○過去のかんそーぶん一覧 page.17(2011年08月〜2011年06月)

@ 『強制恋愛』:佐波サトル(ISBN9784864160766)。エロ漫画。 純愛果実誌や、一水社系アンソロジーにて発表された短編集。作者6冊目の単行本。 現代劇、基本ラブラブ、ハイティーン〜20代。学生系多め。汁気たっぷり、一部ふたなり、スカ要素あり。

可愛らしい顔つきと、デフォルメ強めの柔らかもっちりボディの取り合わせが魅力的な作者さんの6冊目の単行本。 毎度のたっぷり汁気描写は今回も健在。あっちこっちから垂れ流される体液で全身をぐっちょりと濡らしつつ 快楽に痙攣する女の子たちはたいへんエロチック&キュートです。絶頂後の放心シーンなど余韻を感じさせてくれる コマが配置されてるのがいつも良いなぁと。お掃除フェラ多めなのも気に入っています。

ストーリー面はかなり軽め。場を作り上げるための必要最低限をそつなくこなしている印象です。 ページ数とエロ優先の作りではこのあたりはしょうがない部分ですね。そんな中でも モノローグを上手く利用して物語を全体に配置したり、キャラの性格を強調しつつギャップを作ってみたりと 読み手を飽きさせないための仕事がきっちり押さえられているのは好印象です。

ただ今回、アンソロジー発の短編も収録されているため、シチュエーション的に間口の狭い要素がいくつか。 「おしりの時間」、「アニーバーサリー」、「放課後トイレ」に関しては全てスカ要素があります。 このあたりは苦手な向きはハッキリとあると思われますのでご注意を。 ただ、スカ要素といっても排泄止まりですので、内容的には軽いものです。 正直わたしも得意ではないのですが、排泄行為による羞恥に震える女の子たちの表情は魅力的かなぁと。 …こういうのが「入り口」なんでしょうけれどね(苦笑

いちばん気に入ってるのは「うちの先生」かな。お堅い先生と男の子という定番シチュエーションですが 定番には定番になる理由があるってもんでして…。可愛い男の子の前ではすっかり従順で可愛らしい人になってしまう 先生がとても可愛くて良いなぁと。彼がはじめての相手で、教え込まれてメロメロになっちゃってるというのも○。 気むずかしやの彼女さんもベッドの上ではすっかり開発されちゃっておねだりしまくりという「おねだりねだり」も 彼女さんの様子が可愛くて好きかな。 あとはオドオドふたなり女教師さんと、ちょいS気味な女生徒さんの関係が楽しい「放課後ふたり」も変則レズで ご馳走様でした。

と、収録作品的にやや人を選ぶ感があるのは否めませんが、もっちりした柔らかボディと 快楽と羞恥に震える女の子たちの表情は本当に素敵な作品集だと思います。

(Permalink)



@ 『艶姉-お姉さんの密着授業-』:ふぁんとむ(ISBN9784873063942)。エロ漫画。 レーベルはエンジェル出版のエンジェルコミックですが、 内容は双葉社アクションピザッツスペシャルにて連載された表題長編をまとめたもの。 お隣に住む魅惑の妖艶お姉さんの毒牙にかかっちゃった浪人生くんの幸せしもべ生活。

隣家の佐奈家に回覧板を持っていったりょう君。出迎えてくれたのは佐奈家の長女・かおりさんだった。 女子大生になってその魅力を増した彼女に誘われるまま、りょう君はその童貞ボディを かおりさんに一方的に弄ばれてしまう。そして彼の手元に残ったのはかおりさんのパンティーと 良いというまで童貞でいなさいという命令だけだった。 その後、彼女に会えないままに1年の時が過ぎ、 浪人生となり予備校通いを続けるりょう君の前にかおりさんが再び姿を現す。今度は彼の家庭教師として…。 こうしてりょう君の淫らで妖艶な年上お姉さんに翻弄される幸せな日々が幕を揚げる。 …『艶姉-お姉さんの密着授業-』全9話。

Sっ気強めな妖艶お姉様に気持ちよく弄ばれちゃって…な表題長編全9話。 全単行本では従順ヒロインさんを好き勝手に…というノリでしたが、 今回は逆にお姉さんにいいように振りまわされるお話でした。 物語性はほぼ皆無で、いろんなシチュエーションでかおりさんに振りまわされたり、 たまにちょっと逆襲したりしつつ、とってもえっちで幸せな浪人生活を謳歌しちゃおうという 羨ましいお話です。

最初は回覧板を通して通じ合うお隣のお姉さんとの情事という感じなのですが そのあたりの要素は最初の2話・3話あたりで転換し、その後は 家庭教師もの…というか女教師ものっぽい雰囲気が強くなります。 ぴっちりしたYシャツにタイトスカート、眼鏡にひっつめ髪と どこに出しても恥ずかしくない見事な女教師モードか、 露出過多な痴女衣装の二択(詳細バリエーションあり)状態。 どちらの衣装でも、ぴったりした衣装に溢れ出しそうな豊満ボディを包み込んで セックスアピール過多な状態です。

女性陣は皆さんボンキュボンのご立派すぎるメリハリボディの持ち主ばかり。 そんなワガママすぎるボディを胸元強調しすぎの衣装に包んで、出来上がった見事なまでの谷間はなんとも魅惑的。 男の子なら顔を埋めたくなること請け合いです。ぷっくりと自己主張する乳首もたいへんキュート。 あとはまるまるとしたむっちりお尻も魅力的ですが、どうしてもおっぱいの破壊力が印象的ですね。 唇の強調された誘うような妖艶な口元や、肉厚な舌などもとってもエッチで良いものでした。 あと、個人的に好きなベビードール姿でのエッチとかもあるのが嬉しいところ。

登場するヒロインさんはかおりさんを含めて2名。中盤から、従順わんこ系なミキさんが完全に巻き込まれる形で 戦列に加わります。なんかもう彼女に関しては本当に問答無用で巻き込まれたとしか言いようがないので ご愁傷様ですというか、かおりさんの奔放っぷりにあきれるばかり。まあ、彼女も結局楽しんでるので イヤな感じは無いのですけれどね。タイプの違うお姉さんふたりにこってりと搾り取られる日常が 堪能出来ます。

絵柄、仕上げに関しては安定しているものの、 たまに仕上げの粗い回があるのはちょっと気になりました。 とはいえ、大きなマイナス要素とまでは言えません。 難しい要素は一切抜きで、 ちょいSなお姉様に振りまわされたい向きにはたいへん魅力的な作品かと。

(Permalink)



@ 『奥ノ細道 オブ・ザ・デッド』:森晶麿/天辰公瞭(ISBN9784569676715)。 スマッシュ文庫新刊。作者さんのデビュー作。 どこからともなく現れた屍僕と呼ばれるゾンビによって占拠されつつある大江戸から その原因を辿るために旅立った松尾芭蕉とその弟子・曾良の屍臭に充ち満ちた奥の細道地獄旅。

時は元禄、五代将軍綱吉の治世。 江戸の街は『屍僕』と呼ばれる歩く死体によって占拠されつつあった。 屍僕に噛みつかれたものはまた屍僕となり、 瞬く間に増えていく死霊たちの前に生者たちは次第に追い詰められていく。 事態の原因究明と打開のため、幕府側用人・柳沢吉保は自らを「がらくた」と 称する美しき俳諧人・松尾芭蕉を最初に屍僕が現れたと思しき伊達藩へと向かわせる。 芭蕉が旅の道連れとして選んだのは 屍僕となった姉を殺害し、心が砕けた少年であった。 芭蕉により「曾良」という新たな名前を与えられた少年は、 姉の衣装に身を包み、姉が愛した男に嫌々ながらも同行することとなる。 こうして始まった二人が辿る屍臭に満ちた旅路。その先に待つものとは…。

発表時にタイトルのインパクトでグッと掴まれた本作品。 おそらくは有名な俗説の芭蕉忍者説を採用したのだろうなとまでは想像ついたものの 内容的には正直未知数。どんな仕上がりになってるかと思いながら読んだわけですが 良い意味で裏切られたというか予想を上回った、なかなかのエンターテイメント作品でした。

物語の視点は芭蕉の弟子となった「曾良」くんを主軸に据えて展開されます。 この曾良くんが、あらすじにも書いた通りに、物語開始時点で精神的にぶっ壊れており 身につけた衣装の元の持ち主の人格を模倣しながら自らを保っているという状態のため 新しい衣装を身につけるたびにしゃべり口調が代わったりと、 正直まともな状態ではありません。 そしてもう一人の主人公でもある松尾芭蕉…曾良くんに言わせれば「せんせぇ」の方も これまた見事な変態・変人の類でして…普段から風流の世界に住んでて 視点が人と違うわ、どんな危険な状態であっても風流に囚われると使い物にならなくなるわ、 芭蕉ですし、奥の細道ですから、当然句を詠んだりするわけです。 殺伐としまくりの現実から、読み出される句の解釈っぷりがなんとも強烈で たいへんに印象的でした。

そんな二人の珍道中。 基本奥の細道の旅ですので、あっちこっち寄り道しながらの旅なのですが 屍僕たちは絶え間なく襲いかかってくる状況で侘び寂などほど遠い現実が待っています。 そんな旅の中で、すこしずつ二人は事件の真相に近づいていくわけです。

そして、道中に巡り会う人間たちはどこか狂った奴ばかり、 サブで登場するキャラクターたちもばんばん死んでいきます。 このあたりは極めて「ゾンビ物」として正しい姿勢ですね。 また、よくある結局怖いのは生きてる人間でしたという話はよくありますが、 本作では屍僕さんたちの怖さも半端ありません。 人間や犬程度は無論のこと、多種多様な動物たちも屍僕として登場します。 このあたりは小説の強みであると思いますが、本気で怖すぎです。 こんなもん生き残れる気もしません。 まあ、芭蕉さんたちもしっかり無敵なのですけれどね。

構成的には美味しいイベントシーンのより集め的な感じで 細かい旅の道程などはかなり思い切って端折られています。 状況もあっという間に二転三転し、非常にテンポ良く物語は進んでいくため ぐいぐいと読めます。全体的に重っ苦しい雰囲気な展開なのですが 半ば夢うつつに生きているような曾良くんの視点から語られる世界は 殺伐としながらもどこかのんびりとした空気も漂っていて 世界観をマイルドにしてくれているかと。

で、私も奥の細道の正確な道程は把握してなかったので調べたわけですが… これ全然終わってないですよね?(苦笑 物語としては一つ大きな区切りを迎えていますが 芭蕉の戦いは始まったばかりだからな!!と言われればその通りでして…。 売れれば続刊出るとは思いますが、是非続きが読みたいので、気になった方は 出来れば購入して読んでいただければと…。 良くも悪くもエンターテイメント性第一な感じですので、楽しむことを第一に 読む向きにオススメしたいところです。

綺麗な「お山」なお姉様がたも大量に登場しますが メインが美形な男二人ということもあって BL的な雰囲気はかなり強めなのでそっち向きの反応も見たいところ。 挿絵も全体的に耽美寄りですしね。放置遊戯でニヤニヤする芭蕉せんせぇマジ鬼畜。

(Permalink)



@ 『囚人リク(2)』:瀬口忍(ISBN9784253205887)。週刊少年チャンピオン連載。 曲者揃いの刑務所を抜け出し、恩人の復讐を…不屈の心を持つ少年が挑む、最凶刑務所脱獄記2巻目。 第8話から第16話までを収録。

