○過去のかんそーぶん一覧 page.36(2009年03月〜2009年03月)

@ 『教艦ASTRO(1)』:蕃納葱(ISBN9784832276154)。 まんがタイムきららキャラット連載。 Asashio Sogo Teachers' ROomでASTROだそうで。

元気が一番!学力は……おマヌなところが愛らしい保健体育科教諭・牧和泉。 袴姿の大喰らい、腐り気味のおっとりさん国語科教諭・南雲有子。 クールビューティー&乙女チック? 怪我人大好き養護教諭・荒井凖名。 牧先生LOVE♥妄想過多気味だけど才媛 外国語科教諭・烏丸かなめ。 以上4人の女性教諭を中心として繰り広げられるせんせい達の、 生徒達には見せられない痴態たっぷりドタバタコメディ4コマの第一巻。

シャープ&スレンダーながらもどこか柔らかな女の子絵が魅力的で あっちこっち(謎にしとこう)でチェックしてた蕃納葱先生の初単行本。 先生だって人間だもの…的なダメっぷりを発揮しつつも 愛嬌があって憎めない先生達がとても魅力的ですねー。 直接的なお色気はあまり無いのですが、そこかしこでエロティックな雰囲気が 漂うのも個人的に良。 お気に入りは養護教諭の荒井先生かなぁ。普段はキツめの人なのに 恋愛絡みになると一気にダメっぽくなるギャップが愛らしくて良いです。 牧先生の小動物っぷりや烏丸先生の妄想っぷりも魅力的ですけどね。

作者さん作成の作品紹介ページもあるようなので、興味のあるかたはどうぞ:D



@ 『ストライクウィッチーズ弐ノ巻 スオムスいらん子中隊恋する』:ヤマグチノボル(ISBN9784044246068)読了。角川スニーカー文庫新刊。飛行脚を纏い、大空を翔る美しき魔女達の激戦記第二巻。

謎の敵ネウロイの空中要塞を撃破し、活気づいた智子達いらん子中隊とスオムス軍。 しかし新たに現れた敵新型機と高度化した戦略により駐屯基地は破壊され、 守り抜いてきた街も奪われてしまう。 強力になった敵に対して既存装備に限界を感じ、届けられた新型装備に換装していく中隊の面々。 そんな様子を尻目にひたすらに自らのスタイルを守ろうとする智子だったが、 その前に本国から新型装備「キ44」とともにやってきた技師の青年が現れて…。

今回もさっくり読めて程よく面白いというなかなかのバランスの良著でした。 新型装備への換装ネタはやはり燃えます。ええ。 表題の通り、今回は智子少尉に恋話が持ち上がるわけですが… 自分の気持ちに素直になれないままに、恋に舞い上がった状態の智子少尉も良いのですが、 思い人のそんな様子に嫉妬して右往左往するハルカちゃんがたいへんにアレです。 ストレートに言えばエロいです。寝取られです。妄想脳が刺激されて辛抱たまりません。 状況はハードで本筋はキツいはずなのに、なんでこんなピンク色の思考で読まなきゃならんのか わかりません。でも面白エロかったので万事問題ありません:D GJ!<思考停止



@ 『陰からマモル!(2)』:まだらさい(ISBN9784840116787)。 コミックアライブ連載。 阿智太郎原作のMF文庫Jのシリーズの挿絵師自らがコミカライズした作品の2巻目。 1巻を読んだときは一枚絵としてはともかく漫画としては辛いという印象だったのですが 2巻収録分からは漫画としても非常にこなれてきて、ほぼ文句ない出来上がりに。 元々シャープかつ華やかな絵柄なのも相まって大変楽しく読めました。 今回はゆうなちゃんのアイドルオーディション話や 真双津さんとのデート、山芽ちゃん登場とストーリー的にも賑やかなのが揃っています。

ゆうなさん作詞作曲のバナーナバナナが凶悪なのは当然としても、 やはり洋服姿の真双津さんの破壊力は 最強に強まっており、あんな魅力的な姿でいい笑顔されたらもうねと。 アニメ版でもこの原作の真双津さんのシャープさと可憐さが表現出来ていればと 悔やまれます。絵的には問題だらけだったので言うだけ無駄ですが。

なお、掲載誌であるコミックアライブ最新号には本巻の掛け替えカバーが付属しています。 表表紙はいいとして、裏表紙が恥じらい真双津さんのブルマ姿という アレでソレな代物ですので、興味のある方は是非本誌をご購入ください:D



@ 『看板娘はさしおさえ(2)』:鈴城芹(ISBN9784832276178)。 まんがタイムきららMAX連載。 質屋を舞台にした愉快な家族+幽霊の女の子のほのぼのストーリーの2巻目。

今回も前巻同様に、色々デンジャラスながらもほのぼのとした生活が描かれていますね。 新キャラクターとして隠居していたおばあちゃんが登場して、 小絵ちゃんが如何にして現在のシビアさを身につけたかが判明したりとか。 若い頃のおばあちゃんが素敵なのですが、おつき合いするのは大変そうです。 十世ちゃんはロボマニアっぷりがさらに白熱してきてなんともはや。 お父さんと一緒におもちゃで遊んでくれたり、ビデオに見入ったりと 喜々として付き合ってくれるなんて、ああいい娘じゃ…。 個人的に最大の見所である所の お父さん&お母さんのドキドキアダルト会話は今回も冴え渡り、鼻血モノです。 サンタ衣装でワクテカだったり、腰は運動不足にならないだったり、毎日だったり お盛んすぎです(^-^;;;

