○過去のかんそーぶん一覧 page.41(2009年03月〜2009年03月)

@ 『めこのぷしす』:いえ〜い富井(ISBN4765909379)。エロ漫画短編集。 前単行本が個人的に評価高かったので楽しみにしてました。 今回も貧乳アンソロからがメインなのかな? 一言でいえばつるぺたセーラー服少女達の狂宴って感じです。 目の大きい簡略化されたアニメ絵という従来の路線は周到しつつ精練度がアップ。 よがり狂って目の焦点がぼけたり、白目を剥きかけたり、だらしなく舌と涎を垂らしたりと 女の子達の表情が非常に魅力的です。

ストーリーはコメディ風からちょっとダークっぽいのまでという感じ。 概ね女の子が積極的に男を誘いますが、逆に鳴かされるという話が多いかな。 ガッツリした凌辱ネタは無いですが、エロ度は高め。 ひんぬーさんばかりなので乳が無いと嫌だという方は回避で。 そうでなければ、表紙の絵柄が気に入れば購入でOKかと。

それにしても今回も大概なタイトルだなぁ(苦笑 表紙カバー絵はなかなか良い出来だと思いますけど。 (Permalink)



@ 『初犬』:(ISBN4870766310)。エロ漫画。 作者初単行本。主に美少女的快活力誌に掲載された短編+中編「ストレンジ カインド オブ ウーマン」 の#1〜#3を収録。ちなみに#4は同時発売の美少女的快活力Vol.19に収録。 全体に和姦、らぶらぶ系。 女の子の方が積極的なのが特徴かな? どれもむっちりしたやわらかそうな身体が魅力的です。

「ストレンジ〜」は無口でミステリアスなえっち娘・藤乃さんと彼女に振り回される男の子の らぶらぶモノ。滅多に喋らないため何を考えてるのか良く分からない藤乃さんですが、 その分身振りやら表情やらで必死に意思を伝えようとしてて、そこがなんとも可愛らしいですな。 さらにエッチ大好きというどこの夢のシチュ(以下略 とまあ、注目度は高いんですが、 シリーズとして終わってないというか、ここからなもので正直単行本化を急ぎすぎと思います。 ちゃんと終わるまで待っても良かったと思うんですが、そこが残念。

初単行本ということもあって、後半は初期の短編もの。 初期のものはさすがに今の絵柄と比べると見劣りしますが もの凄いスピードで絵柄が精練されていってるのがよく分かります。 気持ち厚さが薄めなのと、バラツキがあるのだけは了解した上で買うと幸せかと。 なんにしろ、次が楽しみな作家さんなので応援していきたいです。 (Permalink)



@ 『あいこら(3)』:井上和郎(ISBN4091201261)。週刊少年サンデー連載。 今日も自らのフェチ道に磨きを掛ける男ハチベエ。 次々と現れる新たなフェチ野郎から素敵パーツ少女達を守りぬけ! てな感じ(ホントか?)の3巻目。 千フェチ万来編〜ライバル登場!?パーツVSハート?編〜 夏だ!休みだ!日本全国フェチの旅・鳳編前編までを収録。 キャラクターも出揃って、このへんからエンジン掛かってきてますね。 まあ、悪い癖も出てきてるわけですが(^-^;;;;

ゲストのフェチさんだけでなく、弓雁ちゃんのフラグやら、 天幕のリサイクラー属性とかメインキャラで横向きに話が広げ易く なったのは悪くないかと。美鳥の頃から新キャラ連発に陥りがちでしたしね。 今回の見所は月野200系シスターズと、いい話っぽい脚フェチ男の死に様、 ちょっとだけよ♥あたりかな。 (Permalink)



@ 『カノジョのホンネ。』:大塚子虎(ISBN4877349812)。エロ漫画。 作者の初単行本。 COMICメガストア誌にて掲載された中編『鋼の天使』シリーズと短編を収めた作品集。 作品傾向としてはマイルド〜ビターな流れの話が多めかな。 まだ多少荒さの残る絵柄ですが、頭身の高いスッキリしたキャラクターが好感が持てます。 行為自体は比較的ノーマルですかね。 あとは寝取られ的要素が心持アリ。メガストア掲載の近作ではそこが高評価なので購入。 なかなかオススメかと。