雑居房への入房早々、「第27木工場」のボス「佐々木レノマ」に目を付けられてしまったリク。 陰湿な虐めの末、レノマへ挑戦状を叩きつけたリクは、第27木工場ルールNo.6 ラグビーで レノマとの決着を付けることになる。しかしそれは勝負とはほど遠い公開処刑の場であった。 圧倒的な体格差と四面楚歌の状況の中、勝ち目の見えない勝負に挑むリクの運命は…。

2巻目はラグビー篇の決着までがメイン。この巻はともかくレノマの変わりっぷりが見所ですかね。 強敵ほど良い友となるというのを地でいく感じですが、負けん気だけで体格的にも技術的にも 特に見るべきモノのないリクの真っ直ぐさが、ぶつかったものの心を融かしていく様が みっちりと描かれます。正直連載で読んでたときはラグビー篇はやや単調さを感じていたのですが こうして単行本で通して読むとそのへんの印象はやや違って見えますね。 戦いの中でリクが背負っているものを垣間見て、憑きものが落ちたような晴れやかで穏やかな表情を魅せる レノマが極めて印象的でした。

絵的には、「いい男」の数が続々と増えてくるのがこのあたりから。筋骨隆々のレノマや 次の敵役たちなど、男むささは大爆発ですが、それでもいい顔した連中が多いです。 女性人気が得られるのかはちょっと正直よくわからんのですが、このあたりが人気を得られるかの どうかの鍵なんだろうなぁと思ったりとか。

フォーマット的にはチャンピオン系お得意のヤンキー漫画フォーマットを踏まえつつ 安定感はある展開だと思います。あとは読者の興味をいかに途絶えさせないか…でしょうね。 まだまだ脱獄にはほど遠いですし、きっちり描ききるところまで続いて欲しいものですが…。

(Permalink)



@ 『人妻さんといっしょ♥』:東西(ISBN9784887744042)。エロ漫画。作者2冊目の単行本。 COMIC Mujin誌にて発表された連作短編集。表題通りに人妻さん、未亡人、お姉さん成分多め。学生さん同士も1本あり。 瑞々しく美しい妙齢の女性たちと若い男の一時の過ち。だからこそ関係は熱く盛り上がり…。

タイトルと表紙絵に惹かれて、店頭でパラ見の上で購入。 頭身高めでややリアル寄りながらも、顔などはすっきりと愛らしい漫画らしい造形で馴染みやすい絵柄ですね。 ボディラインも過度のデフォルメの無いすっきりとした、しかし瑞々しさのある美しいものです。 女性キャラ陣は美人ながらも暖かで、清楚さと可憐さを持つ方ばかり。 人妻や未亡人ではありますが「若妻」という 言葉がしっくり来る感じの年増感の無い若々しさを保っています。 そんな黒髪美人が若い男との激しい交合で千々に乱れ、よがり狂う自分への羞恥に顔を赤らめる様は なんともキュートかつエロティック。追い立てられるままに涙と涎で顔をグチャグチャにしながら極める絶頂の姿は 否応なく読み手の嗜虐心と保護欲をくすぐってくれます。 甘えたり甘えられたりの状況の移り変わりがあるのも、年上相手だといいですね。

ストーリー面は全体的にオーソドックスなもので、悪く言えばテンプレ的な感じですが 浮気ネタなどでも過度にじめじめと重くすることなく、軽やかな読み口に仕上げてあるのが印象的ですね。 だからといって登場人物たちの意志や想いが軽んじられているわけでもないという絶妙なバランスが見所です。

気に入ってるのは…まあ人妻未亡人スキー的にはどれもツボなんですが… 「奥さん、花屋です!」シリーズかな。身体を持て余し気味の奥さんと若い好青年のひとときの浮気ネタですが この奥さんの無防備っぷりと、かと思えばな大胆行動っぷりが非常によろしいなぁと。 あんたどんだけ身体持て余してますねんというか:D____ まあ、美人若妻にこんな迫られ方したらたまらんですわ。 かといって淫乱万歳というわけでもなく、あくまでも清楚な奥さんなあたりがあざといよなぁと。 「追憶の未亡人」2篇は極めてストレートな未亡人もの。喪服エロな1篇めはもちろんのこと、2篇めのおろし髪姿も たいへんにエロティックで良いものでした。抑圧から解放された女の顔的なアレで:D

私の属性的に人妻ネタや未亡人ネタを中心に触れましたが、「隣のOLさん♥」ではイケイケなお姉さん、 「サマーメモリーズ」ではろりーな青い体験や、学生さん同士の初々しいエピソードなども描かれており 色々な方向への可能性が感じられる一冊だと思います。表紙が気になったならチェックして損はないと思いますよ。 私的には積極的に新作チェックしていく方向で:D

(Permalink)



@ 『碧海のAiON(8)』:影崎由那(ISBN9784047127395)。 ドラゴンエイジ連載。”海から来るモノ”たちを殺すために永劫の刻を生きる魔女の少女に訪れたつかの間の平穏…だがそれは終末へのカウントダウンでしかなかった。現代ダークファンタジー新章開幕の8巻目。

海のモノたちによる学園襲撃事件から4年の月日がたった。 事件の全ての責任を被る形で学園から姿を消した星音は 今も変わらず達哉の屋敷で暮らしていた。 人魚たちの言葉の通り蟲憑きもぱったりと姿を見せなくなり、 永遠に続くのではと思われる平穏な日々… しかしそれは終わりの始まりへ向けての 仮初めのものでしかなかった。 海深く蠢く人魚達…彼女達が待ちわびる「運命の日」とは。 物語は再び動き始める。

あああ、達哉きゅんが育っちゃったぁぁぁ(泣<………… 4年たって背丈も伸びてすっかり好青年風になっちゃった達哉きゅん。 まあ、司さんとの組み合わせ的には良い感じな気もしますが:D 月日はたっても舞台は同じなので それ以外のキャラクターたちもちょっとずつ成長して再登場してますね。 当然時間の止まった人たちはそのままですが。 たくましく成長した美凪ちゃんが微笑ましいやら心強いやら。

ホームレス女学生からヒキニートへクラスチェンジした星音ちゃんは 良くも悪くも相変わらずといった風情で殴る蹴るの暴行三昧と 今回もヒロインの形にはまらない大暴れっぷりがひかってましたね。 そして正統派悲劇のヒロイン街道を爆走するしーちゃんが これまた美味しい位置に食い込んでてなんともはや。 やることやってるなぁ達哉きゅん:D 

あとは敵役としての人魚たちがかなり分かりやすく描写されはじめていて 物語の構造部分はだいぶ見通しが良くなった感じですかね。 正体のしれない相手という怖さは減りましたが、文字通りのバケモノ然とした 人魚達の様子もこれはこれでホラーですけどね…。

あとがきでも触れられていますが 今回の収録分はちょうど東日本大震災の時期と前後して描かれていたもののようです。 当初の予定では人魚たちの言う「運命の日」の審判とはつまりは…そういうことだった ようですが、さすがに今の状況でそのまま描くわけにはいかないと判断されたようで 展開自体は変わっていきそうですね。

まあ、よく言えば先が読めなくなったということでもありますし、 どういう風に展開していくのか期待です。次巻も殺伐ラブコメに血の花が咲きそうですしね。のーぱんつ的な意味で!!<……

(Permalink)



@ 『少女×少女×少女』:赤月みゅうと(ISBN9784887744011)。エロ漫画。COMIC Mujin誌にて発表された中短編集。 仄暗き幻夢の中で繰り広げられる少女たちとの酒池肉林の宴。 黒系ハーレム乱交、白系ハーレム乱交、初めて同士の初体験。

作者さん2冊目の単行本。 中短編集ですが、短編に関してもページ数は潤沢に配されており、それぞれ読み応えのある作品集となっています。 Mujinというエロ濃度の高い雑誌においても、かなり物語性を重視した作風となっていて、 ライト系もダーク系も時系列一直線的な単純な構成にはなっていません。 こういう(エロ漫画にしては)多少凝った構成だと 読み込むほどに味が出るという面もあるので個人的には嫌いでは無いですね。

絵柄は今の流行りからすればやや地味めではありますが、純朴なヒロイン陣は皆それぞれに愛らしい印象で ホッとするイメージです。女性陣の体つきはスレンダーというよりは凹凸がなだらかなな娘さんが基本線。 ほのかな膨らみさんが目立つ感じですが、巨乳さんもしっかりと居ます。お尻は安定感のある安産型かな。 背中とお腹のまるくなめらかなラインが特に印象的ですね。

そんなヒロインさんたちが文字通り大挙して一人の男に群がり、男性の生態を探りながら 自らの性欲をどん欲に満たしていく…そんな夢のような酒池肉林のハーレム展開がたっぷり詰まっているのが 今回の単行本の一番の見所です。全身に群がる全裸の少女たちに身体中を舐め回され、快楽のままに 欲望を放つ、そして無数の穴へと欲望のままに逸物を突き入れてはまた放つ…。 言葉少なにただただ快楽を貪る男と少女たちという構図は文字通り破壊力抜群です。 見開きを大胆に使っての決めコマなども迫力があって良いですね。このあたりはやっぱりMujin系強いですわ。 ぷっくりと柔らかそうな秘部を指や逸物でかき混ぜられては快楽に咽ぶ少女たち。 その小柄な肉体を思いのままの体位で貪り尽くす…男の欲望ここにありという感じでたいへんに満足度高いです。

ただ「祭子」に関しては、ややストーリー面とエロ面のバランス取りに苦労の跡が見えます。 全体のページ数自体がかなり多めなのでそちらである程度はカバー出来ているのですが、 中盤は幻想要素を持つ展開も相まって判りやすさよりも、感覚的な面が優先されています。 なので、細かい部分でやや納得し辛いというのが正直なところです。 とはいえ、オチは分かりやすくすっきりとしたものとなっているので、読後感は悪くありません。

一方、ライト要素が強めの短編(といっても40ページもありますが)の「エンティエンヌ・ドゥ・シルエット」や 「モラトリアム少年×少女」などはほどよいバランスで、物語もエロもしっかりと楽しめる作品に仕上がっている印象です。

一番気に入ってるのは「エンティエンヌ・ドゥ・シルエット」かな。 ややコメディ色は強いですが、百合っ子さんのビビッドでありながら繊細な野望が爽やかかつしたたかで 微笑ましいです。まあ、巻き込まれたセンセは……まああんだけやれりゃ本懐だよな!!うん(苦笑 イキロ…。 エロシーンはがっつりと酒池肉林のハーレム乱交プレイで、個性豊かなヒロインさんたちを味わい尽くせる 素敵なものでした。お尻の穴とか玉袋とかに愛おしそうに吸い付かれるのっていいよね!!<……

とまあ、一竿的ハーレム乱交がお好みなら要チェックな一冊かと。愛らしい娘さんたちとぎゅっと身体を寄せ合って たっぷりラブラブしたい向きはマストバイ。やあ、一度で良いからこんな目にあってみたいねぇ(遠い目

(Permalink)



@ 『でぃーエッチ!-ひもろぎ百嫁語-』:高津(ISBN9784887744028)。エロ漫画。 COMIC Mujin誌、COMICミルフ誌にて発表された中短編集。和洋折衷人外さん大集合の淫蕩エロス。