キャラ絵も可愛らしく、ストーリーもしっかりしているので読みやすい 素敵なほのぼの話です。個人的にオススメ。絵が気になったら手にとってみてください。

(Permalink)



@ 『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず・すりー』:新井輝(ISBN4829163844)。 富士見ミステリー文庫新刊。ROOM NO.1301シリーズ短編集第三弾です。 ファンタジアバトルロイヤル誌にて掲載された3編に書き下ろし1編を加えた全4本。 まさかのドラマCDも今週発売予定です。Amazonさんで注文済み:D

刻也の彼女 鈴璃さんと綾さんの第一次接近遭遇 …「私と綾さんと不埒な男」。 鈴原に強制的にお試し合コンに連れ出された健一だったが …「俺と鍵原とお試しの合コンプレイ」。 ”週に何回くらいひとりエッチをしてました?”刻也の妹 狭霧ちゃんの津々浦々 …「私と皆と一人の夜」。 早苗さんの喫茶店にやってきた彼女の担当編集者・薫沢だが …「私と今西先生と本気のお仕事」。

『ああんっ!メガネ様☆』の一言に尽きちゃう気もする今回でした(ぉぃ ぼちぼち始まるであろう刻也編の導入なのか、彼絡みの話が多い印象ですね。 白眉は一本目の「私と綾さんと不埒な男」ですね。 後書きでは撲殺キャラとしてさんざおなじみの鈴璃ちゃんが本編でも怒り狂う話ですが 徹底的な勘違いっぷりと、それに気づいても訂正しようが無く大困惑の刻也くんの やりとりがたいへん楽しくてニヤニヤしまくりでしたよ。 鍵原編はいつもの鍵原でしたが、本当に普通にしてりゃ可愛いのに…って感じですわな。 狭霧編は彼女の性格を端的に示すなんでもないエロエピソードをやりつつも、刻也と父との対立の理由の一端を示してみたりと結構上手い構成でちょっと感心。その達観しぶりはエロいよ>狭霧ちゃん 薫沢さん編。生メガネ様ワラタ。新キャラなのにこのキャラ立ちっぷりは流石というかなんというか。

ROOMは無理なのでメガネ様でアニメ化しますという超展開の前ふり…というありえない予想が脳内POPしましたが…さすがにねーわな(笑



@ 『思春期クレイジーズ』:紺野あずれ(ISBN4862521274)。エロ漫画。 コミックメガストアH誌にて連載された中編2本に短編とその続編の2本をまとめた一冊。 作者2冊目の単行本。コアマガジンからは初。 同人ではおなじみの作者の持ち味である後交ネタが満載の一冊。 なお登場人物はオール学生です。

「アナルセックスなんて常識よ。」あっけらかんと語る友人達に流されるまま、 彼らの後交シーンを見せ付けられた少女は、自身も少しずつ染まっていって …『思春期クレイジーズ』。 バレー部の次期キャプテンを任された少女。 先代が彼女に告げる代々伝わる特別なイイコトとは …『キャプテンのお仕事』。 つき合いだして半年、キス止まりだった常盤木さんとその彼氏。 ある日プールに呼び出された彼氏は、常盤木さんの強烈なアピールにノックアウトされて …『常盤木さんの猛攻』。 エッチに目覚めちゃった常盤木さん。普段控えめな彼女からの熱烈な求めは今日も続いていた …『続 常盤木さんの猛攻』。

すっきりした清涼感のある絵柄で繰り広げられるエグめの行為が満載の一冊。 ストーリーはラブコメラインだったり、コメディラインだったりと ダークな要素の無いものですが、 セックスシーンはお尻の穴を剛直で貫かれ 快楽に打ち震え、涙と涎で顔をぐちゃぐちゃになったアヘ顔を晒す女の子満載。 どこにでもいそうな普通の子が徹底的に快楽を貪りつくす… これが魅力的でなくてなんなんだということで、文句無くオススメの一冊です。 スク水だったり、ブルマの股間を切ってみたり、首輪だったりと フェチ要素も取り込みつつも、話の筋や絵柄は万人向けと間口が広いのもいいですね。 今後も要注目です。 (Permalink)



@ 『卑猥な家族』:東雲龍(ISBN4790118908)。エロ漫画。 松文館の近親相姦系アンソロジー等に掲載された短編集。 母子5本、姉弟2本、兄妹3本の全10編、 ということでオール近親相姦ネタです。

少女マンガ流れの可愛らしいアニメ絵に、 ディフォルメの利いたムチムチボディが魅力的な一冊。 前述のように近親相姦ネタ満載で、強要系からラブラブ系まで手広く揃っています。 正直、絵の方は少々安定性に欠き、最近の流れから言えば 古い目の系統に属しますが、そこが逆に魅力的に映るんですよね。 しっかり読めてしっかりエロい。近親ネタが好きで絵柄に抵抗感がなければ 手にとってみる価値のある一冊だと思います。 (Permalink)



@ 『羞恥快楽』:FEENAA(ISBN4862521266)。エロ漫画。 コミックメガストアH誌にて掲載された短編集。 レズにふたなり、ショタっ子逆輪姦に妊婦に どっきりマイク○ーン風とちょっとマニアックなネタが満載の一冊。 全体にカラッと明るい雰囲気です。

