2006年08月08日|| 2006年08月10日

8月9日(水)[日別]

▼昨日の捕獲

[COMICS][NOVELS]

以上、秋葉原とらのあな、メロンブックス及び新宿書店にて捕獲。 ニュータイプはアイマスアニメ化情報の確認のため。 あそこまで判りやすいキャプが出てちゃ疑いようが無いのですが 一応筋は通すべきと思いますので。ということで確定。

@シスブラ』:狩野蒼穹(ISBN487734943X)。エロ漫画。作者三冊目の単行本。 主にCOMICメガプラスにて掲載された短編集。 この1,2年で表情バリエーションや体の描き方その他がぐんと良くなってる注目の作者さんです。

初デートでいきなりフられて帰ってきたお兄ちゃん。兄を紹介した手前、原因を突き止める必要がある! とデートコースを二人でなぞる事にした妹だったが、これってお兄ちゃんと初デート?と 内心どっきどきで…「お兄ちゃんと初デート?」 激突したショックで互いに記憶が飛んでしまった男の子と女の子。うっすら残っている記憶を総合すると どうやら恋人同士らしいのでとりあえずキスしてみたりその先も…「だれだっけ?」 告白してきた女の子と初SEXしてた弟くん。でも全然イケなくて女の子にフられしまう。現場に居合わせたお姉ちゃんが原因究明に乗り出すが…「弟は遅漏なんだって!」他、全11編。 なお、作者さんのページにある成分表を抜粋させて頂くと以下の通りとのこと >単行本”シスブラ”成分表 妹:姉:その他:妹:妹:姉:姉:姉:姉:姉:姉。

単行本タイトルが示す通り姉×弟、兄×妹な ヌルめのらぶらぶ近親エッチ(その他1)短編の一冊。 ディフォルメの利いたほのぼのとした絵が印象的な作家さん。 表情豊かなキャラクター達が織りなす様々な形の近親えっちが最大の売りです。 基本的にらぶーくてイイ意味でぬるーいので多幸感強めなので 背徳感に訴えなきゃヤダという方には向きませんが、 お姉ちゃんとらぶらぶしたいんだい!という向きには 胸を張ってオススメの一冊です。

ちょっぴりおしりだったり匂いだったりへの傾倒が見えますが そう前面に押し出されているわけでもないのでエッセンス程度に。 えっちシーンの濃さはほどほどかな? 恥ずかしがってるお姉ちゃんにえっちなぽーずを取らせたり えっちな言葉を喋らせたりといたずら心もあって楽しめるかと。

(Permalink)


@ 『涅槃姫みどろ(2)』:中里宣/大西祥平(ISBN4253211321)。 週刊少年チャンピオン連載。厄いところにみどろあり。戦慄の涅槃ホラーギャグの2巻目。 それにしても主な登場人物紹介でみどろさんだけ一言「みどろ」としか書かれてないのは狙いすぎだと思います(^-^;;;;; はじめ師匠やカラスにはちゃんと説明があるのになぁ。

1巻目はまだホラーの体を為していたもののこの2巻あたりからみどろさんの暴走が始まります。 毎回毎回コスプレして現れるようになるわ、名言「イケてるわ」の衝撃は未だに記憶に新しく。 このへんは連載おっかけてる人にしか分からんかもしれませんが。 オススメは「お気に入り」と、(極一部での)人気キャラ ビブリオマニア酒井梅安の登場する「蒐集」。 ジクハルトさん大活躍の「バーチャルボーイ」あたりですかね。

ちなみに単行本の収録順は連載とは多少変わっているため、冒頭の一本は初期の作品です。 (一巻感想) (Permalink)


XX:XX wrote

▼ぐるぐるとか由無き事とか

@ コミケへ向けてのエンジンがまるっきりかかりませぬ。うむむ。 1日目がちょっと出れなさそうだなぁ。

@ 【今週のサンデー】。 いつも買ってる駅売店で売り切れてて、乗り換え駅で買ったためかなり飛ばし読みするハメにorz 珍しいこともあるもんだ。うちわ効果?まさかなぁ。

「ハヤテのごとく!」。ハヤテの事を思って毎夜悶々とするヒナギクさんがエロス。 という入りはともかく内容的には結構ヘビーな感じで。思考の出口はまだ遠そうですけど とりあえずは納得できたみたいだし、良かったのかな。 正ヒロインは私よという主張が滲み出た話でした(ぉぃ

「聖結晶アルバトロス」。 他にも侵入者か、ピジョンちゃんあたりですかに? うう、今の段階であんまり出そろって欲しくないんだけどなぁ…作品的に暗い展開しか予想できないから(汗

「史上最強の弟子ケンイチ」。 あらら、なんか場外乱闘に。新白メンバーの現在の実力の片鱗を見せるって感じですかね? 早々にフレイヤさんが出てきたのはちと嬉しい。 それにしてもやっぱり履いてないよなぁ、あの女の子(苦笑

「あいこら」。校内フェチ美少女コンテスト。 ボンテあやめさんがなかなかエロスでよろしかったかと。あとフロンちゃんのカボぱん:D 好きにしすぎだ。 相変わらずバカばっかりの学校だが、そんなところが大好きだ。

新連載「ダレン・シャン」。洋モノダークファンタジー小説初のコミック化だそうで。 いきなりフリークスサーカスだったりとわりかしチャレンジャーな内容で(汗 絵的にはだいぶ抑えめでしたけどね。黒い世界に少年達が踏み込んでいってしまう…という展開みたいですが どういう風に進むのかな? ちょっと楽しみです。 絵柄は地力はありますし、全体に勢いがあって悪くないかと。

@ マガジンに新約花形。ちなみにこんな絵です。新約し過ぎだと思う。

@ 小山力也さんて仮面ライダーBlack RXの霞のジョーだったのか!(汗 うわ、言われるまで全然気づかなかった…。

XX:XX wrote

Shinonome Azumi(yuunagi@maid.ne.jp)
About.
ここは東雲さんの崩壊日記改から「1日分」を切り出したページです。。 18歳以上対象の作品を取り合うことが 多々ありますので、その旨ご理解の上お読みください。
■最新のかんそーぶん
l
『ぴゅあ×シコ×みるく (GOT COMICS)』
ぎうにう

l
『ぱいドルマスター! (MUJIN COMICS)』
もみやま

l
『ヒナギクヴァージンロストクラブへようこそ (MUJIN COMICS)』
赤月みゅうと

l
『牝豚、ぶち犯す!!(真激COMICS)』
コバヤシテツヤ

l
『奪姦 (SPコミックス クリベロンコミックス)』
タカスギコウ

読書感想
感想文一覧
@azumi_s からのツイート