作者さんのティーアイネット系では初となる単行本。2本の中編を中心に構成されています。 たっぷりお肉を詰め込んだ弾力のありそうな張りのあるボディの女性陣の魅力はそのままに ティーアイ系らしい濃いエロを詰め込んだ一冊です。 毎度ながらこの女性陣のむちむち具合がなんともいえないほどに魅力的ですね。 お肉はたっぷりめですが、全体的にキュッと引き締まっていて押し込めばはじき返して来そうな 独特の弾力感があります。そんな質感で表現されるボリュームたっぷりの乳房や臀部、そして太股の魅力を引き立てる M字開脚やまんぐり返し、騎乗位などの体位、構図が多用されているのも注目点かな。 あとは作者さんの趣味か、マニアックな要素もちょこちょこと入っててそのあたりもいいですね。 女性のふんどしとか未亡人とか未亡人とか未亡人とか<……

メインとなるのは表題作でもある中編「でぃーエッチ!-ひもろぎ百嫁語-」。 Mっ気の強い濡れ女の雫さんを筆頭に、ツンデレさとりの耶麻子さん、子持ちの未亡人土蜘蛛・萩さんという3人を中心に その他続々といった感じで、若い子も妙齢の奥様たちも取りそろえての魅惑の子作りハーレムモノです。 妖怪娘さんたちはそれぞれ特殊能力は持ちですが、別にモンスター化などはしませんのでご安心を。 どの娘さんもそれぞれに魅力的で、手を変え品を変えで濃密な交合シーンが用意されており眼福度は高いです。 特に気に入ってるのは…まあ属性的には土蜘蛛の萩さんですかね。 亡くなった夫に操を立てていたのに、手籠めにされて新しい男の逸物の虜に されてしまうと…まあ見事なまでに未亡人堕落テンプレっぷりが良い意味で光る展開がグッと来ます。 「こんなオバちゃんなのに先生の新妻になりましたぁ♥」とか堕落モノローグの破壊力が半端ありません。 あとはこちらも見事なテンプレツンデレっぷりが光る感じのさとりの耶麻子さんもたいへんツンデレ可愛くて良かったですね。 「さとり」なものだから嘘のない相手の欲望をダイレクトに感じてしまうというのもツンデレ要素と相まって 良い味をだしていました。尽くす感じのツンデレ娘はいいですのぅ。

もう一つの中編「隣の淫魔さんは嗤う」は、過去の単行本でもあった淫魔な奥さんシリーズに連なる感じの作品。 あらあらうふふ系なのに悪魔なのでサドという凶悪なお姉様に責められまくるショタっ子というシチュエーション はなんか新しい属性が目覚めそうで危険です。この良いように弄ばれる感はたまらんものがありますね:D 高津先生の姉ショタでお馴染みの女体布団に埋もれるショタっ子シチュもばっちりありますのでご安心を。

9割方人外さんと今回もややマニアックな面はありますが、受け入れがたいほど奇抜な内容ではありませんので そんなに気にするようなものでもないかなと。ないぺたさんも居なくはありませんが、 基本的には成長しきった美女美少女が中心です。難しい要素はほっといて全力で魅力的な女性陣との たっぷりのねんごろエッチを楽しめる作品集となっていますのでオススメ度は高いかなと。 お話要素は弱めなのでそこを重視する方はご注意を。

(Permalink)



@ 『猛獣注意・厳』:第六天魔王グレート(ISBN9784864160476)。エロ漫画。 富士見出版のCOMIC桃姫、一水社の純愛果実、美少女的快活力などにて発表された連作短編集。 ドキッ!筋肉美女だらけの○×大会!!ポロリもあるよ!!!(本当に)

漫画と劇画の中間的なリアル調の絵柄でボディビルダー的な筋肉美女を描き続ける作者さんの 実に9年ぶりとなる2冊目の単行本。収録作は2001年を中心に新しいものでも2007年とやや古めの作品集となっています。 とはいえ、作風は当時から出来上がっており、絵柄の変遷についても大きく気になるものではないかと というかそんなところよりも別のところが気になってしょうがないと思います。そう、筋肉が。マッスルが。 近作ではデジタル移行されているようで、 描き下ろしとなるフルカラープロローグにしてアフターな「BEGINNING-女傑邂逅-」などは全てPC処理ですね。 収録分のモノクロ原稿に関してはアナログ原稿と思われます。元々トーンワークよりはペン線による描き込みで 筋肉などは表現されているのではっきりとは判りませんが。

なんかこれまでで一番筋肉という文字を打ってる気がしてしょうがありませんが、なんと言ってもそれがウリの 作者さんなのでしょうがないでしょう:D 割れた腹筋などは当然で 全身をくまなく覆う筋肉の鎧と、盛り上がりすぎた上腕、 ご立派すぎる肩幅に腰からはみ出す極太の太股を女性陣はほぼ標準装備。 見るからにパワフルな豪快お姉様は元より、顔だけ見れば美少女な皆さんもボディは鋼の如くという徹底ぷり。 対してたわわに実った乳房は相対的に柔らかそうで、しっかりと「女性」を感じさせてくれます。 また交合シーンでは豪放なだけでなく可愛らしい一面も覗かせてくれるのが良いですね。 このあたりの剛柔の使い分けが巧みだなぁと唸らされます。

掲載作は全体に軽めのノリでコメディ色が強いものばかりです。 やや強要系の展開もありますが、あくまでも自分の欲望に忠実に。 喰ったり喰われたりの互角の戦いが繰り広げられます。 どれも生き生きとしたキャラクターが織りなす愉快な物語ばかりですね。

とまあ、一般的な美少女漫画と比較すると飛び道具の塊…というか鈍器というか鉄塊というか…ですが 手軽なエロコメとして楽しめる作品集ではあると思います。キャラのつながりとか この単行本だけだとちょっと入りづらい面はありますが、オンリーワン的なこの筋肉っぷりは 趣味が合えばたまらんと思いますので:D__ ニッチなのは間違いありませんが、 筋肉の美しさに目覚めるには良い本だと思いますよ。 なお、前単行本「猛獣注意」はDMM.comでDL販売されているようですので合わせてどうぞ:D 子細はググれ。 (Permalink)



@ 『にくよくかのじょ』:さいだ一明(ISBN9784864360845)。エロ漫画。 COMICメガストアHを中心に掲載された短編集。 軽快なラブコメディからダークな物語まで。積極的な女性陣による淫らな物語集。

前単行本から2ヶ月というハイペースでの今巻はコアマガジンので発表した作品を収録した短編集となります。 コアでのデビュー作であるメガGOLD掲載の「網と蝶」のみ2008年の作品ですが、他の短編はここ1年ほどの掲載作となり 作画のクオリティ面は安心安定の仕上がり。さわり心地のよさそうなもちもちした身体の美少女たちが 自ら積極的に身体を開いて迫ってくる様子はなんともドリーミングでかつ眼福の一言。 トーン処理で表現されたしっとりと吸い付くような女体の柔らかさはなんとも気持ちよさそうでたいへんに良いですね。 おっぱいは元よりほぼ無毛の秘部やお尻、ふとももから二の腕にいたるまで、擦りつけたくなること請け合いです。

登場する女性陣は皆さん一癖ある方ばかり。初心な様子でも裏に逸物あったりと一筋縄ではいかない感じなのが面白いところ。 とはいえ、どの方も自分の欲望には忠実というか、しっかりと性欲を持って手を変え品を変えで ぐいぐいと迫ってきてくれる子ばかりですので、男性としてはうれしい悲鳴かなぁと。弄ばれるもまた良しよとね:D

どれもお気に入り度は高いのですが、一番は「スレイブ」かな。 3P、4Pプレイと豪華なのもそうですがともかく衝撃のラストを見逃すな的な…? 黒展開のインパクトは十分でした。 あとは「バブルスヘブン」と「ラブ♥スパへようこそ」かな。…いや、お風呂場プレイ的なの好物なので:D 前者はツンデレさんがたいへん美味しいですという感じですし、後者は3P展開美味しいですという感じで どちらも独特の味わいポイントが用意されていて満足度高め。 筋肉美女に襲われたい!!な「ミックスアップ」は作者さんの趣味がよく出ていて良いモノだったかなと。 がっつりと書き込まれた上腕二頭筋やら腹筋はたいへん美しくて良いモノでした。 やっぱりこっちは編集さんには嫌われるみたいですけれどね(苦笑

と、バリエーションに富んだ短編集で正直文句の付け所はありません。あとは好みの問題くらいでしょうね。 心からオススメ出来る一冊です。是非、女の子の身体のやわっこさを存分に感じていただければと想います。

(Permalink)



@ 『チェリーブロッサム!(1)』:茶菓山しん太(ISBN9784832240483)。4コマ漫画。 まんがタイムきらら連載。美人で可愛い先輩二人とのドキドキドタバタ園芸部ライフ♥

草花を愛する新入生の男の子・日吉大咲が入部した園芸部に居たのは 美人だけれど色々残念な女の子先輩ふたりだった。 一見清楚な黒髪美人だが実態は下ネタ大好きドSのセクハラ女王様・大倉山ゆう。 天真爛漫元気印だけれどド天然で無防備すぎるポニーテール少女・綱島火文。 ふたりときたら健全な男の子の前でいきなり着替え始めるわ、 スキンシップは過剰だわ、猥談は仕掛けてくるわと やりたい放題、そんな二人にいぢられまくって日吉くんはグッタリ気味… でも嬉しくもあったりして複雑です…男の子だからね!! そんな3人の繰り広げるドタバタ園芸部ライフはじまりはじまり。

連載読んで気に入ってたので待ちに待った単行本化です。 美人の先輩ふたりに振りまわされる草食系な男の子の受難…と一言でいえばそういうお話。 色恋沙汰とはやや縁遠い感じですが、可愛い先輩…それも二人も…に全力で絡まれてるつーのは やっぱりこう男の子的にはね、嬉しいじゃないですか、正直。そんな感じのうれし恥ずかしい展開を ニヤニヤしつつたっぷりと堪能出来る作品です。 部活ネタで、部活動もしっかりやってはいるのですが基本的には他事して遊んでる感が強いですかね。

ヒロインの先輩2人はどちらも基本的に良い人なのですが、どこかしら突き抜け気味な困ったサン。 ともかく健全な男の子には全体的に刺激が強すぎるという意味で手に負えない感じですね。 どちらもスタイルは抜群だわ、タイプは違えど顔も美人だわで基本スペックが高いのに 徹底的に無防備だったり、むしろ猥談大好きで積極的に見せに来たりと存在自体がエロましいことこの上無い。 かと思ったら実は男性に免疫なかったり、暗いところで異常に怖がったりと 保護欲をそそるような一面も見せてくれたりするものだから…あざとい…この二人あざとい…と言わざるを得ません。

どちらの先輩も大好きですが、あえて一人選べと言われれば…火文先輩かなぁ。 ふんわりヘアーをたっぷりポニーテールにしたひまわりが似合いそうなほんわかした元気印な人です。 なんかもう全体的にあたま撫で回したくなるよね、この人は。仔犬的な。 その無防備っぷりや近すぎる距離感も見逃せないっていうか まわりの男の子勘違いしまくりますぞ、こんなん(苦笑

女性キャラは他にも大咲くんLOVEなやや病み実妹ちゃん、大咲くんが気になる典型的幼なじみちゃん、 ズボラ全開露出全開な発明大好き顧問女教師などと選り取り見取り。 絵柄も可愛らしく、作画面もかなりしっかりと書き込まれ完成度も高いので表紙が気に入ったら 買って損はありません。コメディやギャグのキレもよいですしね。 現在のきらら連載陣でもかなりの注目株ですので是非チェックを。オススメですよ:D

(Permalink)