いじめにあい、おばさんの薦めで性別を隠して女子高に転校してきた男の子。しかし過激な身体測定で直ぐにバレてクラスメート達にたっぷり可愛がられる事に…「イジメられっ子は人気者♥」。 落ち目のアイドル二人が初の水着グラビアに挑戦。水着になることを拒否し続けていた二人の理由とは…「アイドル達のヒミツ☆」。 侍女達に性的なイジメを繰り返すお姫様。しかし侍女達の反撃に会い城下町で痴態を披露する羽目に…「主従関係」。 女装癖のある可愛い男の子の男としての自覚を持つよう促すために母親が取った行動は、女湯に連れ込むこと?…「正しい男の育て方」。 夫に先立たれ肉欲を持て余す妊娠中の母親。自慰シーンを娘に見られ、彼女の言うがままに体をもてあそばれる日々。そんな様を今度は息子に見られてしまい…「禁じられたお遊び」。

どの作品も癖の強いディフォルメを施された巨乳の女の子達が グロテスクなまでに描写された局部を目いっぱい使って 汁気たっぷりに乱れまくります。 10年選手な作者さんだけに、安定感がありますね。 キャラ絵はちょっとクセが強く、 ネタ的にも好みが分かれるとは思いますが濃いネタとエロスは一見の価値ありかと。

ところで後書きの記述がちょっと気になるんですが、何かあったんでしょうか? (Permalink)



@ 『ボクノアイジン(限定版CD付)』:艶々(ISBN4894217198)。エロ漫画。 COMICS桃姫にて連載された表題シリーズをまとめたモノ。 なお限定版にはオリジナルシナリオのドラマCDが付属しています。 オール年上和姦大行進。露出やわずかにスカ描写、後虐は多少多め、 大変性に開放的な方ばかりなので、鬱っぽい要素は欠片も存在しません:D

表題作はとある巨根の少年を主軸に、 彼の年上のアイジン達との肉欲にまみれた日々を描いたシリーズです。 前半は彼と友人の母親(未亡人)との肉欲関係を、担任教師とのSEXや 母親と肉体関係を持つ別の少年を絡めて…という展開ですが 中盤〜後半にかけては、学園を舞台にして彼と教頭(41)との肉体関係 、そして彼に開発された担任教師との絡みという展開に完全にシフトします。 ストーリーはあって無きがごとして、 ともかく年上の自分の欲望をなんでも受け入れてくれる抱擁力に溢れた 女性達にたっぷり甘えつつ、濃厚なSEXを繰り返す感じですね。 絵柄の方は正直古くさいですが、 むっちりとした女性陣の体つきはすこぶる魅力的です。 逆にこの絵柄だからこそ40代のオバサンでも魅力的に以下略。 不満点は、やはり途中からの路線変更ですかね。後半もそれはそれで悪くないのですが 前半の女性陣がほぼ完全にフェードアウトしてしまうのが残念無念。 ハーレム展開が欲しかったなぁ。

今更言うまでもなく年上属性持ちは絵柄に抵抗がなければ特攻して良し。 従来マーク無しの単行本を多数発売されてる作者さんですが 今回はマークありですのでその辺もお見逃し無く



@ 『はたらくお姉さん』:H-Magic(ISBN4871828921)。エロ漫画。 このペンネームでは初単行本かな。別ネームで茜新社その他で発表した短編をまとめたもの。 表題通り、女性陣はニュースキャスターやOL、キャリアウーマンなど社会人ばかり、 そんな彼女達の高慢な態度に男がぶち切れて強姦>輪姦というダークな展開ばかりの全10編。 後虐多め。最初抵抗中グチョグチョ終わりメロメロな感じで。

表紙絵を見ればわかる通りに、絵柄は完全に田中ユタカ直系。 画面の濃度が多少濃いので見れば判りますが、気づかない人も居そうです。 シミ一つ無い美しい体を無理矢理かつ徹底的に責めあげられ、 田中ユタカの絵は好きだが、エロが温すぎて駄目という向きには本作は待望のモノかと。 快楽のうねりの中に取り込まれて表情を歪め、悦に浸る様は非常に扇情的で良。

絵もストーリーも高値安定のしっかりしたもので、強要展開が駄目…という 方以外にはオススメ出来る一品かと。現在はLOで主に活動中というのが 個人的にはちょっと残念かな。おっぱいおっぱい!



@ 『アイヨク』:ぽてころ(ISBN4887742134) エロ漫画。Mujin誌にて掲載された短編に三和のマショウ誌にて掲載されたお馬鹿エロ兄妹モノフルカラーショート連作「美咲ちゃんアワー」を差し込んだ構成。なお作者6冊目の単行本ティーアイ系では2冊目かな?

メインは現代劇で学生系。メガネつ娘多し。他、属性的には淫乱、輪姦等々。アニメ絵系のキャラで頭身はやや低めですが、体の方はきゅっとお肉の詰まった感じのメリハリボディです。過度な虐待、いじめなどの結構ヘビーな物語をよく描かれる作者さんですが、それに較べると今回は全体的にマイルドな印象ですね。特徴としては痴女、というか肉欲に溺れてどこか狂ってしまった女の子が多数登場することかな。飽くことなく男を求めて自らの体を開き、もはやそれ無しでは生きていけない女の子達による濃厚な交わりが堪能出来ます。

前述のように従来はやや薦めづらい印象のある作者さんでしたが、今回については比較的間口は広いと思います。やや不安定感のあった絵柄についてもキャラクター、背景その他共に順当にレベルアップしかなり安定してきてますし表紙&裏表紙の絵柄が気に入ったらチャレンジしてみるのも一興かと。恋人達のらぶらぶスキーにはちょっとキツイと思いますけどね(^-^;



