ロイヤルビッチガーデン (MUJIN COMICS)』:蒼山哲のかんそーぶん

@ 『ロイヤルビッチガーデン』:蒼山哲(ISBN9784887744905)。エロ漫画。 COMIC MILF誌にて発表された長編+短編2編をまとめたもの。 ビッチ!ビッチ!ヤリマンビッチ!! 綺麗なお姉さんたちの裏の貌…魔性に魅入られた者はただ堕落するしかない。

  • 「愛情と性欲は別腹なの」新婚ホヤホヤの実兄宅に居候することになった 弟のヒロユキ。根っからの善人で幼い頃から尊敬の対象だった兄・幸一と、 才色兼備の落ち着いた美人妻である義姉・姫華の 仲睦まじい様子を気恥ずかしくも微笑ましく捉えていたヒロだったが、 義姉・姫華はヒロの前で次第にその本性を現し始める。 のべつ幕無しに多数の男たちを自宅に招き入れ、 性の狂宴に浸るヤリマンビッチ…それが姫華の本当の貌だったのだ。 妻に絶対の信頼を置き、疑いすらしない兄の幸福を願うあまりに その事実を伝えられないヒロに対して、やがて姫華の誘惑が始まる…。 抗いがたい牝の色香の前に少年は……『渇き』全4話
  • 料理は苦手だけれど、元気で明るくお茶目な僕のお母さん。 僕はそんなお母さんが大好きです。 でも、トラックに跳ねられかけた僕を庇って、 代わり跳ねられてから、お母さんの様子がなんだか変なんです。 ねえ、なんでどんどん肌の露出が増えていくの? ねえなんでそんなにベタベタ触ってくるの? ねえなんで舌舐めずりしてるの? お母さん思いのショタっ子と、過去にワケアリのお母さんとのラブラブ近親相姦…『母さんが元ヤリマンビッチで僕の貞操を狙っている』
  • その苛烈な性格から女帝と呼ばれている美鈴マリア先生。そんな先生に憧れる生徒の一人だった僕だけれど、ひょんな事から先生が持つ秘密を知って…。強面女教師が持つもう一つの貌、それは……『女教師は2つの貌』

作者さん2冊目の単行本。今回はタイトルにある通りに「ビッチ」ヒロインに 拘った作品集となっています。「ロイヤル」要素は薄めですが:D 登場するヒロインは全員妙齢の成熟した女性揃い。 前単行本よりもさらにムッチリしたボリューミーな肢体を惜しげも無く晒し、 ビッチの称号に恥じない性への貪欲さを至るところで発揮してくれます。 乳房の大きさもですが、特筆すべきは下半身の太ましさでしょうね。 アウトとセーフの狭間を突く感じのギリギリのラインがたまりません:D そんな極上お肉は当然手のひらにピッタリフィット。沈みこむような それに全身を委ねたくなること請け合いです。

あとは表情がいいですね。特に今回は裏表のあるヒロインさんが多いため、 日常での清楚さ、精悍さと、エロシーンでの蕩けて爛れた表情とのギャップが グッときます。自らの企みに酔いしれる妖艶な表情や、 日常シーンでの可愛らしい少女のような笑顔などなど、 多面性をはっきりと印象づける特徴的なコマが多かったかなと。

メインとなるのは長編『渇き』。 ド淫乱のドビッチヒロインである姫華さんによって歪められるとある兄弟の様子を 描いた作品とも言えるかな。姫華さんは息をするように男性器をしゃぶる 根っからのビッチさん。そんな彼女がなんで善人なだけなご主人と結婚したのかと言えば あらすじにも書いた通りに「愛情と性欲は別腹」とのことで(^^;;;;; でもドノーマルなご主人では、姫華さんの心は満たせても、肉欲を満たすことが出来ずに…自宅に男たちを連れ込むは、義弟にちょっかい出すわと暴走開始。 そんな彼女をまるっと受け入れるためには愛情と性欲どちらも満たして上げなくてはならないわけです。やー、本当にその奔放さがいろんな意味で素敵な人です。 妻としては極めて高スペックで素敵な美人奥様なのがまた反則ですねぇ。 こんな人に迫られたら全力で逃げるか溺れるかしかないです:D____ 一途ビッチハァハァ。

あと、本作で良い意味で酷いなぁと思うのは、主人公であるヒロくんとお兄さんである幸一さんの過去エピソードをキッチリと挟み込んでいる部分ですかね。 一見すると良い兄弟エピソードなのですが、ラストを踏まえるとまったく別の様子が 浮かんでくるという…。善人が善人であることがかならずしも是ではない… いやはや世知辛いですわ。でも何者にも束縛されない快楽は私も愛してやまない部分なのでラストの爽快感は心地よかったです。

短編は『母さんが元ヤリマンビッチで僕の貞操を狙っている』がお気に入りですね。 ショタ姉系は大好物ですから:D__ それが母子となればごはん三杯は軽いです。 息子LOVEな元気で優しいおかーさんモードと、肉欲に焦がれるビッチモード どちらも魅力的でいいなぁと。どちらにしろ息子LOVEは代わらないのがいいですね。 まあ、LOVEの中の愛情比率がだいぶ違いますが。母ビッチサイコー。 あと本作で印象的なのは 「淫乱ヤリマンビッチが集うビッチ街」という概念が登場することでしょうか。 展開されるイメージシーンがいろいろ飛ばしてて吹きました。 作者さんのノリノリ具合が伝わってきたのも一因かな。 是非作者さんワールドの一要素として末永く登場していただきたい所です。 超こわいですが、一度は行ってみたいです、ビッチ街。

という感じで今回も満足度の高い一冊でした。 ヒロインさんのムッチリ加減や、ビッチという要素など、 ストレートな純愛系をお望みであればちょっと傾向が違うでしょうが、 人間の歪んだ部分や、歪んでるけど純愛などそういうラインが受け入れられて かつ淫乱お姉さんスキーであればチェックする価値のある一冊かと。 個人的にはオススメです。

あとがきのヒロインボテ絵は大変ご馳走様でした:D__ 欲を言えば本編なりでみたいところですが、高望みということで。

(Permalink)



■関連情報
タイトル『ロイヤルビッチガーデン (MUJIN COMICS)』
作者蒼山哲
出版社ティーアイネット
発売日2013-10-04
区分成年
カテゴリ漫画
Amazon
アフィリエイト
Amazonで購入


ページ執筆者:東雲あずみ

『蒼山哲』に関連するDMM電子書籍(アフィリエイト) 検索結果

※リンククリックすると外部サイト(DMM)へ飛びます
[電子書籍] ロイヤルビッチガーデン
¥1100 (2020-06-26 00:03:55発売)
アダルト電子コミック

Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
About.
ここは東雲さんの崩壊日記改から「かんそーぶん」を切り出したページです。。 18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上お読みください。
読書感想
かんそーぶんリスト


アダルト電子コミック