@ 『この世を花にするために(1)』:松本ドリル研究所(ISBN9784537127690)。 さくらハーツ誌連載。表題長編ロボット浪漫の1巻目。

緑豊かな田舎町に暮らす少年・良太郎。 自然の中を日々駆け巡り、ロボットアニメを愛する彼は 美しい姉3人に愛されながら健やかな日々を送っていた。 東京の高校への進学を控えたある日、 町にやってきたという「機動隊のロボット」の噂を聞きつけ向かった先で、 良太郎はひとりの少女、そして彼女が操る巨大ロボット兵器と出会う。 少女「ラビアンローズ」とバイペットトルーパー「タヂカラオ」… 縁結びの伝説を持つ荘厳桜の木の下で起きたこの出会いは良太郎に何をもたらすのか。

以前チャンピオンREDで掲載されていた同作者さんの作品である「このはな」の世界観を継承した作品。 タイトルもある意味そのままですし、仕切り直しとも言えるかと。 巨大ロボットが存在し、世界の人々に認知された世界でロボットに憧れる少年が 運命に導かれるようにロボットパイロットへの道を進んでいく…という感じで、王道的なストーリー展開。 第一巻は物語の基本設定+プロローグという風で本番は次巻以降な感じです。

もっちりとした独特のデフォルメを施された可愛らしいキャラクターが作者さんの持ち味ですが 本作もそのあたりは当然継承。ヒロイン?ならびあんろーずさん(偽名)や、 良太郎の3お姉さんズな楓さん、梓さん、初音さん(柏木4姉妹ではありません)、そして憧れの人・千鶴さん(柏木以下略)と 女性キャラ陣はどの方もラブリーで柔らかそうでたいへんキュートです。 強調されるおっぱいやお尻のエロさは脱いでなくても眼福ものでたいへんによろしいかと。 直接的なエロ要素は薄め…たぶん薄めですが、用を足してるシーンを目撃されたり 東京のど真ん中で集団裸踊りしたりとコメディチックなえっち要素は多めです。 褒められてにひにひと照れたおすらびあんろーずさんのシーンがたいへん可愛かったなぁと。

ドタバタとしたコメディ的な雰囲気が強めとはいえ、 メインラインはあくまでもひとりの少年の辿る運命の方というのは明確で なかなかに熱い感じの仕上がりだと思います。強い憧れに導かれた良太郎くんがどういう道を辿っていくのか それにヒロインさんたちがどう絡んでくるのか、何にしろ次巻かなぁと。

(追記)ちちくらべご馳走様でした!!(何

(Permalink)



@ 『その手をとって』:ベンジャミン(ISBN9784863492356)。エロ漫画。 COMIC RIN誌にて連載された表題長編をまとめた一冊。転入してきたばかりの少女に襲いかかる謎の触手。 触手の宿主とされた少女達を中心に災禍は人知れず広がってゆく…濃密な快楽と共に。 触手、学園、百合、ショタ、スク水、白スク水など。

高校へ転入してきたばかりの少女・沼部弥月。父親の転勤による度重なる転校から 孤独を好むようになっていた弥月だったが、世話を焼いてくる 隣の席の少女・霧島結子の姿にときめきを覚え、そんな自分に動揺してしまう。 そんな不確かな気持ちを誤魔化すように一人不慣れな学園の中を彷徨っていた弥月。 しかし偶然訪れた旧校舎の古びたトイレで突如現れた「触手」に襲われ、その純潔を奪われてしまう。 夢か現か定かではない体験の後、 謎の疼きに苛まれるようになった弥月は「触手」が自らの体内に宿っていることに気づき…。 弥月を突き動かす想い人への激しい衝動、それは果たして触手がもたらすものか、 それとも……『その手をとって』全8話+外伝。

作者さん6冊目のマーク付き単行本かな? 今回は一冊まるっと触手系長編という掲載誌考えるとなかなかチャレンジ精神に溢れる内容です。 キルタイム系だったら全然驚かないんですがね:D お得意の学園、セーラー服、スク水、白スクなどの要素と触手をタップリと絡めて絡めて絡めまくって 爽やか(?)な百合物語を妖しく彩ってくれています。

今回もトーンの使用を極力抑え、黒ベタと白ヌキのコントラストで画面を魅せる独特の画風は健在。 例によって入念に書き込まれた乱れ髪やほつれ髪が演出する妖艶さに、今回は触手さんがさらにプラスという豪華仕様。 またコマ割と構図のバリエーションが広がって、画面のメリハリが以前よりもハッキリとしている点は注目かなと。 単純に漫画としての完成度がより高まってると言えましょう。まあ、まだアップのコマが 何なのかが判りづらいときはあったりもしますけれども、そのへんもだいぶ改善されてるかと。

今回の白眉はやっぱり触手さん。腸のような肉管状のものが触手としては代表的なものだと思いますが 本作では黒ベタで表現された、蛇の体表のような独自の文様と輝きを持つ触手となっています。 これが白く瑞々しい女体にまとわりついて這いずる様子はそのコントラストも相まってたいへんにエロく仕上がっています。 先端にはイソギンチャクのような細かく柔らかそうな繊毛を称え、 それらによって少女たちは乳首や舌を絡めあげられ、陰核を激しく責め立てられ、そして体奥すらも犯し抜かれると。 触手モノの醍醐味の部分はガッチリと押さえられてる感じですかね。 変形触手などのバリエーションも豊富なのも良いですな。

個人的には乳首責めシーンがたいへんよろしかったなぁと。ひんにゅーな弥月さんの可愛い乳首にまとわりついて 高々と捻り上げるところも、巨乳さんな結子さんのもっちりおっぱいを責め立てて色々分泌させちゃうあたりとかがね。 はだけた服と肌の間に入り込んで全身を愛撫する触手さんたちの様子やたっぷりの汁気なども見逃せないポイント。 可愛らしい絵柄と妖艶さが同居するこのバランス感はやっぱりいつ見ても素晴らしいものです。

物語としてはモンスターパニックものではなく、あくまでも二人の少女の関係に重点を置いた恋物語かな。 異形の触手をきっかけとしながらも、やがてソレすら飲み込んで大きく成長していく二人の思い… 果たしてそれは幸福なものなのか、それとも忌むべきものなのか…。 そこは読み手の受け取り方次第かなと。とはいえ、やっぱり一番怖いのは人間ですよねーというかー:D 結子さんが全体的に良い味出し過ぎですって、これ。

連載の方もずっと読んでたのですが やっぱり通して読むと物語の味わいも代わってくるなーというのが率直なところです。 まあ、色々と数読んでるせいでなかなか記憶容量がひっついていってないってだけですが(汗 女の子いっぱいで男の子もショタっ子一人のみ。例によってショタ子が責められるシチュもありますが ショタ× ショタは無いんで、苦手な方はご安心を。 なんにしろファンなら買って損は無しです。 嗚呼、ちんまい弥月たんのいぢめてオーラが突き刺さる…<………

(Permalink)



@ 『Girlie 限定版』:Cuvie(ISBN9784799500378)。エロ漫画。 COMIC桃姫誌にて掲載された中編集。限定版には収録中編をサウンドドラマ化したものを収録したCDが付属します。 男女を問わず剥き出しになる性欲…それは人間の性か。

相変わらず一般成年問わず精力的に新作を発表する作者さんの新単行本。 今回は中編中心ということでどれもたっぷりと読み応えのある作品集となっています。 収録すべての作品に共通するのはその物語部分の出来の良さですかね。 エロを駆動させるためのしっかりとしたバックボーンとして組み上げられたそれが極めてしっかりしているので 全体としての完成度の高さが際立つといいましょうか。 また登場する女性陣の「性欲」を赤裸々に描き出しているのも注目点。 男性向けでありながらも、女性の性にしっかり目を向けた部分は極めて強い読後感をもたらしてくれます。 まあ、男性にとっては十二分にファンタジックではありますが:D

物語性を大事にしつつも、エロシーンにも妥協はありません。 女性から求めるような貪るように激しい交わりを繊細なラインながら瑞々しく描きだしており 濃厚さと爽やかさが同居するという希有な魅力があります。 愛おしそうに男性器に奉仕する姿や、たっぷりの汁気に染め上げられて快楽に放心する姿など 生き生きとしたキャラクターの様子がたいへんにエロましくて良いモノです。 そして剥き出しにされた、その本質的な欲求に飲み込まれて行く様は人の性を思わせてくれます。

気に入ってる作品ですが、どれも方向性は違えど気に入ってるのですが 特に…とあえて選べば「きみが目覚めたら。」ですかね。恋に恋するような初々しい少女が巡る 強烈な性への目覚めの物語です。一歩目を踏み外し気味に踏み込んでしまったことから どんどんと快楽のぬかるみにハマっていくヒロインさんの姿がなんともエロティック。 堕落…というのとはちょっと違うんですよね。あくまでも華開く感じなのがまた面白いところかと。 とんだ毒の華かもしれませんが。 お気楽気味な優柔不断男の棚ぼた3Pエロコメな「ダブルス」も頭すっからかんにして楽しめるあたりが好きですね。 こんなシチュ男性なら…ねぇ?(苦笑 シリアス調の「はいいろひいろ」。以前一般で連載していた作品に絡んでか美術周りや服装周りに 強いこだわりを感じる作品でした。全てを奪われ、ただ生き残るために…死ぬ勇気を持てずに…好きでも無い男の モノとして生きるを余儀なくされた元王女の転落っぷりがたまりませんね。 その上で、さらに断罪されてしまうわけですから、本当に救いもなにもあったもんじゃありません。 とはいえ、王族モノはこの堕落転落っぷりが良いわけでね:D

と、例によって安定度の極めて高い一冊。ネックは限定版故の値段でしょうが、 富士見出版のこの手の限定版は、通常版が出るまで平気で数年待たされるのでご注意を。 まあ、取り出さないと読みづらいというのは確かではありますがね。 乱交、3Pハーレム、王族系シリアス凌辱とバラエティ豊かな作品集です。読んで損はありません。オススメです。

(Permalink)



@ 『ふたなり迷宮王女-プリナと淫魔の迷宮-』:Rebis(ISBN9784799001509)。エロ漫画。 作者初単行本。 同人誌にて発表されたシリーズ+描き下ろし短編含むな一冊。 母を捜し地下迷宮を探索するふたなりの国の王女を待ち受ける過酷な運命。 ファンタジー、ふたなり、異形の女の子モンスター軍団、孕ませ、母乳プレイ、筋肉。

両性具有者たちの暮らす平和なプルリナ王国。その王城の地下には異界の地下迷宮が広がっている。 しかしその事実を知るものは少ない…。 王国の王女プリナ姫は迷宮の中で行方知れずとなった母親である女王プリディスを探し、 毎夜単身迷宮の探索を続けていた。しかし特別な訓練を受けていない彼女にとって 淫らな罠が張り巡らされた迷宮の探索行は困難を極めるものだった。 そして次々と襲い来る両性具有のモンスターたちもまたプリナに淫らな責め苦を与え続ける。 ついには奈落の盟主までもがプリナの前に姿を現し…。 はたしてプリナは無事に母親と再会することが出来るのか、そしてその先に待ち受ける運命とは…。