@ 『会長はメイド様!(2)』:藤原ヒロ(ISBN4592184327)。 LaLa連載。元男子校で少数派の女子のために奮闘する女生徒会長・鮎沢美咲。文武両道、おっとこ前な性格で男嫌いな彼女は学園の男子陣に恐れられる存在。しかし実はなりゆきと金銭的事情からメイド喫茶でバイトしていたりする。その秘密を学園内で一目置かれる一匹狼な男子、碓氷に知られてしまい…てな感じの物語の2巻目。

やー、今回も会長が可愛くて格好良くて素敵ですな:D 普段気を張って我が道を貫いてるけど、碓氷に迫られると途端に顔を真っ赤にして狼狽え倒す弱さを垣間見せるところとかもうね。絵的にも抵抗感まったく無くストーリーラインも妙なオタいぢりも無く明快で気持ちよく読める一冊。ライバルキャラも登場で当面は安泰かな。オススメです。



@ 『あらいめんとゆ〜ゆ〜』:松本ドリル研究所(ISBN4862521134)。エロ漫画。 COMICメガストア誌で連載された表題の長編と描き下ろしエピソード1本を収録。 エロ漫画の単行本としては作者初かな。とはいえ 過去に別名で一般単行本なども出されていますし、 同人誌の方で定評のある方なので、初単行本という感じはしませんが。 属性的には尻肉、ふたなりレズ、女性化、触手…という感じかな。 強要展開もアリですが、基本アホギャグなので以下略。

片想いのまま死んでしまった少女・高橋は幽霊となり、 一人寂しく学園を彷徨っていた。 しかし、「トイレの花子さん」の櫻子さんと出会ったことから状況は一変。 傍若無人な櫻子さんによってハチャメチャエロエロな幽霊生活を送ることに… 「あらいめんとゆ〜ゆ〜」。

「うほっ…イイ男…」などパロディ (というかそのままだが)満載で贈るコメディ色の強いドタバタエロコメディ。 ストーリーの方は勢い任せのなんでもアリで、真面目に追うだけ無駄って感じですが 楽しくはあるので良し。そんな中でもエロはかっちり手抜き無しなのが良い所。 むっちりボディの中ですらさらにむっちりな尻肉を強調しつつ、 やわらかそうな局部や乳房などを駆使。 目の色を変えてのがっつくような激しい行為でメロメロにと 全体に渡ってパワフルなエロシーンが頻出します。 ドロドロに蕩けた表情が非常に魅力的ですね。

ジャケ絵が気に入ったら購入して問題無しだとは思います。 ただ引っかかる人はギャグ展開にひっかかるかなーという気も。 エロ漫画だからそのへんは割り切れ。



@ 『恋する放課後』:槍衣七五三太(ISBN4862521126)。エロ漫画。 待望の作者初単行本。なお作者名は「やりいしめた」と読むとのこと。 COMICメガストアH誌にて発表された短編を9本収録。 強要展開のものも2本ほどありますが、他は総て甘ったるい恋人達の らぶらぶえっちモノ。

体育祭の応援合戦で詰襟姿の女の子。保健室でサボっている彼氏を叩き起こしに来るが欲情した彼に押し倒されて…「せんぱいのバカ」。 無口で大人しく体の小さな女の子と、その彼氏であるノッポの男の子。女の子を気遣うあまりに最後までイケなかったが…「やさしい恋人」。 歳の離れた幼馴染であるお姉さんと亮太くん。 歳の差を気にして煮え切らないお姉さんをその気にさせるために亮太くんは一計を… 「亮太がゆく」。 無事に亮太くんと恋人になったものの、主導権を握られっぱなしで面白くないお姉さん。立場の逆転を狙って一計を…「その後の亮太がゆく」。 両親の再婚で出来た義妹との関係に悩む青年。その上夜な夜な枕もとに立つ何かに神経をすり減らすが…「ボクのいもうと」。 披露宴の真っ最中の新婦を襲う親戚の男たち。彼らのいう仕来りとは…「大高平の一族」。 一目惚れしたクラスメートの少女。サバサバして男らしい彼女とすぐ友人となったものの、恋人へは進展出来ず悩む日々。 そんなある日、彼女に友人の少女を紹介され…「放課後は教室で」。 自分に自信が持てず、幼馴染との恋人関係にあることを公表できずにいる少年。二人きりの甘いひと時の中で思いを新たにし…「鈴城くんとまどかさん」。 学園の中でリモコンバイブのコントローラを拾った少年達。 その持ち主は凛とした美人教師で…「Remote Control」。

初単行本ですが、全体的にレベルの高い一冊。 絵柄変化は多少ありますが、もとより完成度が高いため差異は小さいです。 PC制作らしい線の整ったすっきりした画面が印象的。 女体もないちちさんからボインさん、ちまちました可愛らしい女の子から キツめの女教師までと幅広く安定感があります。 和姦展開のものは短編ながらもしっかりとしたストーリーを構築してるのも評価高め。 ストーリーの薄い凌辱モノは少々物足りない感があるので らぶらぶモノで頑張って欲しいかなと思います。今後が楽しみな作家さんです。 カバー絵が気に入れば、どうぞ。 個人的なお気に入りは「やさしい恋人」かな。健気っ子御奉仕〜♪



@ 『魔法先生ネギま!(17)』:赤松健(ISBN4063637743)。 週刊少年マガジン連載。 ハイパーバトルが全編で繰り広げられる第17巻。

学園の生徒達を巻き込んでの超の火星ロボ軍団との激戦。 生徒側有利で進行していたが、 姿を現した超と彼女の秘密兵器投入により一気に形勢逆転されてしまう。 魔法先生達ヒーローユニットが次々と消される中 最後の頼みの綱はやはりネギ先生だけ。 生徒達に見送られて今、超との最後の戦いへ飛び立つ。

