2012年03月14日|| 2012年03月16日

3月15日(木)[日別]

▼昨日の捕獲

[COMICS][NOVELS]
  • [COMICS] メイプルさんの紅茶時間(1):(ISBN9784861279669)
  • [MAGAZINE] COMICメガストア 2012/05(Amazon)

以上、秋葉原COMIC ZIN及びメロンブックスにて捕獲。

XX:XX wrote

▼いろいろかんそーぶん

@ 『ピスはめ!(下)特製小冊子付き限定版』:師走の翁(ISBN9784894655478)。エロ漫画。 COMIC阿吽誌にて発表された表題長編の後半を収録した一冊。上巻、下巻通常版も同時発売。 限定版は特典として作中で登場する「ハメ撮り卒業アルバム」を模したフルカラー小冊子が付属します。 「ハメ撮り卒業アルバム」の制作委員に任命された少年の目眩く委員活動物語 …だがその裏には権力を求める者の大きな陰謀が潜んでいた。

  • ハメ撮りを賭けた「賭嬢勝負」も連戦連勝。明らかになった性豪ぷりも好評と 「ハメ撮り卒業アルバム」制作委員としての活動も順調で、勢いに乗る玉緒柄武(たまお つかむ)。 だがその先には大きな落とし穴が待ち構えていた。 チア部を率いる本庄宮蕾の卑劣な罠、広域暴力団の組長の愛娘・最上はるの処女を賭けての決死の潜入劇… 文字通り命懸けの勝負を柄武に強いる、剣道部部長にして柄武の憧れの人、桐谷木乃芽の真意とは。 全ての謎が明らかにされたとき、柄武は自らの全てを賭けた大勝負に自ら挑むこととなる!!!…『ピスはめ!』Episode:8〜16

2010年2月号から2012年3月号と足かけ2年に渡って連載された表題長編の後半を収録。 上巻では順風満帆の勢いでやってきた柄武に訪れる試練の刻…ということで後半戦となる本巻は ラストへ向けて突っ走る感じの大河性の強いエピソード揃いとなっています。 上巻ではかなり限定されていた乱交シチュエーションもこちらでは大充実。 個性的なチア部面々とのひと竿乱交や、卑劣な罠に陥ったメインヒロインたちの凌辱シチュなども完備となっています。

この巻で新たに登場するメインヒロイン枠はチア部リーダーの本庄宮蕾、 茶道部部長にして極道の夢見がちロリ娘・最上はるのふたり。 金玉潰しが趣味というドS爆乳の本庄宮さんはそりゃもう見事なサドっぷりと充実の金玉潰しバリエーションで 股間がキュンと縮まる勢いですね(泣 そんな強気な彼女が逆転の末で籠絡される様はそれはそれで見応えがあって良いものなのですが すいません、やっぱり股間に幻痛が…(泣 方やみんなのアイドル最上はる先輩はマジ天使的な感じですね。同じく阿吽誌にて活躍されている岡田コウ先生の 描くロリっ子の要素を取り入れるつもりで描いたとのことですが、確かにそのあたりが感じられるふんわりとした 可愛らしさを備えています。可愛らしい顔を朱に染める様子や、望まぬ相手に襲われた絶望の表情なども 心に突き刺さるものでした。

そして真打として登場する真のメインヒロイン・桐谷木乃芽。 連載では足かけ2年目に迎えるえっちシーンという文字通り満を持してのご登場なわけですが これもまた熱く蕩けるような熱量のあるエロシーンで大変眼福でありました。 溜めに溜めた想いが昇華される瞬間、その熱気が読み手にも伝わるといいますか。 黒髪剣道ポニーテールな木乃芽先輩はモロ好みなこともあり、大変破壊力のあるエロシーンでありました。

細かく見るとアホっぽい設定もひたすらに真っ直ぐ貫くことで筋の通った格好の良い物語へと昇華されるといいますか 最後の勝負からのラストへの雪崩れ込みはひたすらに熱い展開でした。 終盤凌辱展開が来るのが好みの分かれるところかもしれませんが、 そこはシチュバリエーションとラストへの助走ということで。 数々の出会いを経験した少年の、よい成長物語だったと思います。ということで上下巻合わせてオススメです。

ただ、欲を言えばメインヒロイン陣との大乱交も欲しかったかなぁ(欲々

(Permalink)


XX:XX wrote

Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
About.
ここは東雲さんの崩壊日記改から「1日分」を切り出したページです。。 18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上お読みください。
■最新のかんそーぶん
l
『知らない女たちがいっぱい部屋にいた! (GOT COMICS)』
宮野金太郎

l
『ミルクまみれ (メガストアコミックス)』
復八磨直兎

l
『初恋より気持ちいい (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)』
えーすけ

l
『鋼の衣の乙女達 (メガストアコミックス)』
朝木貴行

l
『おっぱいωラヴァーズ (GOT COMICS)』
もみやま

読書感想
感想文一覧
@azumi_s からのツイート