ガガガ文庫「武林クロスロード」の挿絵などで一部にはお馴染みのRebis先生が長年同人誌で発表してきた 迷宮王女プリナシリーズ+二人の迷宮王女をまとめた形の一冊。 COMICアンリアルで発表された番外編フルカラーコミックも収録されています。 純真無垢なふたなり王女様がなんの助けも来ない地下迷宮の中で、これまたふたなりだらけの 女の子モンスター軍団にグチョグチョになるまで輪姦凌辱されつつも、自らの目的のために 進んでいく…と。古いエロゲーマー的には懐かしさを感じる部分もある設定ですね。 登場する女性陣は概ねセックスアピールの強い部分が強調されたむっちりボディの持ち主揃い。 ビーチボール級の迫力おっぱいを使ってのプレイや、異形のモンスターらしさを使った人外プレイなど ファンタジーである部分を十二分に発揮した迫力のエロスが繰り広げられます。

またRebis先生といえば筋肉描写ですが、 本作でも一部のモンスターの皆様は見事なガチムチっぷりで、 腹筋描くの楽しいんだなぁというのがストレートに伝わってきたりとか:D まあ、ガチムチさん揃いだった 「武林クロスロード」の挿絵に比べればそっち方面は全体的に控えめです。

気に入ってるのはサキュバス軍団さんとのハーレム子作りプレイシーンですかね。 大量のおっぱいの海に囲まれてのガチ子作りっぷりがたいへん華やかで良いモノでした。 まさに夢のようなシチュエーションですよね。まあ、プリナ様たちにとっては色々洒落になってませんでしたが(汗

ということで、同人誌の総集編なので 既に所有されている向きには描き下ろし要素がキモになるのかな? そのあたりの詳細については作者様ページを参照。 既存シリーズがほぼ綺麗にまとまって、かつ手頃なお値段で…という面もありますね。

収録作品の発表間隔が広めなこともあり、 特に初期のモノについてはクオリティ面での落差があるのも事実です。 そのあたりで評価は分かれるかと思います。 とはいえ、商業ではなかなか見ることのない女の子モンスター軍団との異形姦が満載であり そのあたりの価値は捨てがたいかなと。是非、作者さんの独自の世界観をご堪能あれ。

(Permalink)



@ 『フランケンふらん(7)』:木々津克久(ISBN9784253233170)。 グロカワ系天才外科医少女のふらんさんが巡る世界の驚異と人体の神秘、戦慄のメディカルホラー第七弾。 巻末に読み切り短編「Phase20」も収録されています。

凶悪な姉ガブリールの追撃を振り払り、今日も世界を股に掛けて人体実験まがいの医療行為や、 助力を請われての協力活動などに勤しむ、継ぎ接ぎだらけの天才美少女外科医・斑木ふらん。 今回の事件は…孤島に伝わる伝説の呪いと人肉を求めてさまようゾンビ軍団、人肉を噛み千切る謎の通り魔、 ふらんの通う学園にやってきた臨時講師の日常、次々と発見される常識を越えた長寿老人達、センチネル第四の男、 悪魔に憑かれた枢機卿、ふらんが目覚めさせてしまった海の悪魔の脅威!? ふらんの想像すら絶する生命の神秘をみせる奇妙な患者達の前に常識は意味を成さない。

例によってカバーの釣り具合が以下略。まあ、姉妹ヌードがたいへん綺麗なので良いのですが:D 今回ヴェロニカたんあんまり出てないけれどね。

今回の白眉は…やっぱりEp.49「TEACHER」かなぁ。前巻でその凶悪っぷりを見せつけたガブリールさんが 再登場するわけですが、こんな風に出てくるとは……。このオフビート感も木々津作品の見所だとは思いますが さすがに意表を突かれましたよ。やってることは無茶苦茶なんだけれど、ちゃんと教師してるあたりも 楽しいものでした。まあ本人ストレスたまりまくってそうですが。解消の相手役にされた方はたまらんよなぁ。 あとはEp.50「LONGEVITY」かな。昨年話題になった死亡届けの出されていない長寿高齢者問題に着想したと思われるお話ですが 下手なホラーよりもよっぽど怖いというか…。ううむ。 まだまだ続くよセンチネル編は遂にライダーマ…げふんげふん…センチネル4号のセンチネルマンまで登場。 相変わらずVIIIがたいへん酷い人過ぎて笑ってしまいます。

今回もビジュアル面、着想面で楽しい読後感を得られる安定のシリーズでした。 やってることは酷いし、関わり合いにもなりたくないけれど、覗き見るだけなら楽しいよねぇという(苦笑 巻末に収録されている短編の「Phase20」はふらんシリーズとは直接関係しない探偵VS怪盗モノですが こういうのは大好きなので独立シリーズとして読めると嬉しいのだけれどなぁ。

(Permalink)



@ 『えろまんがの妖精』:田倉まひろ(ISBN9784894655256)。エロ漫画。作者3冊目の単行本。 COMIC阿吽にて発表された短編+他誌もしくはアンソロジー本掲載の過去作・初期作を収録した短編集。 ぷにぷに可愛いキャラクターが織りなすハードなえっちとお笑いの世界、今回はシリアスもあるよ!な一冊。

実に2年半ぶりとなる作者さん3冊目の単行本。今回は新作半分、過去作半分という拾遺集的な構成となっており 当然ではありますが絵柄の変遷はやや大きめです。とはいえ、デフォルメの強いぷにぷにとしたキャラという 基本的な方向性は一貫しておりブレていません。 それに物語的な色調やキャラクターの元気の良さも同様にブレないので 全体的な印象は統一感が取れているかと。

シリアスな短編もあれど、全体的にコメディ要素が強め…たまに強すぎて腹筋がよじれる…ではありますが、 エロ漫画としても手抜きなく、十二分に満足のいく内容です。 野太いモノを狭い穴に激しく突き込まれては快楽に咽ぶ女の子たちの表情がたいへんにエロ中枢を刺激してくれます。 可愛らしいキャラクターに対して表情についても容赦無く、徹底的に感情に歪められるのが素敵ですな。 特にエロいなぁと思うのは肉厚の舌ですかね。絶叫と共に広げられた大口から突き出されるシーンや キスシーンやフェラシーンで可愛らしく出されるシーンなど、どれもとても美味しそうで良いものです。 あとは汁気の多さや、突き上げる、突き入れる…などのシーンの力強さの演出力なども見逃せないポイントかなと。 小柄なボディを力任せに、やや乱暴にこじ開けられるというのは、好みはあるでしょうが ガツーンと性欲を刺激してくれるかなーと。

一番気に入ってるのは「バニースタイルはヴェールの奥から抉りこむようにゴー」かな。 ぱっつん前髪で顔の大半が隠れている女の子が実は美少女というパターンはよくありますが、 そういう場合ってたいてい前髪を完全に上げちゃうじゃないですか、本作の場合はあくまでも前髪はそのままで 時折、前髪の間から瞳が見えるという形で対応されており、たいへん判ってる仕様だなぁと。 めがねっ娘同様、眼鏡をはずしちゃダメなんですよ的なこだわり重要。 オドオドとした様子にバニースタイルという組み合わせの飛び道具っぷりも良いモノでした。 あとは「ようせいさん X-RATE」かな。エロ漫画読みとしてはなんとなく心に突き刺さる設定が泣けますが 文字通りの妖精さんサイズ(30cmくらい?)との異種間交合が○。最近あんまり見なくなったですしね、こういうの。 男性器に抱きつくシーンやら、お腹いっぱいに注がれるシーンなどたいへん良いモノでした。 シリアスだって描けるんだよ!!ということらしい「赤い糸紬」は絵柄のラインもリアル風に寄せての作品。 これもまた登場人物の心情を大切にした作品で、やや暗めな展開ながらも読み応えがあったかと。 軽やかなオチの付け方が個人的に好みでしたね。

田倉作品の特徴はともかく楽しく読めるという点だと思います。 なにが飛び出してくるか判らない、そんなドキドキがある漫画ってやっぱりいいじゃないですか:D 毎回オチがついちゃうのはどうよという見方もあるでしょうけれどね、個人的には嫌いではないです。 前述の通り、拾遺集なので新作中心で読みたい向きにはやや難があるかもしれませんが、 田倉まひろファンなら買って損なしかと。個人的にはオススメしたいところです。

いまならQBと絡められるんだろうなぁ…(独り言

(Permalink)



@ 『マジャン-畏村奇聞-(1)』:カミムラ晋作(ISBN9784047274440)。 携帯電話コンテンツの「E☆エブリスタプレミアム」にて配信中とのこと。 因習に支配された山奥の村に入り込んでしまった少年の苦闘の物語 新感覚麻雀ホラーの1巻目。

父親の生まれ故郷である山間の村・麻上村に住む 叔父の元に身を寄せることとなった麻雀が趣味の中学二年の少年・山里卓次。 新たな環境に新鮮な驚きを隠せずにいた 卓次だったが、叔父の言いつけを破り、 「御山」にわずかに踏み込んでしまったことが卓次の運命を狂わせてゆく。 そして、排他的なクラスメート達の前で 放った卓次の何気ない一言を引き金として 村に潜む因習が卓次へと牙を剥く。 村の中でのヒエラルキーを左右する 神事「マジャン」…すなわち麻雀勝負に 否応なく巻き込まれた卓次の運命は…。

店頭で見かけて購入。ケータイ系のコンテンツは基本的に 連載ノーチェックなので単行本が初見です。 「ベクターケースファイル-稲穂の昆虫記-」などの作画担当でお馴染みの カミムラ晋作先生の単独では初となる単行本は 寒村の因習ネタ+麻雀というなかなか奇抜な取り合わせのホラー調長編。

神事として執り行われる麻雀勝負が絶対とされる村で 勝てば栄誉を、負ければ供物として何か大切なモノを…たとえば指を…失う。 そんな外の常識が通じない世界に知らぬ間に叩き込まれ、 周りの人間達は…家の者も大人達も含めて信用ならない…そんな極限状態の中で 唯一優しくしてくれた女の子のために生き残りを賭けて戦うと。 良い感じに少年漫画してるなーというのが率直な所です。 男性キャラが多めの中、 ヒロインさんの可愛らしさはちゃんと担保されてますしね。 さっそく脱衣麻雀の餌食にされてひん剥かれるのも見目麗しくてGood :D

麻雀の内容はオーソドックスなものから特殊ルール採用の場合もありですが 結構真面目にやってる印象ですかね。 イカサマ系は今のところ姿ありませんし。 卓次くんはデジタル系の万能タイプで、運だけでなく きっちりと場を読みながら知略で勝ちをもぎ取っていく形なので そのあたりも読み応えがありますね。 実際、近代麻雀あたりに載ってても違和感は無いと思います:D

とまあ、組み合わせは奇抜ですが、なかなかに楽しめる一冊だと思います。 麻雀が主軸ではありますが、そこを抜きにしてもお話は 因習系漫画としてきっちり読めるのでご安心を。

なお、山間の村の因習ネタといえば、 今でも「ひぐらしの鳴く頃に」を真っ先に連想される方も多いでしょうが そのあたりは織り込み済みのようでオビ文は竜騎士07氏です(苦笑 まあ、あちらも麻雀スピンオフがあったりしますから、縁は深いかな。

(Permalink)



@ 『つぐもも(6)』:浜田よしかづ(ISBN9784575839265)。Webコミックハイ!連載。 亡き母の形見の帯が変化した美少女付喪神と共に、 母の後を継ぐことを決意した少年の日常はエロスキンシップと被暴力に満ちて…な6巻目。

「すそはらい」の座を賭けた皇すなおとの勝負を終えたかずやに久々に訪れた休息の日々。 しかし、招かれ訪れたすなおの自宅・皇邸ではとんでもない事態が待ち受けていて…。 強制的に開始されるすなおとの結婚を前提としたおつき合い。さらにはすなおの母の監視の中での 強制お風呂に強制初夜!? 果たしてかずやは無事に貞操を守れるのか。別の意味で緊迫の第六巻。