学園祭編もようやっと終わりが見えてきた感じでしょうか。 超のラスボスっぷりが凄いなぁ。 彼女の強さの一旦は想像の通りでしたが、その後の展開は…反則だ(苦笑 信念バトルとしては難しいとこですが、 10歳の結論としては上出来過ぎなんではないかと。

ネギVS超、茶々丸軍団VSネギパートナーズ、龍宮VS楓と 見応えのある戦いが続くのでお腹一杯感のある1冊。 ちうたんのアーティファクト発動や、活き活き明石なども見所でしょうか



@ 『とらドラ4!』:竹宮ゆゆこ/ヤス(ISBN484023681X)。 電撃文庫新刊。ちょっぴり変わった連中が巻き起こすドタバタラブコメ大騒動の4巻目。 夏だ!海だ!のバカンス編。

夏休み。亜美の別荘へ旅行に行くことになった竜児達。 互いに想い人との泊まりがけの旅行という千載一遇のチャンスを不意にしないため、 今回はどちらか片方を全面サポートすることに。 無事に権利を勝ち得た竜児に、大河は実乃梨攻略の秘策を授けるが…。

やー、素晴らしい。どの娘もそれぞれの魅力一杯ですが、 その中でも今回はみのりんに尽きるでしょう。 太陽のような爛漫の明るさの奥に秘められた 彼女の本心が垣間見える夜の海岸シーンはとても素敵です。 ま、長年連れ添った熟年夫婦っぷりを醸す大河と竜児も可愛くていいんですけどね:D 最後のどんでん返しには参った。素敵すぎるわ、みのりん…。 今までのコメディリリーフっぷりからラブコメ要員としては見られてないのかなと思っていましたが ここまで華麗に参戦するとは…。ああもう可愛いなぁ。

亜美ちゃんも頑張ってるんですが、やはり上の二人にはかなわないなぁ、 スタート地点がマイナスだし(^-^;;; 巻き返しに期待ですね。 本当に上質のラブコメです。次巻が待ち遠しいです。



@うらにわのかみさま-夜空の海と炭酸と-』:神野オキナ(ISBN4894255006)。HJ文庫新刊。

神無年…神々の休養年に地上の平和を護るため虎神さまの巫女となった少女ユウ。 夏休みを目前に再び事件が。神の乗り物「アマノウキフネ」が船幽霊達に強奪されたのだ。 強力な相手に対して、本土からやってきたウキフネの管理を司る蛇神とその巫女と 共に事態にあたることに。しかし猫姉ェ率いる猫神一派が騒ぎを見逃すはずもなく…。 神無年に繰り広げられる神様たちのノーテンキな代理戦争もどきの大騒ぎと、 それに巻き込まれた少年少女のボーイミーツガール物語の第二巻。

やっぱり神野作品にはぽややんエロお姉さんが居ないとね!という感じで 新キャラの狭霧さん登場だったり、今回も猫姉ェが可愛かったり、 ユウと霧人のほのぼのラブコメが微笑ましかったり、 マニアックネタ多発だったり(ちゃんとカラー口絵の猫姉も格好が「アレ」だし) 完全に予想外のゲスト登場(挿絵まであるとは…)だったりと愉快な1冊でした。。 ネタの度合いが強すぎてラブコメ的に見るとシーンが物足りない感もありますが 多様な神様達の一風変わった存在感が好きですね、このシリーズは。

なお沖縄旨いモノ巡りはこのへん(参考)ですな。ジャンボバーガーは美味しそうだなぁ。

(Permalink)



@ 『初恋マジカルブリッツ-もっと大好き、してください!-』:あすか正太(ISBN4086303302)。 スーパーダッシュ文庫新刊。 魔人リリスの力を宿した少年を巡り、恋にHに大忙しのドタバタ学園ストーリーの7巻目。

アルミナを連れ戻すために地上に降り立った地獄からの使者・魔神の少女ウル。 学園に紛れ込み、あの手この手と大騒動を巻き起こす。 否応無しに事態に巻き込まれた鼓太郎達の運命や如何に。

と、とりあえずこのシリーズでそっちの方面はあんまり読みたいと思って無かったよ?(汗 >恋○くん 本当にドタバタ学園モノに路線変更したんですなぁ。 あんまりコメディ方面に振りすぎると後で 本筋を進めようとしたときに困りそうですが要らぬ心配ですかね。

がっつりとした本番描写は無かったものの、 未遂及び軽めの表現は多々あってよろしゅうございました。 祈梨ちゃんは本筋なので置いとくとしても、 大好きなお兄ちゃんに迫られてうろたえ倒す琴子ちゃんが可愛かったです。 今回また犠牲者が増え、今まで散々匂わせてきたあの人も ついに軍門に下りそうなので、次が楽しみです。

でもちょっと迷走感はあるんだよなぁ。 お話の進行スピードもかなりスローペースになってきてますし。うーん。 (Permalink)



@ 『げーむ屋さん?』:春風道人(ISBN4575940585)。COMIC SEED!連載。ゲーム会社残酷物語。 COMIC SEED!が双葉社へ移動したことにより立ち上がった Action Comics SEED!レーベルの創刊第一弾。 「ゲームクリエイター」志望の学生さん、 とくに専門学校とか入る前の、 「まだ取り返しがつく人」に読んでもらいたい一冊(ォィ