『鋼の天使』。小生意気で知ったかぶりのお嬢様とその家庭教師をすることになった男の 波乱万丈の恋物語。初出が2003年でその後期間を置いて連載。 3年も前ということもあって最初の方はずいぶん絵の出来が荒かった記憶がありましたが 単行本化にあたって相当数修正されており、当時の絵柄は部分的に散見されるのみ。 強気なお嬢様が、一転男に従順に従わされる様がグッと来ますね。

短編の方では掲載後一部で話題になった『妻を売るならブック・オン』かな。 タイトルから一目の通りアレが元ネタなわけですが、売られた奥さんが乱れる様が良。 個人的にイチオシは『ガンバるっ♥バレー部』。 バレー部のコーチに部員である彼女を寝取られる話。 歪みまくったスポーツ知識が笑え、かつエロいです。 (Permalink)



@ 『090えこといっしょ。(1)』:亜桜まる(ISBN4063636518)。 週刊少年マガジン連載。表紙買いしてみました。 ちらちら噂は聞いてたんですが、内容はほとんど把握しておらず。 道端に落ちていたボロボロに壊れた携帯電話を修理してみたら 可愛い女の子型になって戻ってきました!という少年とおとぼけケータイ娘「えこ」が繰り広げる 萌え系ユルユルドタバタギャグ漫画。 いやもうユルい。良くも悪くももの凄いユルさ。女の子型だけど一応ちゃんと携帯電話なので アンテナとか通話とか着信とかメールとかあるわけですが、 それぞれが妙な形で実装されているのが笑えます。 さらにボクっ子+学ラン娘の生徒会長だのの萌えキャラも導入してみたりして 何処に行くんだ週マガという感じなんですが、これでいいんでしょうか…(汗 いや面白いとは思いますけど。

絵柄的にはコハルせんせーとはっとりみつる氏を足して四で割ったくらい? まだこれからって感じですが、元気があって可愛いんでこれはこれでいいんじゃないでしょうか。 一般商業漫画にしては背景白すぎますけど。 (Permalink)



@ 『School Rumble(12)』:小林尽(ISBN4063636410)。 週刊少年マガジン連載。 相変わらずの勘違いに次ぐ勘違いの連続な展開ですが なんか久しぶりに播磨主体に戻ってきたような気が。 順調に八雲フラグやらお嬢フラグが立っていってるのが楽しいなぁと。 もっともっとお嬢と八雲が見たい所。…主人公だれだっけ?(ォ (Permalink)



@ 『魔法先生ネギま!(14)限定版』:赤松健(ISBN4063582299)。 週刊少年マガジン連載。 波乱の武道会も終わってほっと一息のネギだったが、 武道会での活躍で一躍マスコミに追われることに。 再び大人の姿になって、亜子ちゃん達のライブを見に向かうが…。 一方、のどかたち図書館組では、噂大好きのハルナがとうとう魔法の事に気付いてしまう。 さらにのどかに、ネギに対する気持ちを知られてしまったゆえは…。てな感じで。

今回も好調ですね。 武道会編でお休み状態だったラブ分が一気に噴き出したのか、 なんか全体的にもの凄いことに。 ひさびさに普通な娘な亜子ちゃん話で、今巻のヒロインは彼女だなぁと ほのぼのしてたら、さらにゆえ<>のどかまで勃発して、嬉しい悲鳴状態に。 武道会も良かったですが、やっぱりラブコメがいいなぁと再認識。 展開的にはちと御都合感が強いですが、ネギくんの年齢設定がまたここで生きてますね。 違和感が相当抑えられてるかと。

あとは細かく活躍してる千雨と茶々丸も見逃せません。 ちびちうが心を掴んで話さんのですよー<この位置(謎)でその発言は危ないって (Permalink)



@ 『児犯鬼』:冴樹高雄(ISBN4871828387)。「じはんき」と読みます。 COMIC LOに掲載された短編集。雑誌から内容はお察しくださいということで 今回もロリ系オンリー。何処を切り取っても痛烈なデンジャーゾーンなので注意。 前半は前単行本同様の救いの無い 徹底した陵辱話ですが、後半は子供同士の恋話の先という感じです。