まるっとシリアス編だった前巻に対して久々に全力で力を抜けるエロネタエピソード中心の巻でした。 なんかもうカバー表紙からして入浴シーンだしね。しょうがないね。 今回のメインは皇邸での大騒動。初登場のすなおさんのご両親が良い味出し過ぎてて…。 鬼のような母と娘LOVEな父という取り合わせはまああるとしても、鬼っぷりが徹底してるというか 良くも悪くもエロ方面で突き抜けてるのがさすが「つぐもも」だなぁと(苦笑 今回も徹底的に書き込まれた見応えたっぷりの画面で繰り広げられる良い意味でしょーもない比喩表現が たいへん素敵でした。

あとはやっぱり素のすなおさんの可愛らしさですかね。 4巻での登場以降敵対しっぱなしでしたので出てこなかった面がたっぷりと楽しめたのが良かったかと。 和装正装姿でちょっこり座ってる様子はたいへんラブリー。 特にこう…スイッチ入っちゃったシーンの破壊力が抜群でありました。今後もちょくちょくは登場しそうなので 今回まるっきり出番の無かったヒロイン陣との絡みも楽しみですね。

エロ方面ばかり強調しましたが、シリアスな方向での新たな種まき…それも結構大きなもの…も 行われ、このまま平々凡々とは進みそうに無いですが、はたしてどういう風に落とし込まれていくのかが 楽しみなところです。しかしおっぱい大きいなぁ、すなおさん。ぶっちゃけ乳首なんてどうでもいいねん。 そのふくらみへと続くラインがたまらんねん…げふんげふん。 そして桐葉さんはやっぱりこのサイズの方がいいなぁと…げふんげふん。 何にしろ次巻が楽しみなところです。

(Permalink)



@ 『オタクの姉弟が』:聖☆司(ISBN9784864361064)。エロ漫画。作者初単行本。 COMICメガミルク誌にて掲載された短編集。オール短髪眼鏡っ娘オタク系爆乳姉×弟くん大行進。 オール陽性ラブエロコメディな一冊。

同人誌の方でも良くお名前を見かける作者さんの商業初単行本。 どの短編も姉×弟で、ヒロインのお姉ちゃんたちはショート、ベリーショート、ボブカットなどのいわゆる短髪さんで、 オタクで、眼鏡っ娘で爆乳さんというなんというかまあ、見事なまでに趣味に突っ走った作品集。 長編でも連作短編でも無いのにこの揃いっぷりは英断というかなんというか…。 とはいえ、それぞれ性格の味付けは違っていますし、短髪縛りの中でも髪型にはちゃんと差分が付けられているので どれみても同じってほどでも無いかなと。…多分。

絵柄は今風なアニメ絵系で、描線などは整理されていて強弱の色づけも少なめ。 初単行本ではありますが、全体的に破綻も無くまとまっており、クセの少ない間口の広いものです。 登場するお姉ちゃんたちは中庸なボディですが、局部はしっかりとお肉の載ったボリューミーさが魅力的。 もっちりと柔らかそうなおっぱいをしっかり駆使して弟くんたちの逸物にご奉仕してくれるのはたいへん扇情的で良いモノです。 ぷりぷりとして思わず吸い付きたくなる存在感のある乳首や乳輪もとても美味しそうにトーンワークで仕上げられていますね。 エロシーンの構図ももっちりボディを堪能出来るように構成されていて良いと思います。 二人で密着しつつ甘えた感じのやりとりも魅力的ですな。

お姉ちゃん陣は総じて可愛いです。そりゃもう可愛いです。姉弟の関係という面での背徳感はゼロですが、 どのお姉ちゃんともいちゃいちゃラブラブっぷりは徹底されているのが、そういうの好きな向きには最高と言えます。 そんな中でも気に入っているのは 普段の様子とえっちしーんでのギャップとその可愛い誘い受けっぷりが素敵な「家ゲで姉弟が」。 ギザ歯(サメ的な意味で)で何か企んでる感が満載ながらも、弟君が大好きでたまらないという後半のラブラブっぷりが可愛すぎる「オナって?姉弟が」。 弟君の前でだけ見せる素顔が可愛い「イベ後に姉弟が」や、収録作中唯一の3Pである「姉姉弟が」あたりですかね。 ……並べているとなんだろうギャップ感がツボに入っているということか、これは。

初単行本ではありますが、レベルは高めの一冊。絵柄の特徴的に尖った部分が無いのはそれはそれで武器になるかと。 前述の通り、基本間口は広いと思うのですが オール眼鏡っ娘、オール姉弟、オール短髪さん、オール爆乳さんという相当に偏った面があるのは事実。 そのあたりに抵抗がある人はオススメしかねる面はありますが、そこまで極端に受け入れがたい属性でも 無いとも思いますので、どれかに強く心惹かれる属性があるならば買って損は無い一冊かと。 可愛いお姉ちゃんスキーの方、甘々ラブラブスキーの方には是非。

(Permalink)



@ 『愛汁嵐!-ラブストーム!-』:銀欲スクリュー(ISBN9784873063881)。エロ漫画。2011年6月の新刊。 2010年〜2011年にかけてエンジェル倶楽部誌にて発表された作品を収録した中短編集。作者三冊目の単行本。 迫力バディのお姉様たちと貪るような獣系交合を。

濃い目の絵柄で描かれる綺麗なお姉さんたちとのがっつりした肉欲ファックが魅力の作者さんの三冊目の単行本。 今回は従来に比較するとカッコイイ系の精悍なお姉さんはサブ寄りで、優しげなやわらかお姉様たちがメイン。 ストーリーはファンタジー要素はかなり控えめな現代劇中心。 かつ軽めだったりコメディ調だったりで、裏黒さも相当に控えめになってますので、そっちを期待してると やや肩すかし感があるかもしれません。とはいえ、引き締まったボディに目一杯お肉を詰め込んだぱっつぱつな マッシブお姉様たちの魅力は今回も健在。スイカみたいにボリュームたっぷりな迫力おっぱいとくっきり大きめの乳輪、 そして迫力のお尻、魅惑のふとももはがっつりと楽しめます。

気に入ってるのは本単行本のメインとも言える中編「お姉さんに溶かされて」。 精悍なイケメンくんなのにどうにも純情くんな辰白くんが、商店街のお姉様たちとの身体と心のふれあいを通して 男として成長していく姿を描いた作品になります。 登場するお姉様方は母性本能系ド淫乱、甘色ふんわり系ド淫乱、黒髪妖艶系ド淫乱、 ぶっきらぼう系男前ライダースーツ、トラウマ持ちの競泳キツ眼鏡さんと選り取り見取り。 それぞれに抱えてるものは違うので皆様あけっぴろげってなわけでもないですが、わりと性に開放的な方揃いなのが そういう意味で話をややこしくしないのでいいですな:D お姉様たちもただ青年を導くだけではなく、男と女の触れあいの良さを再認識していくという流れが なんとも綺麗で良いなぁと。十和さんは当然として、朝音さんや市子さんがお気に入りかなー。 あとは「姦情肉欲線」のヒロインさんの淫乱ビッチっぷりも捨てがたいものでした。

全体的に安定感は出てきていて、今回のようにストーリー面での間口の広さを 追求した作品集だとオススメはしやすいですが 反面どうしても尖った部分が欠け気味になるのは痛し痒しで悩ましいですね。 えっちで可愛いお姉さんスキーなら今回は十二分に楽しめるかと。「ディープナイト」や「姦情肉欲線」あたりで 従来路線のテイストも感じ取っていただければ…かな。

(Permalink)



@ 『バード-最凶雀士VS天才魔術師-(1)』:山根和俊/青山広美(ISBN9784812476208)。 伝説のイカサマ麻雀コミックが奇跡の復活。ギャンブルフィッシュのコンビが贈る新たなる革命の一打。

ラスベガスで活躍するアメリカ随一とも言われる凄腕の手品師「バード」の前に現れた 日本からの客、美しき元女マジシャン沙羅とその祖父・朱雀正三。 日本の巨大暴力団グループの1つの頭目である 彼らは1ヶ月後に行われる莫大な利権を賭けた他組織との麻雀勝負の代打ちとしてバードを招聘しに来たというのだ。 一度誘いを断ったバードだったが、 相手方の代打ち…悪魔の指・賭博界の魔術師と恐れられる無敗の雀士「蛇」に興味を惹かれ その誘いを受けることを決断する。 こうして天才魔術師と最凶の雀士の極限バトルの幕が切って落とされた。 はたして究極の勝負の行方は如何に。

原作の青山広美先生が10年ほど前に発表した「砂漠の勝負士バード」のリメイク版とのこと。 作画の山根先生に合わせてか一部のキャラクターは女性に変更されていたり、年代的な部分も弄られいるようですが オリジナルは読んだことがないので詳細な変更点は不明です。 オリジナルは「全自動卓での積み込み」という不可能に果敢に挑んだ作品として知られているらしく 本作でもそのあたりのエッセンスは前面に押し出されていますね。 なにせ敵役となる「蛇」の必殺技が「全自動卓天和」ですからね、 その字面だけでどんなやねんという突っ込みを禁じ得ません。

本作の特徴として、ともかくイカサマありきなところでしょうか。 バードが語る麻雀とは「卓上のすべての牌を利用して、いかに早く14枚の和了形を集めるか」という 運や感情の介入しない極めてドライなもので、握りや入れ替え当たり前で進行していきます。 当然相手方も同じようにイカサマ上等で襲いかかってくるわけですから恐ろしい。 「ルールブックにはチョンボの罰則はあってもイカサマの罰則はない」…だからいいのだというものすごい論理ですが これらのことによって如何に相手を騙し、そして相手の企みを見破るかという文字通りの 頭脳と頭脳、テクニックとテクニックの戦いという形で昇華されているわけです。

第一巻の収録範囲ではまだまだキャラクターの顔見せ段階で本格的な知恵比べは次巻に持ち越しというところです。 連載誌は近代麻雀ですので、ややエロチックな描写なども入りますが、まあそのへんはあくまでエッセンスの一つ。 天才VS天才の知恵比べ、化かしあいの行方が楽しみな作品となっています。山根先生の濃いキャラクター描写も相まって 外連味はたっぷりと読み応えのある一冊になっています。 ギャンブルフィッシュが好きだった方なら確実に楽しめると思いますので、是非:D

(Permalink)



@ 『MAID GRAFFITI』:ねんど。(ISBN9784864360814)。エロ漫画。COMIC 0EX誌、COMICメガプラス誌、COMICメガミルク誌にて 発表された中短編集。えっちでかわいいメイドさんたちとの目眩く日々、でも御主人様も結構たいへんです。

COMIC LOなどでも活動されている作者さんですが、今回はコアマガジン系からの単行本第二弾。 なのでヒロインさんたちはハイティーン系中心で、ほどよい並サイズからややボリューム感のあるおっぱいの持ち主さん揃いです。 凹凸はほどほどながらも均整のとれたボディラインはある意味でリアリティがある感じかなぁと。 シンプルな下着に身を包んだ等身大感のある女の子たちとのラブめなエッチが楽しめます。 ストーリー面はエロ中心ながらなんとなくオフビートで一風変わった世界観が構築されていたりしつつも 登場キャラクターたちはその中でしっかり生きてるんだなーと感じさせてくれる心温まる感じのエピソードが多めです。 良い意味でアホっぽいというか、ゆるーい感じが心地よいですね。