新人デザイナーの結城くんが体験するゲーム会社の実態とは。 夢も希望も無い殺伐とした世界がそこにはあった…。

変則の4コマ漫画形式で綴られるゲーム会社の日常物語。 ゲーム開発における笑えないエピソードやら、会社組織としてのアレな話など 夢見る若者の夢を摘んでくれる話が一杯です。 職業紹介漫画の側面が非常に強く、 漫画としての面白さは二の次になっていることに注意。 普通の萌え4コマやら萌え漫画を期待して買うと思い切り肩透かしを食らいます。 春風道人氏の女性キャラクターは大変に魅力的ですが 作品の方向性がそんな感じなので宝の持ち腐れ感は拭えません。 大好きな絵師さんなので、私的には満足ですがね:D

なお本作品で描かれるゲーム会社は、 会社組織として正直かなりマトモな部類だと思います。 ぶっちゃけこんな会社なら転職したいわ(ォ この程度で引いてるようなら、 こんな業種最初から避けといた方が無難です。 (Permalink)



@ 『げんしけん(9)特装版』:木尾士目(ISBN4063646742)。 月刊アフタヌーン連載。シリーズ最終刊。 特装版には大量の豪華ゲストを迎えたげんしけんオリジナル同人誌とドラマCDが付属します。

すべての事象があるべきところに落ち着き、 そして流れは受け継がれていく…そんな感じの見事な最終刊でした。傑作でしょう。 前巻で笹荻話が落ち着いた分、今回は斑咲がクローズアップ気味。 咲ちゃんの真ヒロインの貫禄がもの凄いことに。 今回の咲ちゃんの可愛らしさは特筆に値するかと。 最初の尖ったところが影を潜めて、丸くなったというのもあるでしょうけどね。 大野さんはお色気担当というよりヨゴレに転落しちゃったしなぁ(^-^; そして涙無しには読めない斑目の恋が…。せんせーココロが痛いです、キシキシ軋みます。 あのへんの微妙な距離感はよく分かるなぁ。

おまけ同人誌で一番ウケたのは篠房六郎氏のもの。全体に判りすぎて痛い(^-^;;;; 意外や意外の安彦良和氏も驚きましたが 畑健二郎氏や藤木俊氏などの応援しているサンデー系作家さんも参加してたのが嬉しかったですねぇ。 (Permalink)



@ お約束。現実と2次元を混同しない。

『発育っちゃうぞ♥』:ほかまみつり(ISBN4871828883)。エロ漫画。LO COMICSレーベル新刊。 単行本3冊目。COMIC LO誌に発表された中短編集。掲載誌の通り、ティーンズ。現代劇。 ビターなラストもあるが和姦作品中心。ハード系、凌辱系は無し。お兄さんと少女が基本。 レズものも1本あり。まあ、LOなんでお察し下さい。

今日も校門でいとこのお兄ちゃんを待っているおっぱいの大きな女の子。 ただの従兄弟と言いつつも、無邪気な彼女のスキンシップにお兄ちゃんはドギマギで …「今日からespecially niece」。 急に胸が膨らんじゃった女の子。今日も体操服で擦れちゃってさきっぽが痛いけど、 ブラは恥ずかしいし…そうだ今日もせんせいにマッサージしてもらおう …「いたいのいたいのとんでけー…って?」 今日もお兄ちゃん二人と秘密の遊び、あんまり気持ちよくておっきなおっぱいから …「小学生母乳 ももか・みーるく」。 教え子の少女に秘密を握られた教師。彼女の言うがままの生活が続くが …「姫さまズーム・イン」。 なかよしの家に泊まりに来た女の子。そんな彼女の本当のお目当ては …「おうちへおいで-パジャマの日-」。 幼い妹と共に兄との肉体関係をもっていた姉。 進学を機に自分たちの関係の異常性に気づき、悩むが …中編「ガラスに描いた星の地図」。

冒頭3本の巨乳…学生シリーズが個人的には大ヒットですな:D  従来の細い体とふくよかおっぱいのコントラストが眩しく、 さらにそれを揉むわ吸うわなのでポイント高いです。 絵の方は相変わらず、少し荒い印象も受けますが、 独自のラインで描かれる線の細い女の子達が千々に乱れる様がGoodです。 連載作になると、内容の善し悪しはともかく毎度展開が鬱っぽくなるのが評価の分かれるところですが 今回はわりと軽かったんじゃないかなと。いやまあ重いにゃ変わりないんですけどね(汗 そこのへんはしょうがないところと割り切るべきでしょう。ネタがネタですから。 今回も良いモノでした。 (Permalink)



@ 『マリア様がみてる-クリスクロス-』:今野緒雪(ISBN4086008599)。 コバルト文庫新刊。

バレンタイン当日、第二回「次期薔薇さまのお宝探し大会」が催される。 思い思いの方法でカードを探す参加者達。 その中には祥子様に焚きつけられ参加した瞳子の姿もあった…「クリスクロス」。 バレンタインの少し前、 地図を囲んでお宝探し大会のカードの隠し場所に 頭を捻る山百合会2年の面々の姿を追う…「地図散歩」。

今回の巻を一言で表すと「まて次号」という感じですね(^-^;;; 確実に状況は動いてますが、この調子だと問題そのものは棚上げで 解決は後に譲る気がしてなりません。 見所は、相変わらずらぶらぶな白薔薇姉妹とか、 照れ気味の祥子さんが可愛かったりとか、 互いにツンデレ風味な真美さんとこの姉妹とか、 乃梨子ちゃんVS瞳子ちゃんとかですかね。 イラストの秀逸度は今回も高いですが クリスクロスのラストイラストは特に素晴らしいです。 先にイラストだけ見るとかしないように:D