以前のクリムゾンシリーズが好きだったので作者買いしてるわけですが、 LOに来てからというものまるっきり救いの無い完全に犯罪な話ばかりなので 正直ちょっと辛いところ。後半の雰囲気が好きなので出来ればこちらの方が良いのですが、 わりと好きで救いの無い話を描いてられる感があるので難しいとこですね。

絵のほうは相変わらず上手いとは言えませんが、 無残に散らされ力を失った表情などの表現は凄みがあって良。 カバーの絵についてはあまり中身の参考になりませんので 中身での確認を推奨します。 (Permalink)



@ 『ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟』:上遠野浩平(ISBN4840233845)読了。 高校生・須磨貞夫。彼が所属する「クレイムクラブ」は 統和機構を監視する一般人による秘密クラブだった。 過去の因縁から統和機構に興味を持ち、 クラブに関わるようになった彼が直面する事態とは…?

んー。ちょっと酷いなぁ。 今回のは、結局なんだったんだ? 好意的にみれば今回の話はMPLSを掘り込む話だったとも見れますが 位置付けが曖昧すぎてなんとも。 ブギーポップの、 というか統和機構の話を私は本筋だと思っていたわけですが そういう意味では今回のお話はまるっきり関係が無い。 進まないメインストーリーに正直いいかげん疲れてきました。 ちらっと見てた感想サイトで「番外編だった」と書いてる方がいらっしゃいましたが そう言いたくなるのもわかります。前述の「本筋」が事実本筋であるという 過程の上に立てば…ですが。そうじゃないなら上の不満は根底が崩れるわけですが:D

それにしたっていいかげんガイドブックが欲しいですよ。本当に。 人間の記憶力にも限界ってものがあるんですよ…。 もう覚えきれてない。思い出せない。 (Permalink)



@ 『The Five Star Stories XII』:永野護(ISBN4048539507)。 月刊ニュータイプ連載。いつぶりの単行本だったかなぁ。 魔導戦争は熾烈を極る。堕ちたハスハ王宮から 騎士に連れられて逃げだ幼きマグダルを追うバッハトマの軍勢。 追い詰められたマグダルたちを救ったのは…? などなど。 いつもに増して多様なメンバーが登場し、前の巻の内容がうろ覚えということもあって 頭がついていってません(汗 とはいえ、大量の新型MHと千切れたキャラクターの味はいつも通りですな。 エンゲージVS○ー○ェは燃えですよ。つーか、そんな機体あったんかい。 (Permalink)



@ 『武装錬金(10)』:和月伸宏(ISBN408874019X)。 赤マルジャンプ誌に掲載されたシリーズ最終章『武装錬金ピリオド』と 同誌掲載の読み切り『エンバーミング-DEAD BODY and BRIDE-』、 そして書き下ろし『武装錬金アフター』を収録した『武装錬金』最終巻。 「アフター」は必読。ここまで読んできてる人は必ず読むべし。 幸せな戦士達のその後…斗貴子さんラブラブすぎですよ!! 恋の花が咲きすぎですよ(笑

今更言う事も特に無いのですが、 うち切られてなお、こういう形できちんとした結末を 遂げる事が出来たことを喜びたいですね。 詰め込みすぎという部分は確かにありますが、それも物語としての密度を適度にあげ 盛り上がるための一要素として機能出来てるんではないかと。 久しぶりに熱い少年漫画が読めました。 もっと読みたかったのが正直なところですが、今更詮無い事。 次回作に期待です。 氏の新しい方向性を探る上で今回収録されている『エンバーミング』は貴重。 少年漫画の枷を取り除いた新たな一面が垣間見えます。

なぜかドラマCDも出るということでそのときまで武装錬金は終わりませんが 今回で間違いなく一区切り。読めて幸せでしたよ。 (Permalink)



@ 『痴女が恋しちゃダメですか』:さきうらら(ISBN4887741812)。エロ漫画。 COMIC MUJIN誌に掲載された表題の中編シリーズと、短編3本を収録。 4年ぶり4冊目とのこと。3冊目はカバー絵には見覚えありますね。

