. まま姦(1)(ISBN487182635X)
  7. 悪魔の課外授業:富求乱児(ISBN4896371011)
  8. お、(オコンマ):いえーい富井(ISBN4765907287)
  9. ANZU-記憶の薄片-:霧風(ISBN4829678704)
  10. ぺとぺとさん:木村航(ISBN4757717474)

わーい、エロエロ(笑 非エロが2つしかありません。 「デビル17(1)」が案の定というか強かったですねぇ。 あんだけしつこく煽れば当然という気もしますが(苦笑 「ことみ大辞典」は予想外の検討ですね。 「超変身コス∞プレイヤー コンプリートDVD(1)」については 書き方が大きく影響した好例かなと。

(Permalink)



@ ちなみに前期のクリック数統計*1のTOP10は下記のような感じです。

  1. ことみ大事典:ことみようじ(ISBN4835215672)
  2. みなごろしの学園-デビル17(1)-:豪屋大介(ISBN482911584X)
  3. 超変身コス∞プレイヤー コンプリートDVD(1)(Amazon)
  4. 妃蜜の穴園:TYPE90(ISBN4877347054)
  5. 変態生理ゼミナール:TAGRO(ISBN488653807X)
  6. まま姦(1)(ISBN487182635X)
  7. 悪魔の課外授業:富求乱児(ISBN4896371011)
  8. お、(オコンマ):いえーい富井(ISBN4765907287)
  9. ANZU-記憶の薄片-:霧風(ISBN4829678704)
  10. ぺとぺとさん:木村航(ISBN4757717474)

わーい、エロエロ(笑 非エロが2つしかありません。 「デビル17(1)」が案の定というか強かったですねぇ。 あんだけしつこく煽れば当然という気もしますが(苦笑 「ことみ大辞典」は予想外の検討ですね。 「超変身コス∞プレイヤー コンプリートDVD(1)」については 書き方が大きく影響した好例かなと。

(Permalink)





Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
◆ここは
ここは東雲さんの崩壊日記改から「かんそーぶん」を切り出したページです。。 18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上お読みください。
★HOME
東雲さんの崩壊日記改
読書感想
Comics
Novels