余談。『紅薔薇を無礼(なめ)るなっ!!』。 前巻からこのフレーズが脳裏に浮かんでしょうがないんです(苦笑 (Permalink)



@ 『死者の村の少女-サーラの冒険Extra-』:山本弘(ISBN4829118792)。富士見ファンタジア文庫新刊。 ソードワールド短編集。 先日完結したソードワールドノベルズ「サーラの冒険」シリーズのサイドエピソード中短編集。 最終巻の内容に直接繋がるものばかりなので シリーズを読み終わってから読むのが吉のようです。 これをもってシリーズ終了とのことで楽しみに待っていた一冊:D

ザーンの盗賊ギルドマスター・ダルシュが垣間見た絶望の未来とは。 何気ない恋歌が招いた歴史の分岐点…「時の果てまでこの歌を」。 冒険者に憧れる快活な少女リゼット。 秘密の遊びの途中、魔獣を見かけたことから、村に本物の冒険者がやってくる。 彼らの中に同じ年頃の少年を見掛け、興味を抱くが…「リゼットの冒険」。 罪を犯し、サーラの前から消えたデル。 絶望に苛まれながらたどり着いたのは死者が支配する死に絶えた村だった…「死者の村の少女」。 雑誌にて発表された短編二本に書き下ろしの中編一本を加えた短編集。

赴きはそれぞれですが、どれもサーラの冒険らしい「愛」にまつわるストーリーでした。 ソードワールドの物語でありながら、 枠に囚われない自由な発想で紡がれるエピソードはどれも一癖あって良いものです。 特にシリーズのヒロイン・デルを主人公に、彼女の内面に切り込んだ 表題作「死者の村の少女」は既刊読者には特に興味深いでしょう。 本編6巻でダルシュが語った「夢」の詳細である「時の果てまで…」も 最後の戦いが描かれる点において見逃せません。 ともかく「サーラの冒険」ファンの方なら読んでおいて損はないかと。

ですが、個人的な白眉は 山本弘の面目躍如的な「女戦士の危機ごっこ」ネタですね。 リゼットのキャラ造形が趣味丸出しぽいなあと思ってたら…まったく(苦笑 いや、さすがにツボを押さえてるなーとね:D (Permalink)



@ 『ハヤテのごとく!(9)』:畑健二郎(ISBN4091206964)。 週刊少年サンデー連載。ドタバタ執事ラブコメ?の9巻目。 今回は各キャラの掘り込み話やヒナ祭り祭り編で賑やかですな。 恋愛絡みでドタバタしてるマリアさんやヒナギクさんが大変にラブリーです。 …が、まあ、なんだ…ともかくだ。

綾崎ハーマイオニーたんメインヒロイン認定おめでとうございます!!(ォ

以上<駄目な20代男性の主張 それにしてもみょーに思わせぶりなアレやソレが気になる。 (Permalink)



@ 『パンプキン・シザーズ(6)』:岩永亮太郎(ISBN4063722147)。 TVアニメ化に伴い、マガジンGREATから月刊少年マガジンに連載誌移行。 戦争の傷跡…戦災に立ち向かう陸軍情報三課「パンプキン・シザーズ」の戦い6巻目。

上記の通り、ちょうど掲載誌を移行するところの巻で、番外編的なストーリーと 物語の基本設定の再説明的なお話で構成てな感じですね。 表紙はアリス少尉のけしからんおっぱい&生意気なおっぱいなおねーさま'sのブロンドねーちゃんB 級お色気アクション映画ばりの艶姿で喜んでたんですが、 収録のショートストーリーの破壊力が反則気味でもうね…エリスねーさまはなんか人妻なのにアレという ドリーミングな存在であることが露呈するわ、 ソリアねーさまはもう…あんな迫り方されたらそりゃ勝負にならんですよ、男は全面降伏ですよ的なアレでそれで 「お子胤」ハァハァ <…… 反則揃いのマルヴィン家の女性っていったい…。

とはいえ、メインストーリーはさらにきな臭さを増し、 ぼちぼち伍長の過去に切り込んでいくんですかね。連載ペースアップでお話の展開も 早くなると良いのですが。 (Permalink)



@ 『よつばと!(6)』:あずまきよひこ(ISBN4840237026)。 COMIC電撃大王連載。天真爛漫元気いっぱい5歳児よつばちゃんの驚きに溢れた日常物語の6巻目。

夏休みが終わってもよつばちゃんの日々は続きます。 とーちゃんに自分の自転車(補助輪つき)を買って貰い、 彼女の世界は一気に広がりますが、 ちょっとしたきっかけから大冒険に出ることに…はてさて無事に済むやら。

よつばちゃんてハーフでしたっけ? 久しぶりにそういう描写が入って再認識しましたよ。 今巻はやはり自転車に尽きるでしょうね。 子供にとって、自分の世界がぐっと広がる瞬間のひとつでしょう。 このへんの細かい表情描写はやはり上手くて感心します。 お休みが終わってもいつもの面々は変わらず登場で安心。 ふーかちゃんの制服姿はえちいからいいね!!<馬鹿 (Permalink)



@ 『ひとひら(3)』:桐原いづみ(ISBN4575833118)。 コミックハイ!連載。引っ込み思案であがり症の麦ちゃん頑張る!な学園青春ストーリーの3巻目。 なお、2007年のアニメ化も決定しています。

いつ声が出なくなるかわからない…野乃先輩のノドという爆弾を抱えながらも、 ついに演劇研究会の存続を賭けた文化祭公演が始まる。 初舞台、大勢の客の前でパニりながらも、 先輩らのフォローを受け、なんとか拙い演技を続ける麦だったが… 果たして勝負の行方は?