表題作「痴女が恋しちゃダメですか」。 電車の中で美少女に告白された主人公の少年。ただし、彼女に痴漢されながら。 淫蕩な彼女に翻弄されつつも、次第にその陰に隠れた彼女の本音に気づき 惹かれていく…そんなお話。 お嬢様然とした風貌ながら、徹頭徹尾淫乱痴女さんな 彼女さんがとても可愛いですね。 顔を真っ赤にしながらも淫靡な言葉でおねだりするわ襲うわ、 玩具は入れっぱなしだわと、なかなか特殊な可愛らしさ(笑 こういうキャラ付けだとどうしても乱交系のネタが入ってきたりするんですが そこはストーリーで回避しつつ、二人の恋愛を描いてる部分を高評価。 短編の方も総て現代劇&学生系。どれも緩やかに「痴女〜」と繋がっていて 世界観を広げてくれます。

絵柄は線クッキリ、メリハリの利いたもの。 ティーアイ系ということもあって局所描写は濃い目。むっちりとした肉っぽさが良。 キャラクターの表情も豊富ですし、女の子の描き分けもしっかりしてます。 表紙絵よりは裏表紙絵の方が中身の絵柄の参考としてはいいかな。 ということで評価は高め。 凌辱系のネタは無いのでそうじゃないと嫌という方以外は絵柄が気に入ればどうぞ。 (Permalink)



@ 『The Birth of Wallkure-ワルキューレの降誕-(2)』:冨士宏(ISBN4861272572)。 COMICブレイドガンズ連載。ナムコの『ワルキューレの冒険』シリーズに登場する 女神ワルキューレ最初の冒険の最終巻。

世界に起きた怪異の謎を探る、未だ名も無き未熟な幼女神。 旧世界を滅ぼした巨人の生き残り・グロールは遂に封印を破り現世へと姿を表す。 破壊の限りを尽くすグロールに幼ワルキューレは簡単に打ち倒されてしまう。 一方、幼ワルキューレに救われ、地上世界へと逃れたサンドラ達は 自分たちの力の限界を思い知りつつも、世界を救うための行動を開始する。

神の身でありながら、地上の危機を救うために幾度も降臨することになる 女神ワルキューレの源泉となるエピソード。 未熟な幼ワルキューレが、旧時代の戦乙女や地上人達との触れあいの中で成長していく様が良い感じですね。 ゲーム版の設定も消化しつつ新しく神話を構築していく手腕が素晴らしい。 まあ、生みの親なのだから当然といえば当然ですが。 今風の絵とは言えませんが、しっかりした地力のある作画はいつの時代でも良いものだと思いますよ。 (Permalink)



@ 『瀬戸の花嫁(9)』:木村太彦(ISBN4757516487)。 ガンガンWING連載。任侠人魚ラブ?コメの9巻目。 今回も相変わらずのドタバタ、と言いたいところですが、 ともかく今回は新キャラのサーたんに尽きるでしょうねぇ。 インパクトのある登場、奇行の数々、そして大惨事とめちゃくちゃです。 見た目はわりかし可愛いですが行動がもうね。 その強烈なキャラクターに押されて憐ちゃんとか出番が少ない少ない。 長澄くんもさっくり逮捕されるしナー。ひさびさ最登場の悟ちゃんはなかなか可愛らしくて良いかと 特にスク水エプロンとか:D (Permalink)



@ 『マリア様がみてる-くもりガラスの向こう側-』:今野緒雪(ISBN4086007436)読了。 コバルト文庫新刊。シリーズ23冊目かな? 波瀾のクリスマス会も終わり、新たな年が近づく頃 祐巳の元に届いた一通の手紙は、祥子様からの、 昨年同様の小笠原家での新年会のお誘いだった。 それも今回は他の薔薇姉妹も参加の上、男子禁制!! そして、お正月。 山百合会の面々+清子小母様との楽しいひと時を過ごす祐巳だったが、 心にぽっかりと空いた穴はどうしても埋まらなくて…。

という感じで新年会in小笠原邸ふたたびな今回。 相変わらず清子小母様が天然かつ可憐かつお茶目さんで可愛すぎですね:D 重たい部分はとりあえず置いておいての、 久々にひたすらに賑やかなイベントで読んでいて楽しいです。 …いや置くなという声が大きいのは承知ですけど(^-^;;; ひとつ物語的にとても大きな転換もありますし、 祐巳さんの妹問題については…\ (Permalink)



