2006年08月29日|| 2006年08月31日

8月30日(水)[日別]

▼昨日の捕獲

[COMICS][NOVELS]
  • [NOVELS] うらにわのかみさま(1):神野オキナ/龍炎狼牙(ISBN4894254549)
  • [COMICS] ゆびさきミルクティー(7):宮野ともちか(ISBN4592143876)
  • [COMICS] ユリア100式(1):荻尾ノブト(ISBN4592144015)
  • [COMICS] ふたなりドピュドピュ天国:諒英(ISBN4870766434)
  • [DOJIN] 夏色キネマ:どろぱんだTOURS(舞-HiMEシズ×なつ)
  • [DOJIN] 絶対無敵、カンペキ最強!!:うたかた倶楽部(iM@S真BD本)
  • [DOJIN] Fruit Sundae:AUTOZOON(アルバ&ハヤテ)
  • [CD] ドラマCD .hack//Roots Sound Form1(Amazon)

以上、秋葉原メロンブックス、とらのあな、新宿書店及びアソビットGにて捕獲。

@ 『うらにわのかみさま(1)』:神野オキナ/龍炎狼牙(ISBN4894254549)。 HJ文庫新刊。 バイトに励む日々を送る、沖縄に住む普通の女子高生・垣華ユウ。 しかしある再会が彼女の日常を一変させる。 彼女が幼い頃に共に遊んだ珍妙な虎型ソフビ人形「とらたん」… 子供の夢想だと思っていた存在は実は神様で、彼女の家系は代々 神様の手助けをして来たのだという。 何十年かに一度訪れる「神無年」にやってくる「神様もどき」達を 元の世界へ強制送還するのが仕事だというのだ。 戸惑いながらも、古い友人の頼みを受け入れたユウだったが…。 沖縄を舞台に繰り広げられる恋ありバトルありのファンタジックコメディー

一言で言ってしまうと 根っからの悪人居らず、人死に無しなどの作者の別シリーズ『あそびにいくヨ!』と同じ レーティングを採用しつつ、美人のお姉さんとショタ系美少年によるバトルものという 「いつも」の神野節をやろうという作品かな。 これも『あそびに…』で神野オキナ入門した向けだと思います。 お話運びはあそびとそれ以外の従来作品の中庸という感じでしょうか。 良い悪いは別にして安定して読める一冊かと。

「とらたん」のキャラクターがなかなか良いですねー。 アシストロイド的なちまちました可愛らしさを演出しつつも「神」として長き刻を生きてきた 顔を覗かせてみたりと、親しみやすさと神々しさを兼ね備えています。 これが沖縄的な…というか八百万的な神に対する感覚なんでしょうかね。 敵役もなかなか含みのあるキャラクターでいいと思います:D ラブコメ分はまだ弱めですが、仕込みはしてあるので今後に期待かな。 沖縄が舞台ということで、作者お馴染みのキャラも登場しますし まあ作者ファンはチェックということで。

しかし主人公のユウちゃん…作者もバレバレなのを分かって書いてると思われるので 言及しますが、性格付けや容姿がそのまんまぱにぽにの玲ちゃんなんですけど(^^;;;; あれよりは少し丸いし、傾斜っぷりも緩いですが。バイト先がアレじゃ確信的だよなぁ。

(Permalink)


@ 『ユリア100式(1)』:荻尾ノブト(ISBN4592144015)。ヤングアニマル連載。 秋葉博士によって生み出された人間そっくりで自意識を持つダッチワイフ「ユリア100式」。 最初に抱かれた男に一生性奴隷として仕えるように設計されていたが、 博士によるインプリンティングを嫌がって逃走、 身持ちの堅い青年に拾われてそのまま同居することになるが ダッチワイフとしての性に逆らえず…。 はみだし気味の寸止めエロコメディの1冊目。

繰り返しはギャグの基本なわけですが、 本作もその基本に則ってフォーマットはほぼ毎回一緒です。 ユリア100式がエロ妄想の末に毎回毎回本番寸前まで行っては拒否られて気絶というパターンですね。 まあ、たまたまここ何回か読んだ連載分ではもう少しバリエーションが広がっていたりしましたけれども。 毎度挿入される「ユリア100式マニュアル」の民明書房的なアホさもいいアクセントになってます。 作画の荻尾氏の絵柄はもっちりとした女体が暖かさと柔らかさを感じさせてGood。 是非成年漫画で読みたいところです。