ここまでストーリーの大きな軸にケリが付き、第二部開始…という感じでしょうか。 連載を読んでいて、てっきり終わるのかと思いましたが、まだまだお話は続くようで。 アニメ化の話で引き延ばしたんじゃないかという気もしなくはないですがね:D いまのところまだ新展開がどこへ向かうのか見えません。 いまどき珍しいくらいにベタな学園青春モノなので、その軸さえぶれなければいいのですが。 (Permalink)



@ 『めっちゃキャン(2)』:国広あづさ(ISBN4253212026)。 月刊少年チャンピオン連載中の築地魚河岸グルメコミックの2巻目。

今回も老舗仲卸『一心』十代目の天海いちごちゃんがおパンツ全開しつつも、 義理と人情と食欲とおせっかいと その卓越した鼻・腕・眼で数々の問題を解決していく感じですね。 今巻ではアナゴ、ホタテ、ハモが出てきます。

変化球の料理漫画+ウンチクたっぷりで読み応えアリで楽しいです。 メインストーリーはより料理対決モノに寄って行くようですが ウンチク部分もしっかりやっていって欲しい所ですが…。 今回もまた巨乳エログルメ評論家が頑張ってくれてるので、 むちぷり分も補充できるかと(ォ

あー、アナゴ天喰いて〜:D___ (Permalink)



@ 『百合星人ナオコサン(1)初回限定版』:kashmir(ISBN4840236992)。 電撃大王連載のちょっぴりセンスオブワンダーな不条理系ショートギャグ漫画の1冊目。

みすずちゃんの家にいるかなり変わったお姉さん。 彼女こそ地球総百合化による制服を企む百合星人ナオコサンなのだ。 そんなことはわりとどーでも良い感じ(ぉぃ)で、 ナオコサンは今日もエロと幼女のために得意の超科学で暴走するのだった。

目次で吹いたのは久しぶりの感覚ですね。 しょっぱなから「粘膜保護同盟」って…。 kashmir氏のヤバめの感覚が炸裂しまくった飛び道具揃いの一冊。 素敵台詞例。 「お姉ちゃんのスカートはいて遊んでたら急にちんちんが!!! ちんちんが!!!(ギューンて)」(ショタ弟)、 「そうそう戸棚の中にエロ本入ってるから(レンジでチンなさい)」(母)、 「エロ同人誌を出して初めて一人前の男だ!」(ナオコサン)etc。 そろいも揃って変な人たちに振り回されつつ、静かに突っ込むみすずちゃんの 健気な姿がたまらんです。 10月に出た「○本の住人」よりも確実に間口は狭いですが、 kashmir濃度は格段に濃いです。オススメしていいもんかどうか迷いますが まあ、アホ漫画が好きなら読んどけ的な。脳みそから変な汁が出ますけど。

やっぱり黒髪ポニーテールは最高だよ! みすずちゃん可愛いよ!!(壊 (Permalink)



@ 『銀盤カレイドスコープ Vol.8-コズミック・プログラム:Big time again!-』(ISBN4086303264)、 『銀盤カレイドスコープ Vol.9-シンデレラ・プログラム:Say it ain't so-』(ISBN4086303310):海原零読了。スーパーダッシュ文庫新刊。氷上に舞う美しきフィギュアスケーター達の物語の最終巻2冊同時発売です。

追い続けた憧れと肩を並べるため、そして自分自身を見て欲しいから… そんな思いから絶対王者リアに対し、高らかに勝利宣言したタズサ。 バンクーバー五輪を控えた最後の大会の夜、リアとの会食の場で 改めて自らの決意を告げる。 それが女帝の逆鱗に触れるとも知らずに…。 そして波瀾の五輪が幕を開ける。

普段は移動時間を読書時間にあてるのですが 9巻目は一気読みしました。 理由は展開が精神的にしんどくて、途中で切るとそのまま投げそうだったため。 展開のアップダウンの激しさに加えて 時列の行ったり戻ったりも健在で色んな意味で破壊力アップ。 さらに、なかなか先の読めない展開なのも辛かったです。 …いや面白かったんですよ? でも、ともかく中〜後半は一気に読まないとこっちが持ちませんでした。

とまあ、途中でめげそうになりましたが、 シリーズの締めくくりとしてはなかなかの力作だったかと。 リアが絶対者過ぎてどうしようもなく超人オリンピック化してしまったのは 微妙なところですが、 フィギュアというスポーツの持つ様々な側面を これでもかといわんばかりに詰め込み、 その楽しさを文章で伝えることに成功した奇跡的な作品だったと思います。 あとは…とりあえずショタは良いもの。そしてマイヤさんは萌えキャラとだけ(ォ

【余談】。リアと決別後、そして9巻中盤あたりのタズサが 「本作アニメ版放送時の作者の心情」を現してる気がしてしょうがありません。 我ながら穿ち過ぎかなとも思いますが、妙にしっくり来ませんか? そう思っちゃったから余計にしんどかったんだけどネ!(苦笑 (Permalink)





Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
◆ここは
ここは東雲さんの崩壊日記改から「かんそーぶん」を切り出したページです。。 18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上お読みください。
★HOME
東雲さんの崩壊日記改
読書感想
Comics
Novels