@ 『初恋マジカルブリッツ-大好きです。あなたにだけ伝えたい!-』:あすか正太(ISBN4086302853)読了。 スーパーダッシュ文庫新刊。ちょっぴり?Hな純愛バトルシリーズ4巻目。 宿敵ヴィーゴに挑むも、力及ばず満身創痍となったユージェニー。 彼女を救うために力を求め、遂にリリスとの会合を果たした鼓太郎だったが、 交わったものを犠牲とするリリスの誘いを拒み、ヴィーゴに敗北を喫する。 気を失った鼓太郎は、祈梨との触れあいの記憶の中を漂い、 それをヒントに最後の賭けに出るが…。 一方、異変に気づいた祈梨は、鼓太郎を探して夜の町を彷徨う。

「もう押しつけちゃって、ぜんぜん平気ですから! 無理しないでくださいっ!」 いやもう、前巻ではしょられた祈梨ちゃんとの「仲直り」シーンがもうね、 電車の中で読んでるこっちの身にもなれというか…。 いっぱいいっぱいな二人の…特に祈梨ちゃんの爆弾発言の絨毯爆撃っぷりに 数行進むたびに吹きだしたい欲求に駆られてしょうがなくて困りましたさ(苦笑 前巻のラストから、今回はバトルメインになるしかないよなぁと思ってたんで こういう挟み込み方するとは思ってなくて、そのぶん嬉しかったかな。 この一連のシーンだけで、読んでる価値を見出せますが、私的に:D 正直時列が飛びまくるので読み難くはあるのだけど。 まあばっちりセックスシーンはあり、描写もそれなりに赤裸々ですが あくまでも気持ちを先行させてるのが一服の良心であり、 免罪符でもあるわけですかねー。 後半部分でのユージェニーの内心描写の可愛らしさは卑怯ですよ。 そのぶんもっと尺が欲しかったですが、何をってナニの。

祈梨ちゃんにしろ、ユージェニーにしろ、 その健気さっぷりが素晴らしくてよいヒロインだと思いますよ。 鈴蘭の困った子っぷりも楽しいですが、なでてやるからこっちへ来いと。 新しく出てきた彼女は…時流に乗ってますなぁ。威厳もへったくれもない(苦笑

ある意味で第一部完。次から学園編とありますが果たしてどうなるのやら。 思い切って路線変更だったりして…。 (Permalink)



@ 『フタコイ オルタナティブ』:あらきかなお(ISBN4840234205)。 電撃大王連載。TV放映されたアニメシリーズのコミカライズ版。 基本ラインはTV版のストーリーを追う形ですが月刊誌連載ということもあり ラストエピソードであるVSイカファイヤーへの布石が最初から打ち出され、 枝葉が切り落とされてストーリーが整理されているため TV版ほどの唐突感は無いですね。まあ展開を知っているからそう思うだけかもしれませんが。

作画担当のあらきかなお氏はさすがというかなんというか、ともかく女の子ぷにぷに感や 滑らかそうな肌がエッチでエッチでたまりませんな:D 無駄に可愛い衣装着せてみたり、半脱ぎだったり、おぱんつだったり、消されたたてすじだったりと 青少年のリビドーを直撃という感じです。ハァハァ。 他の双子陣の端役っぷりはTV版より酷いですが、沙羅双樹好きの人、表紙にピンと来た人は 思い出を掘り起こす意味で買ってみるのも良いかと。 (Permalink)



@ 『いぬかみっ!(1)』:松沢まり(ISBN4840234175)。 電撃文庫の同名シリーズのコミカライズ版。原作は未読。 四月からアニメ化ということでお試し購入。 犬神使いの一族に生まれながら犬神から選ばれず、不遇の日々をおくっていた啓太。 そんな彼を気にいっていたという美少女犬神ようこが現れ、 嬉々として契約を行うが…これがとんでもない世間知らずのわがまま娘ですったもんだの大騒動が勃発。 ちょっとHなドタバタ退魔ストーリー。

なんというか極めて懐かしいテイストの作品ですな。 男の子の欲望に比較的忠実だが、それなりにようこのことも大事に思っていると啓太と、 基本わがまま娘でいたずら者だけど、それなりに啓太のことも好いているようこという 図式は微笑ましくもあり、安定感を感じます。 お風呂場やら薄着やら半裸エプロンやらと青少年の妄想を掻きたてる エッチなシーンも多数用意されていてそのへんも人気の秘密かなといった印象。 ええ、個人的に大好きですよ、こういう作品は:-D 作画担当の松沢まり氏の絵柄もほどよい柔らかさで、コロコロと変わるようこの表情が 可愛らしくて良です。