メインとなるのは表題作でもある中編「MAID GRAFFITI」。大黒柱を失ったお屋敷に新たな大黒柱として雇われる御主人様という 展開自体は、まあ…無くもないわけですが、その後の展開がちょっと予想外というか…なんでラーメン屋のアルバイトで メイド2人+お嬢様を基本に養う羽目になるのかと。家業とか無いんかいと思わずツッコミつつも、後々ちゃんとその展開が 大事にされて、最後には謎の感動巨編のできあがりという…。さすがに驚きを禁じ得ませんでした:D まあ、そんな肉体労働の日々の中でも、えっち好きで可愛いメイドさん二人とたっぷりえっちという破格の報酬はやはり捨てがたいよなーとか。 隙あらばおちんちんを狙ってくるえっち大好きすぎるメイドのナナミさんもまあ、これはこれで可愛いのですが 個人的にお気に入りなのは委員長気質で厳しい眼鏡っ娘メイド長の響香さん。普段は厳しいのに、御主人様の性欲処理は自分の仕事と 思ってて、かつベッドの中ではとっても従順で可愛らしいというなんとも一部の男性のハートをがっつりキャッチしそうな 人です。そりゃもうがっちりとキャッチされましたよと。とくに裏表紙カバーイラストの彼女はもう可愛すぎて転がりたくなる勢いです。

あとは短編「SWAT」のエージェントCさんがお気に入りかな。清楚系お嬢様な外見でえっちに乱れる姿がたまりません。 おっぱいも収録作中ではたぶん相当大きい方ですし。

エロシーンの濃さは最近の特濃なものに比べればほどほどですが、なんとなく読んでてほっとする一冊かなと。 可愛らしさ優先ながらもしっかりエッチにおねだりしてくれる女の子が好きな方なら。ただし多人数プレイは無いのでご注意を。 (Permalink)



@ 『どうしよう、キモチいい♥』:春籠漸(ISBN9784894655249)。エロ漫画。 COMIC阿吽誌にて掲載された短編集。男女入り交じっての大乱交、学生系、寝取り寝取られ要素強め。眼鏡率も高めです。

約二年ぶりの単行本にしてヒット出版系からは4冊目かな? 春籠漸先生といえば乱交ですが、春籠漸先生といえば乱交ですが、重要なので二回言いましたよ 今回もそんな印象に違わぬ乱れっぷりが堪能出来る一冊となっています。 近作わりと登場人物の年齢層が下がり気味でしたが、今回の収録作についてはハイティーン中心となっています。 まあ、このご時世ですしね。なのでヒロインさんは頭身も高めでおっぱいもボリューミーな子揃いです。 個人的にはこっちの方が好きなので全然OKですけれど。

ここ数年の作品では特に表情パターンの強化が顕著でキャラクターも清楚系から妹系、キツめのお姉様系と バリエーションはぐんぐん広がっている印象。 アヘ顔系の表情なども積極的に取り入れられてますし。ぽってりした唇も妖艶でよろしいかと。 まわりから無数に突きつけられる男性器を貪り、自ら絞り出した見るからにこってりと濃そうな精液まみれの顔を 愉悦に染める女性陣はなんとも魅力的ですな。あとはなんと言っても圧巻の大乱交シーンです。 モブキャラ含めてひとつの空間で複数の男女が入り交じり、快楽を貪る場面はいつ見ても圧倒されますね。 タイプの違う女の子たちをズラリとならべてというのは、やはり背徳感と共に何とも言えない充足感があるシーンだと思います。

一番気に入ってるのは「艶劇部」かな。自分たちはラブラブカップルだと疑わなかった青年に突きつけられる、 彼女がバリバリお客を取っていたという事実、そしてまさにその現場をカーテン越しに見せつけられているという NTR感満載の悲惨な状況…だけだと胃が痛いだけですが、部員の彼氏用スペシャル特典というのがこれまた素敵なアメでして 見事なアメとムチっぷりでなんとも味わい深く…。黒縁のいわゆるアラレちゃん眼鏡に太眉なヒロインの優ちゃんも可愛くて良い感じで お気に入りですね。 あとは押しに弱すぎる眼鏡っ娘先生の悲惨な境遇がたまらない、「転校性」もいいなぁと。先生のいぢめてオーラがねー:D

絵のクセはやはり強め…特に近作ではそれが顕著化している面もあるとは思うのですが、 乱交プレイ好きなら絶対に外せない作者さんです。 そういう系統がお好みの方は是非手に取ってみてください。 1穴1棒主義者や純愛主義者は回れ右ですけれどね:D あらすじだけだと結構しんどい印象のストーリーも多いですが 悲惨さは薄めで、それなりの幸せ感が〆に漂う場合が多いというのも付け加えておきます。何事も見方です。

(Permalink)



@ 『恋愛ほりっく』:久水あるた(ISBN9784799500293)。エロ漫画。富士見出版6月の新刊。作者3冊目の単行本。 5月の2冊目から間を置かずでの発売に。主にペンギンクラブ山賊版誌にて発表された短編集。 基本らぶらぶ和姦系、やや年上系多め。むっちり可愛い女の子たちとの濃密交合。

先日のコアからの初単行本「快感ちぇりっしゅ!」はデビューから足かけ5年の作品集となっていましたが 富士見系2冊目にあたる本巻はここ1年半に発表された作品集ということで絵柄的には安定したクオリティの一冊です。 ややビターな作品が目立った「快楽ちぇりっしゅ!」と比較すると、本作は陽性のエピソード揃いになっています。 揉み心地の良さそうなむっちりボディと誘うような淫らな表情、ラブラブながらもがっつりと貪り合うような激しい交合など 良い部分は前単行本と同様に…発表時期が被ってるから当たり前っちゃ当たり前ですが。ヒロイン陣のお姉さん度は やや高めですが、彼女たちとの弄んだり弄ばれたりの攻防は偏りなくどちらも楽しめて良いなぁと。 孕ませ上等のガチンコっぷりもラブ度高めで良いモノでした。ガチのボテとかマニアックなのは無いですけれどね:D

気に入ってるのは「真夏の夢」かな。優しい母親の仮面の下に欲求不満のオンナの顔…そしてショタ喰いという個人的にガード不可な 設定で以下略。清楚系の外見と透け透けベビードールの取り合わせで誘われたら…そりゃねえ。描き下ろしのエピローグも 倍美味しい感じで良いモノでした。唯一の不満はエピローグ>本編という収録順だけですかね…。 エッチに開発されちゃった眼鏡っ子さんがたいそう可愛くてエロい「ほわほわ」もいいですね。 学園4コマとかならメインヒロインの友人くらいの位置だろうなーという外見ですが、そんな子の素顔と思えば破壊力も高まります。 ふんわり優しい系のお姉さんが実はばっちり色々開発されちゃってた的な「ぺるそな」はヒロイン八千代さんが 嬉しげに語るもうみーんなあなたのものだよ的な台詞が破壊力高くて良いです。 あとぐーたらお姉さんとショタっ子さんの共依存的関係が楽しい「酔いどれ いんべーだー」も好きですね。 …基本可愛い年上ヒロインには弱いからね、うん。

まだコメディシーンのデフォルメからちょっとぎこちなさを感じる面もありますが、 エロ漫画としての安定度は高い一冊です。同年代からお姉さん、人妻までとそのあたりのレンジがお好みで かつラブエロが好きならば存分に楽しめる一冊かと。なにげに幼なじみ度も高かったりしますしね。 ヒロインさんたちはどの子も違った魅力を持つ可愛らしい子ばかりなので、読んでて元気を貰えました:D

(Permalink)



@ 『バカとテストと召喚獣9.5』:井上堅二/葉賀ユイ(ISBN9784047273320)。ファミ通文庫新刊。 愛すべきバカ野郎たちのドタバタ学園物語、シリーズ13冊目にして短編集第4弾。

今回もドタバタ、ラブコメ、ちょいえっち、バカ、シリアスとバラエティ豊かで 良い意味で短編集らしい手軽かつ愉快な内容でした。 ドタバタ具合では「僕と子供と召喚獣」。前短編集に収録されていた「僕とホンネと召喚獣」の続編的な位置にある作品ですが 今回もまた興味深い実験でしたな:D 姫路さんや美波さんの行動は予想しやすいものでしたが、 一部のメンバーに関しては予想よりも暴走してたり、予想外だったり。 どんどん人間辞めていってる美春さんがなんだか心配です。 妙にピュアな明久と雄二の行動がなんとも微笑ましくて良いモノでした。 高橋女史はさらっと読み手を萌え殺しに来るのが怖いですね。 召喚獣のイラストが無かったのだけが残念かなぁ。

シリアス中編は前短編集の「ウチと日本と知らない言葉」の別サイドエピソードにしてF組のバカカルテット誕生秘話が 雄二の視点で語られる物語でした。屈折して鬱積しまくってる抜き身のナイフ状態の雄二が明久やムッツリーニや秀吉と出会い それまでの自分とは違う自分になるという命題の解を得ると、どこまでも真っ直ぐな明久のバカっぷりはやっぱり光りますねぇ。 ラストの大アクションシーンも手に汗握る感じで良いモノでした。若い頃はこうがむしゃらに突っ込んでいくことも 必要なのだろうなぁとしみじみと。

今回のベスト挿絵は…姫路さんと美波さんのピン挿絵2枚ですね、ええ。どちらも可愛くていいです。 傷ついちゃってる美波たんを慰めたいね!!<……。あと須川くんのDVDの何とも言えないもの悲しさに泣いた。 彼も地味に愛されてるよなぁ…。

(Permalink)



@ 『発情るオトメ』:オザケン(ISBN9784887743977)。エロ漫画。 COMIC Mujinにて連載された長編「エッチな彼女の感染症」をまるっと全編収録+描き下ろし番外編な一冊。 学園に蔓延した謎のウイルス、それには女の子を淫らな気持ちにさせる効果があって …いろんな女の子たちとのエロエロハーレムエッチ。

学園の化学室で偶然発生した謎のウイルス。それは瞬く間に学園中の女性に空気感染で広がってしまう。 ウイルスに感染した女生徒は「特定の条件」が揃うと発症し「異性に対する性欲が極限まで高まってしまう」のだ。 そしてその症状を解消するためには彼女達の性欲を満たしてあげるしかない。 化学室の隣に部室を持つゲーム同好会に所属する男子生徒の吉井順は 同じ同好会に所属する広瀬ナツキ、三国よし子の発症現場に居合わせた事から 彼女らを皮切りに次々と発症した学園の女の子たちとエッチする羽目に。 こうして始まった嬉し恥ずかし受難の日々の行き着く先は …『エッチな彼女の感染症』。

店頭でパラ見して購入。 ちょうど1対多の多人数エッチが読みたかった…そんなニーズにジャストフィットの一冊でした。 基本設定のご都合っぷりで判るとおりにコメディタッチ+ラブコメ風に展開する軽めの物語で 重たい要素はありません。男子生徒も描き下ろしの番外編とイレギュラーを除けば順くん一人で 大乱交系を期待する向きにはニーズに合いませんが、エロハーレム系を期待する向きには良い物件かと。 3P、5Pなどの多人数プレイも豊富です。

ヒロインさんは全部で7人プラスα。幼なじみの元気系ツインテール八重歯っ子のナツキちゃん、 無表情系のよし子さん、化学部部長の天才化学少女・菊池真美、その妹の日焼け水泳少女・菊池真紀、 気さくでカッコイイ系の女教師・奥田先生とおっとり系女教師の草野先生、 生真面目で隠れドMな委員長・倉持朋子、謎のウサギっ娘ミィちゃんなどなど選り取り見取り。 そんなヒロインさんたちとまとめてお相手して頂ける…かつ女の子たちはウイルスのせいで みなエッチに超積極的と…これでこってりと搾り取られないわけはありません。