根本的にお色気バカマンガなのでエロ目的で買うのは微妙なところですが 寸止めばかりとはいえ、人前で読むにはかなりアレなこと請け合いの一冊。 エロ漫画に疲れたときに読むのも一興かもしれません。……でっかい適当です:D (Permalink)


XX:XX wrote

▼ぐるぐるとか由無き事とか

@ 出社中に近所の本屋によってメガミマガジン最新号を購入。 『魔法少女リリカルなのはStrikerS』に関する情報を確認。まだちゃんと読んでないけど(^^; 中学三年生になったなのは達のあらたなる戦いか。 かなり思い切ったなというのが本音。 私としては都築作品がまだアニメで見られるという喜びに較べれば些細なことなんだけれども とまどいの声も多そう。

「噂」云々に関してはネタ元の信頼度にもよるけど、やはりソース確認重要という話ですよ。 「噂」である以上、どのへんで信じる信じないを線引きするか、 それをどう扱うかの責任は自分自身にあると思います。

@ 【今週のサンデー】。TVA『結界師』情報とか。 だから声優にグラビアアイドルなんて起用してだれが喜ぶんだよ…。コアなファンはともかく。 今回はハシ役なんでまだマシですけどね。

新連載「メルオメガ」。ギンタ達のウォーゲームから6年後。 平和を取り戻したな世界に再び暗雲が立ちこめるとき、バッボと少年の新たなる戦いが始まる。 手堅い感じの第一話。絵柄的にもこなれていて悪くはありません。 前作の良くないイメージを払拭してくれれば御の字かな。

「最強!都立あおい坂高校野球部」。絶望的な状況でもあきらめない生徒達の姿を見た教頭は…。 やー教頭先生の可愛らしさにきゅんきゅん来ますな:D___ そろそろ髪をおろしたり、眼鏡の奥の瞳を見せたりと色々キャストオフしてくださるといいのですが。

「ダレンシャン」。まさか妹がお色気要員として使われるとは! 彼女の首筋の誘惑に抗えずにダレン君は一気に人の道を踏み外して…!?(違うけど違わない なかなか黒くていい感じだと思いますよ。狂気というか妄執の瞳が良い具合。

「ハヤテのごとく!」。猫耳>白魔と。本当は導士だけどなー。FF3発売記念でしょうか。 ハヤテきゅんの絶対領域にハァハァするスレはどこですか。 要点をまとめた手紙に笑った。それは違うだろう伊澄。

「ブリザードアクセル」。密室で一夜を明かす二人。なんですかこの赤面展開は! 読んでるこっちが恥ずかしくなるくらい甘酸っぱいんですけど。 展開はベタベタなんですが、破壊力が半端ありません。互いに意識しまくっちゃってる様とかもうね。 さすがにお父さんに同情する(^^;;;; ただ、ネタな話なわけではなくて、この一件が事態の好転のきっかけなのかな。

「絶対可憐チルドレン」。 京都にお出かけ中の葵達。そのころお留守番中の薫達はという話。 この二人の日常編というのは面白い組み合わせですね。 いまだに実態がつかめてない紫穂を掘り下げる話のようですので期待です。

XX:XX wrote

Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
About.
ここは東雲さんの崩壊日記改から「1日分」を切り出したページです。。 18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上お読みください。
■最新のかんそーぶん
l
『早熟巨乳は初めてなのに孕みたがり(白家ミカ/著) (MDコミックスNEO)』
白家ミカ

l
『職隷(しょくれい) (GOT COMICS)』
唄飛鳥

l
『知らない女たちがいっぱい部屋にいた! (GOT COMICS)』
宮野金太郎

l
『ミルクまみれ (メガストアコミックス)』
復八磨直兎

l
『初恋より気持ちいい (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)』
えーすけ

読書感想
感想文一覧
@azumi_s からのツイート