でもこれって調べてみたらテレ東系みたいなんですが、どこまでこっち系の成分だせるんでしょうねぇ。 結構重要なところだと思うんですけど。 (Permalink)



@ 『看板娘はさしおさえ(1)』:鈴城芹(ISBN4832275704)。 まんがタイムきららMAX連載。 質屋のひとり娘の小絵ちゃんはとっても元気でお金にシビアな小学一年生。 優しいけれど商才ゼロのお父さんを助けて、今日もお店のお手伝い。 そんなある日、お店に引き取られてきた 古い行李には、江戸時代生まれの女の子の幽霊「十世さん」が憑りついていて…。 賑やかな質屋で繰り広げられるちょっぴりマニアック!?なほのぼの4コマ漫画の1巻目。

カバー絵のおかっぱ割烹着&なで肩っぷりにアンテナが反応したので お試し購入。なかなか当たりでした。 行李に入れられた衣服が姿に反映されるため さんざん着せ替えおもちゃにされる十世ちゃんも可愛いのですが、 桜子おかあさんがダントツに可愛すぎですね。 繰り広げられる意味深な奥さん発言にドキドキですよ(<……) 絵的にもストーリー的にも一定のクオリティが保たれているのは好印象です。 表紙絵に眼が止まったならお試しにどうぞ。

(Permalink)



@ 『陰からマモル!(1)』:まだらさい(ISBN4840113769)。 COMICフラッパー連載中。TVA放映中の『陰からマモル』の 原作ノベルの挿絵を担当しているまだらさい氏自らによるコミック版。 お話の方はまあ、マモルですねという感じですか。 アニメ版のキャラデに比べると数倍可愛かったり凛々しかったりして それだけでも十分に嬉しいわけですが:D 椿さんがとても綺麗で良いのですよ。 (Permalink)



@ 『たかまれ!タカマル(9)』:近藤るるる(ISBN4757726708)。 ファミ通連載中。 タカマルくんとゆきえさんが雪で遭難でぺちゃぺちゃぬるぬるだったり、 温泉で混浴ドキドキだったり、 部長と副部長の受験の行方は?だったりの9巻目。 ファミ通の現在の主要読者年齢層がどのへんなのかは知らないのですが… お前らそこまでしてフェチを育てたいか! と思わず叫びたくなるくらいにゆきえさんが可愛すぎますね:D 小学生くらいでこんなの読んでたらぜったい歪むってばさ。いや、別にいいけど<いいのかよ。 相変わらず賑やかで楽しげな部活風景が楽しいですね。すでに部活じゃない気がしてしかたないですが。 (Permalink)



@ 『乱飛乱外(1)』(ISBN4063730190)は週刊少年サンデーで「暗号名はBF」を連載していた田中ほさな氏の 新作。改名し、月刊少年シリウスに場所を移しての再登場です。BFを応援していた身としては 買うしかないっしょということで。連載は追っていないので読むのが楽しみです。 つーか、オビの登場人物紹介に載ってる位牌はいったい……(汗

読了。時は戦国。村はずれに住む額に角を持つ少年雷蔵はその異形ゆえにつま弾きにされる不遇な日々をおくっていた。そんなある日、雷蔵は川に流れ着いた美女を救う。かがりと名乗る女は雷蔵の角こそが滅亡した刀家のご落胤の証であり、自分はあなたを探していたのだ語る。とまどう雷蔵をよそに、美女(だけどちょっとバカちん)と優しさだけの気弱少年の御家再興のお気楽珍道中が始まるのだった。

グラマーお姉さんがたゆんたゆんペッタン位牌がカターンカターン(謎)。時代考証なんてクソ喰らえと言わんばかりのタイトな忍び装束が乱舞する超戦国物語ですな(^-^;;;;; メインラインはそれなりにハードな方向で立ててあるようですが、本巻ではどちらかというと珍道中記としての趣が強いです。お前らもっと忍べ!とツッコミたくなるグラマーくのいち3人娘(-1)が繰り広げるしっちゃかめっちゃかな騒動が楽しいですな。 かがりさんも根本的におバカさんですが、その一途さがなんとも可愛らしくて庇護欲をそそるというお姉さんであってお姉さん的でない部分がまたなんとも。 絵柄はBFのときよりも線の強弱、入り抜きが強調され、硬さが緩和された印象かな? なんにしろ続刊が楽しみです:D (Permalink)