絵柄は精緻さよりは勢い重視な感じでMujin系らしい良い意味での大味さと大らかさ。 大胆に強調された局部と構図は迫力十分。たわわに実ったおっぱいが揺れ動く様は○。 特に後ろから突き込まれた構図がおっぱいとの取り合わせも良くて良かったかと。

気に入ってるヒロインさんは…表紙カバーでも自己主張してるメインヒロインとなるナツキちゃんかな。 互いににくからず想い合っているのにあと一歩が踏み出せない元気っ娘で八重歯っ娘… いいですなぁ:D あとは事件の発端でもある菊池姉妹や、委員長さんもお気に入りです。 特に委員長さんのエロシーンは普段とのギャップ感や乱れ髪など全体的にエロ度が高くて良いモノでした。

中盤あたり、ともかく新しい女の子を出そうとしてとっちらかった印象もあり、そこがやや残念。 既存の女の子を彫り込んでいっても良かったんじゃないかなとは思いますが、 バラエティ感とどちらをとるかは難しいところかもしれません。 あとホンネを言えば、関わった女の子全参加のエッチや、 もうちょっと関わった女の子たち同士の やり取りも見たかったなぁとも思いますかね。

色々と言いましたが、本編ラストのその後のヒロインさんたちの様子を描いた見開きが なんとも青春というか世は全て事もなしというか、ともかくなんだかホッとするシーンで お気に入りですね。〆がいい長編はやっぱり良いものです。 お気軽なラブコメエロハーレムものが読みたいなら購入候補として良いかと思います。

(Permalink)



@ 『ちゅーLip!』:宵野コタロー(ISBN9784883564507)。エロ漫画。 作者初単行本。コミックマショウなどにて発表された短編集。 基本ラブエロ系。同級生、お姉さん、妹系などまんべんなく。おっぱい大きめがメインですが控えめさんも一人。 ラブリーフェイスのむっちり女の子を美味しく召し上がれな全11編。

店頭でパラ見して気に入ったので購入。 ボリュームたっぷりのもちもちとしたおっぱいのえろっ娘さんが満載の一冊。 おっぱいも良いのですが、気に入ってるのは女の子の淫らに蕩けた表情かな。 特に口奉仕の時の愛おしげに舐め擦り、顔をこすりつけしゃぶりつく様がなんともキュート。 射精を受けてうっとりと心ここにあらずな雰囲気などとてもよろしいかと。 柔らかそうなボディの奥の奥まで力強く突き込まれて快楽に喘ぐ姿なども○。

雑誌的にエロ重視ですがストーリー面も頑張っていて おバカ系から純愛系、凌辱系など色々と挑戦している感じで好感が持てます。 女の子たちは元気な健康優良系や、気が強めのエロ娘さんが多めで 絵のイメージとの親和性も高い印象です。

気に入ってるのはこんな可愛い幼妻に搾り取られたいと心から思ってしまう「裏表ラブデイズ」…学校ではポニテだしな!! エロ下着だしな!! あとはショートカットがよく似合う元気っ娘のむちむちボディをたっぷり堪能な「押しかけ☆」シリーズ。 くるくる変わる表情がとてもキュートなのですよ。こんな子に振り回されるなら本望感? 唯一のひんにゅーモノである「お兄ちゃん改造計画」は見開きで繰り広げられる妹ちゃんの日替わりコスプレシーンが 華やかで印象的でした:D えろいムチムチお姉さんにこってり搾り取られる「暴走 secret♥love」と「春の訪れ」も捨てがたいですけれどね

初単行本ということもあって、特に引いた構図のときに違和感がある感は否めませんが 人物がメインの絵に関しては高いクオリティが維持されています。 エッチに積極的なむっちり女の子が好みならば買って損は無いかと。 (Permalink)



@ 『乳娘-みるきぃがーる-』:椿屋めぐる(ISBN9784864160667)。エロ漫画。 作者初単行本。美少女革命・極誌などで掲載された短編集。 基本少女漫画系ラブエロ。凌辱ネタも一本。 ベイビーフェイスにむちぷりぷりんな女の子が満載の一冊。搾乳ネタも複数アリ。

くりくりと大きな瞳に幼めの顔つき、 それに反してボリュームたっぷり柔らかお肉なむっちりボディの取り合わせが たいへん素敵な女の子が満載の作者さん初単行本です。 特徴的なのはその美乳っぷりですかね。 揉みごたえのありそうな柔らかおっぱいがともかく美味しそうな仕上がりで 吸い付きたくなることこの上無し。 さらには母乳が出ちゃう娘さんネタも組み合わせられており、 属性持ちには直撃。ガード不能となっております。 はい、雑誌で直撃されて買いましたよと。

元々はティーンズラブ系出身のようで、 エロ重視ながらもストーリー面もぎこちなさは少なめで好印象。 だからと言ってエロシーンが薄いかと言えばそんなことはなく、 きっちり男性向けに調整されています。 やわらかボディの女の子たちがその美乳を揉みしだかれて むっちりした秘部で奥まで力強く突き入れられては子宮をいっぱいにされ 淫らに乱れる様はたいへん眼福です。 Mっ気の強い女の子たちが涙をいっぱいにしつつ喘ぐ様はやっぱり良いですよね:D どの女の子も表情が可愛らしく、かつ艶っぽい表情もしっかりと描写されており、 気持ちの面での盛り上がりも出せていて好印象です。

お気に入りは ちょいSめの彼氏さんにたっぷりミルクを搾り取られるわ、それをお客さんにミルクティで出されるわと母乳ネタとしてガチな仕上がりの『特濃ミルクはじめました』。 同じく母乳ネタの『牛乳に相談だ!』も艶っぽい配達員のお姉さん(人妻)の お誘いが大変エロいわ、母乳だわでたまらんですな。 あとは「秘密の花園」もヒロインさんの密かな悩みが微笑ましくて良。 カバー裏でのプレイも見逃せません。 あとは『パンツがないっ!』はおバカな元気っ娘っぷりが可愛らしくて○。 セーラー服可愛いしね。

なお「純愛喫茶-加筆版-」のみ文字通りティーンズラブ誌(女の子向けエロ漫画)掲載とのことで 明らかに物語の組み立て方が…そらもう扉絵からして:D…違いますが、 女性向けと男性向けとのエロ漫画としての文法の違いがよくわかるなぁと。 「特濃ミルクはじめました」が続編の位置づけ&男性向けなので特にそう思います。

まだ男性向け作品としての試行錯誤は続いている感じは受けますが 初単行本ということを考えれば、 エロ方向でもストーリー方向でも十分に満足のいく一冊かと。 搾乳ネタやらと自分の方向性もしっかり打ち出してますしね:D 可愛らしい絵柄とややハードめの プレイの組み合わせも良好で今後に期待出来るかと。 表紙絵気に入ったらオススメとしておきます。 (Permalink)



@ 『まマまま!』:松本ドリル研究所(ISBN9784864360838)。 エロ漫画。COMIC HOTMILK誌にて連載された表題長編をまるっと収録。 魔王復活を目論む悪魔たちとそれを阻止せんとする元魔女少女の妙齢お姉様たちの えろえろ大決戦。むちむち、はみはみ、どろどろ、おしりにしょたに大乱交。

光と闇の決戦から10年。光の魔法少女4人組ピュアキュアによって倒された魔王は 人間の少年…ショタ可愛い葉月ゆう…の中へと封印されていた。 魔王復活を目論む魔界4大幹部の一人カミムラは人間に化け、 同級生としてゆうに接近するが、ゆうの義姉にして教師の葉月留奈による思わぬ妨害を受けることに…。 そう留奈こそはかつて魔王を封印したピュアキュアが一人・ピュアホワイトだったのだ!! 魔王を復活させるにはセックスして魔力を流し込み続けるのが近道とゆうを誘惑するカミムラ。 そうはさせじと性欲処理による魔力解放に励む留奈。 こうして魔王復活をかけた光と闇の戦いが始まる。かなり汁だくな感じで!!

前単行本「あらいめんとゆーゆー」から実に4年半ぶりとなる単行本はこれまた足かけ4年にわたって COMIC HOTMILK誌にて連載されたエロコメ長編となります。 とはいえ同人に非成年系コミックにと手広く活動されている作者さんなのであまり久しぶり感は なかったりしますが…:D 今回もパロディ多めで軽いノリのストーリーと、吸い付くようなむちむちお肉にたっぷりお汁でぐちょぬるな 濃いめのエロの取り合わせで、気軽に楽しく読める一冊に仕上がっています。

特筆すべきはやっぱりその柔らかお肉感。トーン処理により表現される湿り気のおおいしっとりした 柔肉のもっちり感は極上の一言。手を置けば蕩けるように吸い付いてくるんだろうなぁと夢想させられます。 そんなお肉がボリューミーに盛りつけられたおっぱいや、お尻が画面いっぱいに迫ってくる描写は とても良いものです。さらに今回の場合、元魔法少女の皆さんは身体は20代後半の熟れ熟れ具合なのに 変身後の衣装は若い頃のまんまのサイズという状況なのでそりゃもう余るわはみ出すわで ものすごいことに。さらにさらに主人公のゆうくんがショタ度高いものですから、 文字通りお肉に埋まり包まれての濃密セックスが繰り広げられます。

あと基本エロバカ展開ではあれど、情事の際にはしっとりとした情欲に溢れる淫らな表情を魅せてくれるのも いいですね。肉厚な舌や唇を縦横に使っての口奉仕シーンはその表情と相まって印象深いです。

女の子はたくさん出てきますが、メインとなるのは悪魔っ娘のカミムラさんと美人お姉ちゃんの留奈さんの二人です。 カミムラさんはデコ系ツンデレ眼鏡っ子さんですが、生真面目なところが災いしてスーダラな周囲から負担を 一身に浴びる苦労性っぷりが泣けるというか。恋心に目覚めた後の可愛らしさはたいへん素敵でした。 一方の留奈おねえちゃんは…黒髪ストレートの清楚系容姿で淫乱というたいへん俺得度の高いキャラでした。 ぼけーっとした感じのキャラづけに反して義弟の性欲処理を幼い頃から続けてるわ、秘めた想いを抱えてるわと こちらもメインヒロインとしての風格十分な美味しい位置づけで:D 中盤の個室トイレ情事シーンがお気に入りです。 サブキャラさんたちとのエッチも華やかですし、周囲の人間巻き込んでの大乱交シーンもお得感がありますね。

今回のパロディの主ネタはまあ言わないでも判ると思いますので言いませんが あくまでも味付けなので以下略。どっかで見たような子たちもちょこちょこ出てきますがそれも以下略。 元ネタ判らないと楽しめないとかそういうんじゃないですからね。まあ今のオタクなら判るようなメジャーネタ中心ですけれど。 画面を縦横に使って、全体の密度が高い分、やや忙しくて落ち着かない感じを受ける面もありますが、 愉快に楽しくたっぷりエロく、そして物語性も押さえると完成度の高い一冊だと思います。 ドタバタラブコメディがお好みの方は手にとって損は無いかと。

(Permalink)





Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
◆ここは
ここは東雲さんの崩壊日記改から「かんそーぶん」を切り出したページです。。 18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上お読みください。
★HOME
東雲さんの崩壊日記改
読書感想
Comics
Novels