@ 『ちぇりー♥ぱい』:井ノ本リカ子と 『みるく♥ぱい』:BENNY'Sは、同人等共同で活動していて互いに影響を与え合っている両作者さんの再録含む単行本未収録作品集。とはいえ未収録作品の比率がだいぶ高いようですが。同時発売ということで単行本デザインもお揃いでなかなか良い感じです。 カラーページなども収録してるんですが、そのぶんちょっとお値段がお高めなので注意。 1200円です。ええ、レジでちょっとビックリしました(^-^;; 少し古めの作品もありますが絵柄のベースラインは変化してないので あまり違和感は無い感じかな。 (Permalink)



@ 『ちぇりー♥ぱい』:井ノ本リカ子と 『みるく♥ぱい』:BENNY'Sは、同人等共同で活動していて互いに影響を与え合っている両作者さんの再録含む単行本未収録作品集。とはいえ未収録作品の比率がだいぶ高いようですが。同時発売ということで単行本デザインもお揃いでなかなか良い感じです。 カラーページなども収録してるんですが、そのぶんちょっとお値段がお高めなので注意。 1200円です。ええ、レジでちょっとビックリしました(^-^;; 少し古めの作品もありますが絵柄のベースラインは変化してないので あまり違和感は無い感じかな。 (Permalink)



@ 『NEEDLESS(4)』:今井神(ISBN4088770595)。 ウルトラジャンプ連載。超能力オレの脳内世界最高!バトルの4巻目(ォィ。 イヴ救出のためにシメオンビルに乗り込んだブレイドだったが 美少女部隊の強力な連携攻撃の前に瀕死の重傷を負ってしまう。 ブレイドを救うためにはイヴの擬態能力で肉体を補修するしかないのだが…。

今回は全編バトル。 逆転逆転大逆転から超逆転というこの作品の基本に立ち返ったような展開が 勢いがあって良いなぁと。作品的なつながりは無かったことになってるのかと 思っていたニードレスゼロの面子も登場するなどなーんも考えずに読むには 痛快で悪くないです。ギャグとシリアスの振れ幅が凄まじく大きいので そのへんに違和感を感じない人にしかオススメ出来ないのが残念。 他作品だと死にそうにないような美少女もさっくり死ぬのが素晴らしいなと:D (Permalink)



@ 『明かせ!へっぽこ大冒険-新ソードワールドRPGリプレイ集ガイドブック-』(ISBN482914470X)。 先日完結した新ソードワールドRPGリプレイシリーズ『へっぽこーず』編のガイドブック。 世界観説明や、キャラクター達の設定画や裏話、名場面、 さらには1P漫画やドラマガ誌上で連載されたコラム、未収録リプレイを収録。 へっぽこからTRPGを知ったという風な若い読者向けにTRPGへの導入を狙いつつ 四月からもドラマガでコミック連載開始と、 今後も展開するへっぽこシリーズを俯瞰するためのまあ、まさしくガイドブックですね。 サブキャラガイドなど少々俯瞰的過ぎて内容が薄くなってしまってる部分も 無きにしもあらずというところですが 全体的に挿絵も多く、ファンが作品を振り返る際には有用かと。

リウイと同一世界観で…とか、旧来からソードワールドに触れてきた人にはクラクラするような 記述も見当たりますが、一度下火になってしまった以上、まあしょうがないのかなという印象です。 へっぽこ人気でもう一度盛り上がってくれると嬉しいのですが。 (Permalink)



@ 『召喚教師リアルバウトハイスクール(13)』:雑賀礼史(ISBN4829118067)読了。 外宇宙生命体を名乗る寄生生物に乗っ取られた大門学園。 親友達を救うためには 地球を守る抗体である<覚醒者>による無差別な断罪が下される前に 親玉を探し出すしかない。ヘルマスカーDの助けを借りて涼子は奔走するが…。 一方、慶一郎の妻・カオルーンの花嫁・烈飛鈴は、夫の過去を探り 縁のある人物を訊ね歩いていた。慶一郎出生の秘密とは?

うーん、前巻の衝撃の展開は番外編でしたという超衝撃のオチがorz 本筋でやったらそれは本筋なんだと思うけどなー。 主要メンバーが生死不明状態という宙ぶらりんな状態で こんな突飛な展開されてもさすがに気持ちがついて行きませんでしたよと。 ヘルマスカーのムチャっぷりは楽しかったですが。 そして、このタイミングでまさかの再登場のカオルーンの花嫁。 はてさて、今後どう動くのやら。 再登場は好きなキャラクターなので純粋に嬉しいですけどね。 (Permalink)



@ 『かりん(8)限定版』:影崎由那(ISBN4047124257)。 ドラゴンエイジ連載のドタバタ増血ラブコメディの8巻目。 健太の不幸の原因も取り除かれ、気恥ずかしさから拒みつづけていた供血を行ったことで かりんと健太の関係に微妙な変化が訪れる。 しかし、とうの二人は互いに距離感を掴みかね、微妙にギクシャクしてみたり。 そんな様子を見かねた、かりんの親友・麻希はあの手この手で二人を応援しようとするが…。

なんですか、この影崎作品にあるまじきド直球の甘々ラブコメっぷりは!(汗 と思わず身悶えしたくなるくらいに強烈にラブコメしてて、読んでて悶絶。 まあ、あとがき漫画で作者も同じ叫びと共に血反吐吐いてて安心しましたが(笑 なんだか前巻までとはガラッと雰囲気が変わってますね。 画面密度もなんか上がってるというか細かいコマが増えたのか。 一応裏っ側では新しい事態が進行してるようですが、どう絡んでくるのかはまだ不明。 当面は、この極甘時空で酔い倒せそうですな:D なお、お馴染み番外編は麻希とかりんの出会いのお話。ロリっ娘かりんちゃんがらぶりーです。 オススメ。

不幸に顔を曇らせる文緒さんもエロスですが、にこにこ笑顔の文緒さんもエロスですのぅ。 (Permalink)



@ 『Happy World!(10)』:竹下堅次朗(ISBN4088770609)。 ウルトラジャンプ連載中。おしかけ天使同居モノ…だったんだなぁ、これ。 本編はほぼ、過去回想。猛の父・隆と、エルの母であり、猛の母でもある天使ルエルとの出会い、 猛誕生の顛末、そして紛争地帯パルメキアで何が起きたのか。 猛たちを付け狙う悪魔イスラの正体とはってな感じで。

朝の通勤電車で読んでたわけですが、ルエルさんがエロス過ぎる点について熱く語りたくなりますね。 どこのエロ漫画ですか展開が素晴らしい。 手篭めわはー! 「母は強し」わはー! おっぱい!おっぱい!わはー<いいから落ち着け つーか、ガチにSEXシーン乗っかるちうのはやっぱり微妙に自主規制緩んでるんだなぁと。 そこ後れ毛を咥えない! エロいから!! 色々と衝撃の事実が明らかになっていって終了展開への体制が整ってきてるのかなという印象ですが あまりに伏線無しに新展開するもんだから、面食らうことが多々なのはどうにかならんもんかなぁと。 (Permalink)



@ 『かりん(8)限定版』:影崎由那(ISBN4047124257)。 限定版ということでカバーイラストがオリジナルなのと、かりんちゃんのフィギュア付き。 まあ、許せる範囲(基本的に点辛いです、私は)なんで購入してみました。 とりあえずパシャパシャしたので貼ってみるテスト。ノウハウも腕もないので期待するべからず。

台座はわりとしっかり
後ろ姿
口がちょっとアレだが、まあ許容範囲かな…
かりんちゃんの特徴であるおっぱいはマズマズ
おっぱい!おっぱい!
そして当然のように外れるのであった(苦笑

以上。1000円でこれと考えると微妙に複雑なので考えない方向でひとつ。 (Permalink)





Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
◆ここは
ここは東雲さんの崩壊日記改から「かんそーぶん」を切り出したページです。。 18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上お読みください。
★HOME
東雲さんの崩壊日記改
読書感想
Comics
Novels